« やる夫が李斯なようです その1 | トップページ | やる夫が李斯なようです その3 »

2013年11月26日 (火)

やる夫が李斯なようです その2

                       その1 やる夫トップ その3


58 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 22:42:18.06 ID:CAM7VoM0

─── 秦 ───

李斯はいい職にありつけず、毎日ダラダラと過ごしていた

        zzzz....
            .____  .,-'"~"'ヽ
           ./⌒  ⌒\./  。○)
         ./ (ー) (ー.ノ     /
           .|   (__人___く___,ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―--‐一'" ̄ ̄ ̄ ̄


59 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 22:42:58.55 ID:CAM7VoM0

・・・斯!  李斯!

        zzzz....
            .____  .,-'"~"'ヽ
           ./⌒  ⌒\./  。○)
         ./ (ー) (ー.ノ     /
           .|   (__人___く___,ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―--‐一'" ̄ ̄ ̄ ̄

  いい加減起きやがれですぅ!!

        , :'二ニニ、丶、
        ,イ'´, - ―- 、ヽ`丶、_     __ | |__
      /r''´    '、 ヽ'l'i,  /          |    / , ,
      /,' /   i  l_ノ!、 ト.l l ィ/     __|  /\ /
     ヽj ll l |l イル',-、|lヽヾ ',
       !l ‐l-八/イ ゞィl}ll ,l.ィ^ヽ<フ- 、             \
       ',i,`<弋) , ,..、"リ{ l ヽ ヾ^`ヾ>, -――- 、、   ヽ\,
       Nトミべ....二.イ l丶__j,.ノ^ン´    ――ニ≧=z、,r―-、
      _,ノ jヾ'i  ,/,7|゙lヽ j  ゙l::! /⌒ヽ、 ――====ニ三三:::::::l}
    / /^′ l,イゝハ f⌒ヽ l::l<    ――====ニニ三三:::::::::ハl
    /   ,'   l.} l_ツ'"ヽ-く、/ヾ)   ,/  ―{―=キ==Fゞ--イ
    |___|   rlャ(  ,イト、_ノ,ィ"/    {{    l(   'i,  ||  //
          ゝ'´`´lヽ トミニイ:::/    ヾ    l(   ヾi ll/
         /  } }、_,」 ``ソ      {i,   l(    li, ll

    __       __
 : /:●))\__/((● \ : そんなに激しい起こし方しなくても・・・
 : |     (__人__)     | :
 : \ `ー'  |r┬-| `ー'  / :   いつもよりちょっと早いぐらいだお
         `ー'┃

60 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 22:43:50.06 ID:CAM7VoM0

--- ──ァ- 、
     /:.:./::>、
   /:.:.:.:/::/_ノヾ
,   /:.:.:.:/''´  0′',
:\{|:.:.:.:.i}      レ^)      ほんっっとにダメな奴なのです
::l:::{|:.:.:.:.|}       〔
::l:::{|:.:.:.:.|}      人_) \ -、  路銀が底をついたのですよ
::l:::{|:.:.:.:八    /     (__丿

61 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 22:44:49.61 ID:CAM7VoM0

     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ、 \
/    (●)  (●) \  ・・・・・・これはもう、働くしかないお
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

            _,. -ァ――‐-- 、_
           / ノ* , - '^⌒"´`丶、
         / ノ  r'´         ヽ
        /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
          /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
       /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l   アテがあるですか?
        ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l
        ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l
        l l  '、  }、' ト。'ー' ´ , 'ーイ /リリ
         l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ
       l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´ く

62 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 22:45:38.90 ID:CAM7VoM0

         ____
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \    相国─呂不韋が食客を集めてるんだお!
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /     サクセスロードとは程遠いけど、生活していける程度の金は手に入るお!
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

63 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 22:46:48.53 ID:CAM7VoM0

────呂不韋宅────

       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   元荀子門下の李斯です。
 |       (__人__)    |  趣味は法制度です
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

64 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 22:47:25.09 ID:CAM7VoM0
                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'"".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'""´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉"     儒家崩れの法家か・・・
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{      これは奇貨(ほりだしもの)だ。
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!      買い入れておいたほうがよかろう
  ,.ィ'´ト.´     ´`""`""`゙″ .::::;'
イ´::ノ|::::l \         ""'   :::/
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\

65 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 22:48:06.68 ID:CAM7VoM0

呂不韋は李斯が賢明であるとし、推薦して郎(秦の役職)とした
                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     |   |        採     用       │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ


