« 誰得シャドウラン講座第六回 「シャドウランの武器防具」 その3 | トップページ | 誰得シャドウラン講座第八回 闇の道を歩む魔術師達 »

2015年3月31日 (火)

誰得シャドウラン講座第七回 魔術様式(トラディション)

            誰得講座第六回その3 やる夫トップ 誰得第八回



99 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:30:09 ID:yFfR7.pQ


                _,.、-‐―――- 、__
            ,ィ´:.,.ィ'´ ̄``:.:ー-、\`丶、
           /: ://: '"´ ̄: : :\ヽ:}>、:.\
.         ,r‐fーマ,イ : /:/ ̄ ̄ ̄``丶 :.:\:.:\
        く―‐-、__〉/:/-――――- 、 \:、\: ヽ
     ,.ィ''7ミ_,斗<,イ:.:./: : :./: :,.ィ'"´: : } :\ ヘヽ:ヽ:.ヘ
    /  /:.く. //:.:.:./: \': :/: : : : :./: :,'!: \ハ:ヘ:. :ハ
.   /|   /:.:.ハムイ: : :/:./!: X: : : :._,イ:.:/ / | : |: ヽ!:.:!-‐┴-、      涼宮ハルヒと!
  ムj _,厶://{ ,':.:. :i,ィfテッ、-ヘr''"/:./,イ 」_;ム:.:.リ:.:ト、ー-、 {
  「 ̄、-‐<:.:./∨:.:.:.:.|`|ハ::::},ハ -‐''"´/ィ'"´!:/!: :/:.:.:!:|、\ーリ
  レ'´ ,':.ハ:.:.:/:.:.:|:.:. : :|ヽ'=ソ        /刋ミハ/:./: : :,':.| |  K、
    i/ |: :|:.:.:.:| : : : i         {krjノ '",イ : : /!:.| レ'ト \
    |!  !: :ハ:.:.ハ : : :ハ   /ヽ、 _'_   `"´ / : :./|: :.|.〈:.:.i    ヽ
       /∨::,ヘ: :|、: : : iヘ. {::::::::::ノ     ,イ_,.イ:/| : |ヘ∨     !ヘ
.      / i::./ ∧:| ヘ : ハ \`ニ´-‐ '"´-―‐-、:./|: ,'/\    | ∧
    ,イ   |::i ,'::.ヽ! ∧:.|、_  / ̄`Y´  \ ∧_/i/    ヽ  ム-‐'
  /   |::|.! : :: :: 厶ハ|.::`Y´   / ̄`ヽ ヽ  } /      i\
 〃  ヽ |::||:: :: ::.::レ、__``/  /       ヘ`ヽ.ノ:|       |/~
〈 \    |:∥: :: :: | :: ::`7   {__       ハ_/::.::|_
. {   `'ー-、ハ ハ :: :: ::! :: ::/   /``ヽ\   | }-┤:: \
 ∨ \.  V.∧:: :: ,>'"ヽ_/   |:: ハ   !,イ └‐ー-ヽ
  ∨  ヽ   ハ.∧::/__  /    ∠ `ュ::| 〃
  ∨  >―\ {__ ``く   /     〈/ | `>
.   ∨ { :: ::r==t\` ー''tイ _,.、r'フ }__//ム
    `''ーヘ::く〉ー―v\∠`ヽ、__,.、-‐'"  /:: ::ヽ
       └‐ヽ--‐''7∧ヽ ̄``'ー‐―‐' :: :: :: ::\