66 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 22:49:01.56 ID:CAM7VoM0

李斯はしばらく真面目に働いた
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   呂不韋と子楚の絆は半端じゃないお
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     どうすれば・・・ 呂不韋にとって変われるのか・・・
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   ・・・・・・・・・・・・・
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

67 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 22:50:13.27 ID:CAM7VoM0

        zzzz....
            .____  .,-'"~"'ヽ
           ./⌒  ⌒\./  。○)
         ./ (ー) (ー.ノ     /
           .|   (__人___く___,ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―--‐一'" ̄ ̄ ̄ ̄



68 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 22:51:33.16 ID:CAM7VoM0

・・・斯!  李斯!

        zzzz....
            .____  .,-'"~"'ヽ
           ./⌒  ⌒\./  。○)
         ./ (ー) (ー.ノ     /
           .|   (__人___く___,ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―--‐一'" ̄ ̄ ̄ ̄

69 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 22:53:02.50 ID:CAM7VoM0

李斯起きるです!

        , :'二ニニ、丶、
        ,イ'´, - ―- 、ヽ`丶、_     __ | |__
      /r''´    '、 ヽ'l'i,  /          |    / , ,
      /,' /   i  l_ノ!、 ト.l l ィ/     __|  /\ /
     ヽj ll l |l イル',-、|lヽヾ ',
       !l ‐l-八/イ ゞィl}ll ,l.ィ^ヽ<フ- 、             \
       ',i,`<弋) , ,..、"リ{ l ヽ ヾ^`ヾ>, -――- 、、   ヽ\,
       Nトミべ....二.イ l丶__j,.ノ^ン´    ――ニ≧=z、,r―-、
      _,ノ jヾ'i  ,/,7|゙lヽ j  ゙l::! /⌒ヽ、 ――====ニ三三:::::::l}
    / /^′ l,イゝハ f⌒ヽ l::l<    ――====ニニ三三:::::::::ハl
    /   ,'   l.} l_ツ'"ヽ-く、/ヾ)   ,/  ―{―=キ==Fゞ--イ
    |___|   rlャ(  ,イト、_ノ,ィ"/    {{    l(   'i,  ||  //
          ゝ'´`´lヽ トミニイ:::/    ヾ    l(   ヾi ll/
         /  } }、_,」 ``ソ      {i,   l(    li, ll


    __       __
 : /:●))\__/((● \ :  李斯は仕事で疲れてるんだお・・・
 : |     (__人__)     | :
 : \ `ー'  |r┬-| `ー'  / :   もうちょっと寝かせるお・・・
         `ー'┃

70 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 22:54:01.76 ID:CAM7VoM0
                     _.. - .._
                   _.. - ,ニ-冖 ⌒ 冖-ニ - _
               / ノ´,. .‐.: : : ̄: :、:‐. 、`ヽ \
            /   //: :./: : : : : : :l: : : :.\ヽ \
             <  ヽ/: : : :/: : : : : : /: :.l: : :、: : :ヽ/   >
              丶、/: : : ::/: : : : ::::〃:/:.|:: : :.l: : : :.', /   子楚様が無くなったですぅ!
              l:l: :-:、l.: :::::::://://:∧:::._;l:-!: l:.|!
             ,l:l: : : ::|><__/ ' / '_,. へ:.|: l: :|::!l
             l:.|:|: : : ::lz=ュ   ′ z=ュ.リ:://: l    とっとと準備して葬儀に行きやがれですぅ
            l: :Nヽ: : :ヽ     '       /:://: : :.l
             l: : /il ヽ、ヽヽ   /二ヽ  / '// ̄`ヽ!
             l: /   il  li、``  |   |  /' li:.   ヽ
              l:/    il   li `丶、ヽ-- ,' ィ .il  li::.    ヽ

       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   ・・・・・・・・・・・・・!
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /

71 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 22:54:47.85 ID:CAM7VoM0

昭襄王が没した後、秦は目まぐるしく王位が変わるにょろ。
孝文王(安国君)は三日、荘襄王(子楚)は五年でこの世を去るあたり、
秦王の家系は体が弱かったにょろね。
そして・・・代わって王位につくのが嬴(えい)政。この時僅か13歳にょろ。
あまりにバタバタ交代するので、政が即位してからもしばらくは二人の墓の建設が続いたにょろ

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ    ノリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



72 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 22:56:52.24 ID:CAM7VoM0

数時間前

    /::::i::::、:::ヽ、:::\:ヽ:\::ヽ:、:ヽ:、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:ヽ:、:::::\::ヽ::l:ヽ:i::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ:::、:\::ヽ:ヽ!:::i::|:::!::!  父上が・・・死んだ・・・だと?
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:ヽ:|!:|:|i.
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、:|:l:
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'


74 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:03:44.55 ID:CAM7VoM0
                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'"".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'""´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉"
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{      左様でございます。
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!      葬儀の手はずは整っております故、心配は無用です。
  ,.ィ'´ト.´     ´`""`""`゙″ .::::;'
イ´::ノ|::::l \         ""'   :::/
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\      ああ、それと────
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\

75 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:13:37.10 ID:CAM7VoM0


────これからは、この呂不韋を「仲父(父に次ぐ尊称)」とお呼びください────



         ────では、葬儀の準備があります故、失礼します────


76 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:14:22.72 ID:CAM7VoM0
    /::::i::::、:::ヽ、:::\:ヽ:\::ヽ:、:ヽ:、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:ヽ:、:::::\::ヽ::l:ヽ:i::i:::!   (正直な話、父などどうでも良かった。
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ:::、:\::ヽ:ヽ!:::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:ヽ:|!:|:|i.   10年前、趙から僕と母を置いて逃げた。
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、:|:l:
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!  そして趙に残された僕らは救出されるまでの5年間、地獄の苦しみを味わった。
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ   そんな事もすっかり忘れて秦で安穏と暮らしていた父の事など。
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!    でも──
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'
                         なぜアイツを仲父と呼ばねばならない?)

77 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:15:14.46 ID:CAM7VoM0

         _ ,;--、_ , 、-;: 、
      _/ ,-'::;:/:::lj:::::::<;::::::::::ヾ;ヽ,、_        趙で母と過ごした5年間、呂不韋はよく顔を出した。
     ノ _,-'´_,-‐''<j::/;;'/l:::l::、:ヽ、;;:、ミ-‐
  , -'´//:::/;イ:::l:::,:::::ゝ;::::ヽ、::ヽ;::::、j:::l:::::iヘ,___   そもそも母は元々呂不韋の妾だった──
./ / /:::::k::l::|l::::|::|::::::k;:::-:、ヾ;::::::、:::l::|:,;;:l ヾ; { |
/ ./ /::/::/i::|::l::|l:::l::|::::l::ヾ;:::::Y::ー;:::ゝ::l;;l:::;リ lj ,/´`> だから──
  /:/:i::/::l::l'、<;:::l::|l:::i::::|::::ゞ;::::|l:::、;:ヾ;:!リi/ヽl /  /
ーr'/:/l;|:::l::l:|::ヽ;;;、;lヾ;::、l::,::::::ノ:l|,:::!,|:::::}ヽ、 j'  /l  違う!僕は正当な秦王の血筋で──
| j:/:l|::l::!::|::l::::i|:::l:、'ハ;、:ヾ;:_\_'jヽ;:l::iミ::リjヾ、  /{´
 /|:li::|l::l::|l:::}:::|l:::}l:ゞ;::ヾ;;ト、;;:ゝ:ト;;;;ゝlj,;::ヾ、   /Tヽ ──でも噂は耳にする──僕の本当の父は──
  レi:|:|;lヾl/i:、:ゞ;ヽ;:\:_;ゞ;,ミl;j王トlj:l:l/!」j\   j
   |:l|:l::|::!:|;::i,_ !\//r(:_)_X /-ゞ>‐‐‐'ア\   ./  だから呂不韋は僕に仲父と呼ばせ──
    .レ'i_l,|lレ'((:)_,ゞ=` '-='"´ u /  /   \_/
    |::::::ヾ;li|l``'f  ,      / /  __    \
    l:::::::::`ヽi、 !___-   _`ヽ l/  / /      \──そんなはずは──しかし──
    /⌒ヾ、ル'\ーt-‐_´二ヽ,/ / /      /
   i  \ヾ、_  \ヾ:_,..!ノシ' / /      /
   |_   ヾ:、\ヽ.`ヾ、 //  /       /
   l `ヽ、  l| l ヘ、 _ソ/ /     / /