            rー-y、,__
            | / /"::::::::::::::::::`'--''ー''"::-、_
        ー-=リ|_ry':::::::::::::::;::r::'"⌒`ー-:::'^ヽ\ `j
       、r'7:::::::T|l:;:::/'" ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\;::ヽ,
       /ノ::::l::::/-'ソ:::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::ヽリ,
      /ハ/:::/::リ'"7'":::::::::/::::/::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
       /:::/::::ハ/:::::/:::/:::/// |::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::L,
       /:::/:::::::/:::::/ハ/:/-/ー-、,|::l::::;:::::::リ,ハ:l:::::::::::::::::::ヽ,_       惣流・アスカ・ラングレーの!
      l:::/::::/ハr'⌒リ|'  、_,、r-、 lハ:::リ::::l'|__ト_|::::::::::::::r,ヽ, ̄
      l/:::::::/:::::'i(' j l   ‘ ヒ,'ツ '!  |ハ/ ' T l;:::::|:::|:::ハ:| `
      ノ:::::::/::::::::::\_,;   `”'    ' '-=ー,y  〉::l::ハ:l '
     /:::::::/:::::::::::/::::iハ,__          ,j   `/ハ/ ,リ
    /:::::::::/::::::__;:ノ:::::::リ|_j'|   |`  ,、,'"   /リ::::l::|,
   /::::::::::::ノ::::::|ー|:::::::::;;;;| |ヽ,  ヽ,_/   / ー-'<⌒`'ー-
  //:::::::::::;;i::::::::i |:::r-yri j_, \  _,、,rイ`- 、,   |
 ノ/::::::::::::;::::::___:r ,レ' ,/ ,! | '`ヽ, `'"|  `ヽ   ヽ  |
 lハ::::::::::::i:::::::!、)`i  '    |    \ / ̄.|    ,〉 |
  {:::::::::::::i::::::::;/`'ヽ     ヽ,ー-,_  \   l   /  l
,ノ:::::::::::::i::::::::/____\     `i `'=rー-y'ー'r<,___ \
/ハ:::::::::::i::::/~/    ̄'\     |  ヾ` ̄'ーラ`yー''"  ヽ
 l:::::::::::i:::::ト,|       l    l     \,/ /^ヽ\、   l
 |::::::::::l:::::;/       |    |     ヽヘ,  ヽl' ヽ  |
 l:::::::::i::::::ヽ,       l      ト、,      ヽ   '  |  i

※このスレの彼女は惣流・アスカ・ラングレーです

100 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:30:24 ID:yFfR7.pQ

 --                 , -'"  ̄ ` 丶、  /
 ─--            /         \|
              /            |
 ───           i   _ _     _ _   ヽ_   誰 得 シ ャ ド ウ ラ ン 講 座 ー ー !
  ̄ ̄         | /二`     "二ヽ、 |  〉
             _|  _,ィiュミ   r_,ィiュミ  レ-|
 二二二         ヾ!   - ' r  `ヽ  ̄´  | ∧
 ── ___      ゙!  〃  ^ ^  ヽ   l-/  〉
  ま             i   { ='"三二T冫  /´_ノ/\__
  さ  二ニ    _,ィヘ  ヽ ヾ== 彳   /:::/`ー- 、
  に     _, ィ´:::::/ l\ ト、 ー一 / /::/      \
  誰     /  |::::::::: ̄ ̄ ̄::`ー=彳_∠ _      ヽ
  得   /   |::::::::::::::::::::::::::::(‥):::〈_     \       l
     r'"`丶、 |:::::::::/:::/::::´:::::::::::::::::(_     ト、      |
 _/ / `ー 、 \|::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::(_      \   \