78 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:16:51.49 ID:CAM7VoM0

嬴(えい)政の出生には諸説あるにょろ。
、『史記』では呂不韋列伝に「呂政」として事実として書かれているけど、
秦始皇本紀には書かれていないにょろ。
また同時代の春申君に同様の話があることなどから、事実ではないとする歴史家もいたり、
子楚が後見人である呂不韋の愛人に手を出して懐妊させてしまったために、呂不韋がやむを得ず
愛人を子楚に差し出したのではと見る歴史家もいるにょろ。
真実は定かでないけど、当時から噂にはなっていたようなので、政の心情は推してしるべしにょろ。

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |



79 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:19:41.94 ID:CAM7VoM0






        ──誰か、誰か助けてくれ──







80 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:25:20.77 ID:CAM7VoM0

                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i

        ────僕が黒く染まる前に────

81 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:25:58.63 ID:CAM7VoM0

葬式にて

       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   王と言えど、死は平等に訪れるんだお
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |   ──ん?
    >   ヽ. ハ  |   ||


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (○) (○) \
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



82 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:27:45.49 ID:CAM7VoM0


                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'"".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'""´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉"
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{      殿下、お心を強くお持ちください。
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{      この呂不韋、子楚殿を支えた以上に、
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!
  ,.ィ'´ト.´     ´`""`""`゙″ .::::;'
イ´::ノ|::::l \         ""'   :::/
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\      必ずや殿下のお役に立ちましょうぞ
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\


83 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:29:19.32 ID:CAM7VoM0

                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l   仲父・・・
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi               「は?」
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l  少し──黙れ──
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、  今は父の葬儀中だ
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉                 「・・・!失礼を・・・」
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i



84 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:30:21.45 ID:CAM7VoM0


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (○) (○) \   何だあのガキ・・・
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /    何話してるかは解らんけど、呂不韋が冷や汗かいてるのなんて初めて見たお
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |   マジパネェ
    >   ヽ. ハ  |   ||

--- ──ァ- 、
     /:.:./::>、
   /:.:.:.:/::/_ノヾ
,   /:.:.:.:/''´  0′',
:\{|:.:.:.:.i}      レ^)      子楚様の葬儀だってのに何ボーっとしてるですか
::l:::{|:.:.:.:.|}       〔
::l:::{|:.:.:.:.|}      人_) \ -、  ホラ、もう帰るですよ。
::l:::{|:.:.:.:八    /     (__丿

86 投稿日:2008/09/16(火) 23:33:02.14 ID:VWGWXO2o


その声サイロウの如しとか言われてたものな。


85 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:32:05.66 ID:CAM7VoM0

自宅にて

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   ・・・・・・・・・・・・・
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

            ', ,. イ.::; .:.:.,     .:.:.::::::::::.`ゝ、
            V/.::/.:.:/      .:.:l:! .:.:::::::::.`ヽ _」 _
          /. .,.ィ.:.::/    .:.:::::::.:.  .l:! 、 .:.:.:::::::::.`、下 .!
            /.:/ .::l:!.:./   .:.:.:.:::::::〃.:/::!::::.:.、 .:.:.:::::::.`、 /
          ./.:/ .::::l:|.:.:.  .:.:.:.:::::::::〃.:/.:::ト、::::.:.ヽ .:.:.::::::::Vヽ
         /.:/ .:.:::::l:|.:.:. .:.:.::::::::://.:/.::::ハト、.:.:::::', .:.:.:::::::!.::.',
        ./.:/ .:.:.::::::i:|.:.:'"´ ̄`>' /.:/.:::/´ ̄`ヽ .:.:l .:.:.:::::!::::::',
       l:::ハ .:.:.:::::::リ.:.:.:.:::::/ ノ.::/.:::/´ ¨`   V:l .:.::::::j:::::::::
       |::| ',.:.:.:::::.ヽ` `Y⌒㍉ /:/ ,. ィ'⌒Y77 リ .:.:.:::/l.:::::::::    なな何ですかさっきから黙って見つめて
       |::|  ト、.:.:::::::.ヽ_ 辷_ソ       辷_ソノ ./ .:.:::/ リ::::::::::
       ヽ! {i \.:.::::V///// i     ///// /.:.::/ リ:::::::::::
          {i _」 _ハー--    `        /;:イ   リ.::::::::::::
         {i 下 j} 1.:::ト、   r‐---っ   ノノ_」 _  リ.:::::::::i::::
         {i   j}. \.:.:::>.、  ̄ ̄   ノノ 下 ,.イ|::::::::::|::::



87 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:35:40.63 ID:CAM7VoM0


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒) \
    /   ///(__人__)/// \
     |   u.   `Y⌒y'´    |  喪服って何だか興奮するお!
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ   ひとつ屋根の下に住んで早二年。
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|  そろそろそんなイベントが発生してもいいと思うお!
    | ヽ〆        |´ |



88 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:36:17.49 ID:CAM7VoM0



                             |     | |     |
                               |     | |    |
            / ⌒`"⌒`ヽ、              |       | |    |
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\            |     | |     |
          /,//::         \        |     | |    |
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ     | ,     | |    |
       /  /、:::::...           /ヽ_ \     |ノ    、| .|   、|
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )    ノ_____,ゝソ___ゝ
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"   _ノ゙ ̄⌒^⌒} .{ ⌒^⌒}
                           'ニ===⊂⊃=} {=⊂⊃=}

変態でごめんなさい
不謹慎でごめんなさい
心を入れ替えますのでどうかひとつ

                    「他にねーですか?」

翠星石さんはとても素敵な女性です

                    「・・・まぁ、いいですぅ。今日の皿洗いは李斯がやれです」

速やかに実行しますお




90 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:40:29.27 ID:CAM7VoM0

      / .,※,...-―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ー-.、  \
    /  /,.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\※ヽ
    \ /:.:.:.::/:.:.:.::.:.:.:.:.:.:!:.!:.:.:.:.:.\::.:.:.:..:ヽ ',
     /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:../.;イ.:ト、.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ
    ,':.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.,:イ:/ ;:/ ヽ.:..:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.'※.
    !:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.// //   \:.:.:.:.|:.:.:.:..:.:i
     |:.!:.:.:.:.:.|;∠..-'" 〃゛` ―--\:.!:.:..:.:.::,' }
    !ハ:.:.:.:.:.!   _,,  /   、_    /:.:.:./:/∧
    i! \:.:.:\`=''"    `ー=''イ/:.ィ//:.:.  ったく、あの白饅頭はちーとも成長しねーです。
       }ヾ、_\   '      //´ /:.:.:.
       ト、※,.>-―…―--<7´※ /:.:.:.:.  こんなんじゃお父様の結納金が、使われないまま土に還るですぅ
       !:.r(´.._'' ¨´ ̄ ̄`¨r-┴ 、  /ユュ_:.:.
       /:.{ 〉ーュ__...::::::::::.r―_`ヽ〈 // {j:.:.
.     /:.:/{Y´,.-<:::::::::::::::`ー、` ノュ!_j⌒ーリ:.:.             「・・・なんか言ったかお?」      >
     /:.:.:! >` ー'、..__>-、_.ノス  ,'  |:.:.
     /:.:.:.| {~`^ーセ┘!}{} !㍉x-イ } ,'  |:.
.   /:.:.::.,'  !    !  | }{} ! i!   ト、  |:.  なんでもねーですよ
.   /:.:..:./  !    ,' }{} ! |   | ヽ   !:.:.
  /:.:./   ト   イ }{} ∧   | 〉  ハ:.



91 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:43:57.63 ID:CAM7VoM0



秦の宮廷

       / ノ  \\
      / (●) (●)\
     /    (__人__)   \
     |       |::::::|     |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /



92 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:44:58.13 ID:CAM7VoM0

                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'"".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'""´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉"
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{      李斯、どうしたのだ?
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{      早く秦王嬴政に挨拶をしなさい。
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!
  ,.ィ'´ト.´     ´`""`""`゙″ .::::;'
イ´::ノ|::::l \         ""'   :::/       お主が強くお目通りを願い出たのではないか
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\



93 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:45:47.67 ID:CAM7VoM0

       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \        嬴政様、ご機嫌うるわしゅうですお・・・
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   コンゴトモ ヨロシク
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/       ケルベロス ガ ナカマ ニ ナッタ
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /      ( あの時のガキが秦王・・・超怖いお )
  ヽ __     /   /   /



95 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:54:20.29 ID:CAM7VoM0

< それの何処がお目通りだ!

  <違いますお!変態という名の紳士ですお!