101 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:30:41 ID:yFfR7.pQ
                      __ _
                  ,  ´二ゝ─‐-─‐ヘ
.                / ./∠ ──‐‐-.ヘ. ヽ、
              /"..://´‐.T.丁¨ T ー 、 Y ',ヽ
              /./ .:./:./ :.:./l:.! i.:.  !:.:.  ヾ..i:. !:.:ヽ
            / / .:./.:/ :.:./ !:!:. ハ:.: ',:.:.:.  `!: l:.:.:ハ
                /.:, イ.:;'.:.`:ト 、バ:.ヽ\.:ヽ,.:.:.:.:.!: !ヘ:.:ハ
            / / イ.:.!.:.!:.!, --ヽ、\ ゝ久_丈i:. ! ハ:.ハ
             /:./  !.:.!.:.i.:f ィ´::ヾ    ´f´::::ヽヾ :!ヽ l:.ハ
              /:./ ,  !.:.!.:.iハ マ_;;;ノ  ,   マ_;;ノ j:. j/ j:.:ハ
            /:/∧,」 !.:.!.:.!ヘ ""  r==ォ "" ,/:.イ!ハ┘:!ヾ
         //!:.バ:.:.:| |.:.ハ.:V ゝ、  丶  /  ィ/:./:.:i/^l:.! ヽ   本日の講座は番外編その2!
          レ' !:.! i.:.:.ヾ!ヽハ.:V.:.:.:.:>,  _ ィ´V.:/.:.:/  リ:|              トラディション
           !:i !.:.:.:.:.:.:.:{ハ.:V'´ /′  .少'/`ー|  /j/      お題はズバリ「魔術様式」よ!
           ヾ ヽ_, '7// /-、  -/ "  /フ   ヒ=ヽ
              ハ ヽ. /// /'´ ̄/   ///  ,`弋 \
           /  { y'// ,'---/   //- ′.Y´  , `ヽ`l
          /   ヽfl l l  !   /  //〈  `ー〈::....ノ   V
         /        !l l !. ! ./ ///   ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
.      /       _∧ l ! !ロj ///     フ-、`ー┴‐-〃
.     /       /  ハヾ l l ///   ヽ  |  `ー‐一′
     ヽ   ー==广   〈 ヽヾY〃/       >、!



',',',',',',',',',',',',',',',',',''^'`'´: : : : : : : : : : :i,',',',',',',',',
',',',/´`ヽ___,/:; : : : : : : : : : : : : : : :,',',',',',',',',
'∠; : : : : : : : .:,イ.: : : : : :,ハ: : :,ハ: : : '、,',',',',',
',',/.: : : : : : : :/ レヘ、 ,人,ムィ_´ ̄`ヽ; : :ヽ,',','    まー、ぶっちゃけ168が
,'/ヘ; : : : :∧/―--、\i ′,ィチ卞ヽ,ノ ; : : :ハ',    「闇の魔術の前に魔術様式も説明しとかないとまずくね?」
☆,',|,∧ /!     __ ヽ   ゞ:ソ /  , : : : : |    って気づいただけなんだけどっ☆
⌒ヽ,','リハ _y'´ `             ∧: : ハノ
\. V',',',',',       '、        /: : : :|
 ∧ V,',',',ヘ       、_ ノ    ./:l: : : .:|
\∧ V { ト、.         /.: l: : : . |
ヽ \〉 \,い.:\.        ,イ.: : l: : : : :|
 .\,ィ^ヽ   \:|::::... . ,____/.:|.: : :l ,' : : :|
 r'´ ,ィ^〉   ハ:::::::...     | : : :l,'.: : : :|
,','} イ   〉     .| ::::::::::...    |: : :,'.: : : ; :|
,','| ィ^ーイ    ∧.::::::::::::...  ト、/.: .: :/l.:|
,',',ゝ、        |: :ヽ―-、  ィー/.: : .:/ .|:|
,',',',',',',>  __, イ: : :|      /.: .:/ \:|
,',',',',',',',',',!     |: : リ       /.:/    ヽ



          ‐―‐‐--,,,,,
       /:::: , ゝ―< ヽ
        /:::::,:/:fィ:´丁:、::`ヽlヽ:ヽ
      /:::rィワ:::レトk八:::ヽ::',::}::l:::::l
     ,':::::〉テ!:::l ィ=ミー\{ムイ::P!:|     と言うわけで先生、おねげぇしやす。
     l::!〈/イ:!:::lヘュ;j   {:;トi:::l)i::|
     |::!:::lヾヘ:::!  、_', ` ハj/i::!
      レ!:::|::', :ヽ:ト.、   //'ハ :!
      ヾヘヾ::::'f`t≧tく-v{:/  リ
        >ヘ:「{ ノヘ_> ゙̄ヽ      _
       〃          、l、   〃 -、`=っ
      /        ヽ  ,ィ´`ヽ /ヘー-┬-ツ
      ,′  ァ ,イ ̄ `ヽl/.: : : .!:}/`ヽr~'