                    ____
                 _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
                /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
               //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
              〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
              i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
              l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj   もういいや
              li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
              !:l!:ト、l::l{`         !  j川/   ハハハハ
              ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                 Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
                iN \.  ` ニ′/}'
                 丨   丶、  /
              ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
           _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
      __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
     /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
     |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
    ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥


96 名前:1[] 投稿日:2008/09/16(火) 23:55:36.86 ID:CAM7VoM0
       ____,....
  ,. ‐';ニ"´ニイ:i!:、ヽ:.:`ヽ、_
/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',   仲父、ちょっとソイツと個人面接してもいいかな?
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|       「は?ですがこの後、将軍の任命式が・・・」
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/   ──仲父の思うように
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′        「・・・かしこまりました」
:、l:|ハ     、____    /::i/'′
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l       さあ、李斯と言ったかな?こっちに。
:.:トヽ  \       /
N|`ヽ   ヽ、    , '´
``'''‐- ..,_   iT"´

97 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 00:04:30.29 ID:0RcxTQI0

         ___
       / ノ  \\
      / (●) (●)\       ( 殺される・・・?いや、そんなはずは・・・
     /    (__人__)   \
     |       |::::::|     |      でもあの目で見られてると心の裏まで見透かされるような・・・)
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i

         ___
       / ノ  \\
      / (○) (○)\       ( でも所詮ガキだお!
     /    (__人__)   \
     |       |::::::|     |      だったらあの威圧感は何なのか・・・)
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i                  「・・・斯! 李斯!」



98 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 00:09:31.74 ID:0RcxTQI0

    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i  おい李斯!
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!               「ハッ!何でございましょう?」
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ    ・・・そう呆けていては面接にならぬではないか
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'


100 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 00:14:43.86 ID:0RcxTQI0

            ____
         _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
        /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
       //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
      〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
      i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
      l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj   まぁ何だ、見てて飽きぬ顔だな
      li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
      !:l!:ト、l::l{`         !  j川/           「・・・どういう事ですお?」
      ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
         Yl:ト、    ヾ==r  ノ/     口をぽかんと開けて目を丸くして、どこぞの珍獣のようだ
        iN \.  ` ニ′/}'
         丨   丶、  /                「・・・!」
      ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦

101 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 00:20:00.73 ID:0RcxTQI0


        ____
      /_ノ   ヽ_\
    /(●)   (●)\    ( まぁよくよく見れば無邪気な子供だお
   /   (__人__)   \
   |     (  (      |   葬式のアレは何かの間違いに違い・・・)
   \     `ー'     /
   ノ           \                「会うのは二度目だな」

                 へ?



102 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 00:24:29.66 ID:0RcxTQI0


                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l   葬式でも、その間抜けヅラでこちらを
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `  ───見ていただろ?
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉      ──何を狙っている?
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/        大方、そうだな──
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i         仲父に取って代わるのが狙いか?


104 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 00:31:59.17 ID:0RcxTQI0



          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //       ( 終わった・・・! 絶対殺されるお!
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /          やる夫が李斯なようです 完 )
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /     バ
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バ   ン                  「 叶えてやろうか 」
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、    ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))




105 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 00:40:00.97 ID:0RcxTQI0


          ____
        / ―  -\
 ミ ミ ミ /   (●) (●)       ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒.      (__人__) \   /⌒)⌒)⌒)
| / / /      ` ⌒´   | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)           /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ            \  /  )  /
ヽ    /             ヽ/    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          ____
        / ― ― \
 ミ ミ ミ / (●) (●) \      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒.   (__人__)   \   /⌒)⌒)⌒)
| / / /    ` ⌒´     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)           /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ            \  /  )  /
ヽ    /             ヽ/    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


107 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 00:41:01.67 ID:0RcxTQI0

                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l   殺されるとでも思ったか?
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi   そうだな、余計なことを口走ればそうなるだろう。
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `  ──だがお前の望みは違う
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉      だから──呂不韋ではなく
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/        僕に仕えるんだ。そうすれば・・・
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i


108 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 00:41:56.12 ID:0RcxTQI0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\       ( ・・・・・・・・・・・・・ )
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /                     「──聞いているのか」
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /       ( そうか、この子は・・・ )




    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i     おい、李斯!聞いているのか!
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

109 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 00:43:58.27 ID:0RcxTQI0






      ────この子は、寂しかったんだ────







110 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 00:48:06.91 ID:0RcxTQI0



     ____
   /      \
  /  ─    ─\       ( 二人の父親がいて、どちらが本物か判らなくて・・・・ )
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /                     「──李斯! この白饅頭! 毒キノコ!」
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /       ( 秦王の子を選べば、父は子を見捨てる下衆で・・・・)

                   ( 呂不韋の子を選べば、秦王である理由がなくなる・・・・)





     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

111 投稿日:2008/09/17(水) 00:48:54.11 ID:oK/hSSEo


罵声がwwwwww


112 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 00:51:19.47 ID:0RcxTQI0

       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   大王、この李斯、ひとつ欲しいものがあります
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.                     「──李・・・! 急に口を開いたかと思えば奇異な事を」
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |                    「まぁいい、申してみよ」
    >   ヽ. ハ  |   ||



113 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 00:53:55.12 ID:0RcxTQI0

       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   大王様の黒が欲しゅうございます。
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.   それさえ頂ければこの李斯、生涯を賭して大王様に仕えることを誓いましょう
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


114 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 00:55:45.10 ID:0RcxTQI0

    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i     ・・・・!──突然訳のわからぬ事を
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!                         「いえ、大王なら解る筈です」
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'


115 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 00:56:34.49 ID:0RcxTQI0

               ~,不:::く`ヽ;::、:::`丶    `
               ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                 ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
                l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、            貴様に!貴様に僕の何がわかると言うのだ!
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |

116 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 00:57:50.38 ID:0RcxTQI0

       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (⑪) (⑪) \   さあ?私のような凡夫に鳳凰の志が解ろうはずもございません。
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /    ですから私めは、大王の黒が欲しいと申したまでです。
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |                         「──まだ申すか!」
    >   ヽ. ハ  |   ||
                 これから私が申す事は、ただの独り言でございます

                 ──まずは、信陵君を  殺しましょう



117 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 00:58:52.00 ID:0RcxTQI0


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (⑪) (⑪) \   できるだけ絶望的な死がよろしい。
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /    次は呂不韋。これは冠を抱いた頃、裸にして自ら死を選ばせるが良いでしょう
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |                         「──」
    >   ヽ. ハ  |   ||
                  そうだ、愚儒も忘れてはいけませんな。いっそ灰にするのはいかがでしょう?


118 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 00:59:35.46 ID:0RcxTQI0

       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (⑪) (⑪) \
 |       (__人__)    |   全ての闇が消えてなくなった頃、忌まわしき名を捨て
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i   新しく姓を作るが良いでしょう
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||




119 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 01:00:10.74 ID:0RcxTQI0


    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i     ・・・・!
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'




120 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 01:00:48.37 ID:0RcxTQI0


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \    ( これは賭けだ。もし想像通りの王であるなら──
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    法家を世に知らしめるまたとない主だという事だ。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||  父を憎み、儒に反しながら儒の国の王として日々矛盾に苦しむ若年の王 )




123 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 01:10:13.62 ID:0RcxTQI0


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \    ( もし読みが外れていたら・・・
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.    その時は韓非、お前に全てを──)
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||                      「──いいだろう」


124 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 01:11:06.82 ID:0RcxTQI0

                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi   李斯、今日からお前は近侍として僕に仕えよ
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉      僕の闇として──その生涯を貢げ
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i


125 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 01:18:19.33 ID:0RcxTQI0

こうして李斯は政に仕える事になったにょろ。
冷酷にして残忍と言わしめる秦王、政に何を見たのか?
何はともあれ、ここからしばらく李斯は裏の仕事に精を出すにょろ。
その辺の話は次回のお楽しみにょろ

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ    ノリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



126 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 01:21:15.12 ID:0RcxTQI0

中途半端な所で申し訳ない orz

本当は葬式のところで切る予定でした。
続きは明日に~


128 投稿日:2008/09/17(水) 03:17:14.73 ID:oFF3Z.Io


乙です。
次回も楽しみにしてます。


127 投稿日:2008/09/17(水) 01:28:55.79 ID:yq6nX0Eo


おつかれ~ おもしろかったよ
この月がのちの???かぁ


129 名前:1[] 投稿日:2008/09/17(水) 22:21:28.21 ID:0RcxTQI0

>>127 後のアレです






                       その1 やる夫トップ その3


東周英雄伝(1)呂氏春秋 (講談社学術文庫 (1692))

|

« やる夫が李斯なようです その1 | トップページ | やる夫が李斯なようです その3 »

やる夫が李斯なようです」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587408/58649224

この記事へのトラックバック一覧です: やる夫が李斯なようです その2:

« やる夫が李斯なようです その1 | トップページ | やる夫が李斯なようです その3 »