102 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:31:10 ID:yFfR7.pQ

                <´ ̄ ̄  ‐- __,,,
            /         `i  ¨> 、
           /         :i   !  ヽ ヽ \
           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、
        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙
       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}    それで私?
        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》    ま、まぁいいけど・・・。
        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/
        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i
        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ
        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ
       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \
       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \
      // /   fi i: : :/トヽヽ,.-' イ V: / //  `ヘ\   ヽ
    /" /   i ', V`ヽ、`´,イ 'ヘ/:/ / / /    >`-、  ヘ



            /   ,,,,,,--------,,,,,::.. \\    \
          / .:::::/  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヽ  \ヽ    ヽ
         ./ , .::::/ ,,,,::::::::::   ヽ   "\:::: ヽ o-,,,  .ヽ
         / ./:::::l .,,-::::l:    ........\:::::::ヽヽ:::::  リヽ .ヽ,  ヽ
        ./ .l.:::::lr: .....ヽ..:::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::lヽ:::::  l ヽ,ソ  .ヽ
       ./, .ハ  .l .l::::ト:::::::ト::::::::\::::::::::::l-ヽ::l\:::::  lノヽ\  .ヽ   遠坂さんとか呼ぶとえらい目に会うからね。
       l / /l ::::l:::ト:::l ヽ:ヽ\::::\-_;;;;;;;;==リ=,,ヽ::::: lン''ヽ ヽ  ヽ   同じツンデレでもかがみんなら大丈夫かなって。
       .l/ ./ l .::::l::l\l-,ミ;;ヽ "--ニ,,,='iぅ。::::ハソ.l:::: .lん'ヽ ヽ::  l
       .l '''t .ヽ :::h.l ,,====,゙゙-      .し:::ンリ .l::::.. lゝ)リ>.ソ :::: l
       .l ::::l''l'ト ::ヽ'l:l ぅ。:ハ        --"" .l::::: l 'ン::::::: :::::: l
       l ::l l l\.::ヾ.゙ヾ-ク;;  ,         .l::::::l:::::::::::::::: ::l::: .l
       .l ::ll,,l .l:::::'トヽ,, ""   .,,,--'''''''i    .l::::/i:::::::::::::::: ::l::: .l
        l ::l :ヽ!::::::::l:::::ヽ    ヽ,   .ノ    .イ::://:::::::::::/::: ::l:: .l
        .l :ヽ :::::l,::::::ヽ :ヽヽ ,,,   ゙゙ -''   //::イ/::::::: /:::::::ハ:: l
        .l :lヽ:::::ヽ::::::::::::\::::::"''r--,,,,, ,,,-''' // l/:::::: /l::::::/ l./
         ヽl ヽ:::::::ト :::::::::ヽヽ,::::::l::::,-l    ソ  l:::::: /./:::::/ l/
         丶 ヽ:::l \:::::::::::|''::::/ ン,,イ   '  /::: / ゙゙゙゙---,,,,,,,
             \l  \;;;-l::::/-''"   ,,,  ./ ヽl     / ,ン--,,
              r-rr''''  .ソ/;:==-,,,,''' '''ン   .丶   / ./  /-,,,



                   __
                _ '´    ` 、
            {`ヽ,/             ┛┗
           / /、/´ 厂``y‐、人  ┓┏
            >{. Y≠ {____ノヘ_(0_,)- └┐
            / 八 {   / ∠_,ノ> ,./イ 丿   かがみん言うなっ!
        /   /_{ !ト、_ ,/ /´| i∠/ {_.j/ヽ、  まぁいいわよ、引き受けてあげる。
    , --/   /´〃 ̄´7 /<{ ||xx  /∧ ト、}
   | /    / 〃_   / /〃ハリ且_/´!ノ ,レ′
   |./  /⌒ー-、ミ'/  //  }
   / /〈こyヘ、   /  ,'   〆、   ノ}/)
   //j>、_ ̄   {   |^ト、    j´Yi|⌒T´
  ソ/´/  /\___ i i  |/ \   }|__シ
  _/  /    {  ヽ `|人 |    `ー'ー┘

103 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:31:57 ID:yFfR7.pQ

          \  r:、_
         -‐ : : ̄{ : : : : \_
    _r≦ァ'´: :/: : / ;'い: : : : : ヽ≧、_
    〈 ∨: :/: /: _/| :ハ : _\ : : :', / 〉                 トラディション               トラディション
    ∨ ;イ: :│/ l/  ヽ:{\ヽ: :.l_/ ノ   まずは基本的な事として魔術様式というのは名前の通りの「伝統」よ。
.      |:/ | : 小テぇ.   ィテハl: : |oく    古来より受け継がれてきたヘルメス魔術、シャーマニズム、神道、ヴードゥー、
      / | : ∧ V:リ    V:リ ∧Nヽ│   その他ありとあらゆる魔術の伝統の事を指して「魔術様式」と言うの。
.     |__/∨ト人.:::: t ┐ ::.:人イ_」」
       |: : :l: : :|ニ=ァrーr< /)|: :|: |
       |: : :|: : :|イ ヘ∨/(Y7'ヽ/: :|
       |: : :|: : :|ハ. ∨ ∧`^ 人:.ノ
       |: : :|: : :|  '、/ ′|\}}`ヽ



                       _
               __r 7-<´
                 /     イ、   \       /ノ
           ,.--f--ァ , -// | ゝト ヽト _,、, イ っ)  で、魔術様式がなんのためにあるかというと、
             {:::::ハ:::/  /ィ/   ィ,ヤ、 ∨  i || Y`´   ずばり、「そのほうが魔法が発動しやすい」からよ。
           ∨l 7イ / _,  ヒソ|ハトヘ  _Y ´
            / 〉, ∨, 二´  , ノ´   /       魔法とは本質的に意志と魔力の技だけど、
             / / ヽニァ─、`ヶイ| / /         魔術様式という媒介無しでそれを制御するのはとても難しいの。
         /  { <_/    \ヽ !ノ \
         !   | /   _,〈リV jハ  \
          / |  |ヽ   イ、 / }、! \  \
.          / /|  l  \/彡〉ー彳ノj  \ ヽ\
        |/ |  |    `>イソ ̄ |/!    \ |\\
        |   \ \ // i i   ! i L__      l }  \!
              \ Y_/__|  ! |=Y     リ   |
             7ー三|=|ミK´ \
             /  / リ ̄   〉 /
               /_/        /ー/
               / /      / /
           / /        ノ、/
          ハ-イ       ヽ_夂
          ー‐'          ー'



                ‐-ァ'=:‐-.、j:ヽ、__
                ,.-‐'": : :; : :; ::;{: : : : : : :`ヽ、
               j/´>::/:.:/::/ ∨: : ::|: : : : :ヘュ、_
                   /: ::/::;イ:人_ \;ノ|∨: : :ハ}:、:::\  言い換えると魔術様式の伝統にのっとった「イメージ」が
               /:;:: :|::/_|'__ ` ´_ヽ|_∨: :ト;|::::\;/  魔法を使う際のイメージングを強固な物にしてくれるのよ。
    ┌───────|:/|:: ;ハ弋行   弋汐∨:|:.:|::_;/
    || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|j |:/:.:}`ー"     `ー'" ∨:.:}: :|    ただ「魔力を意志でまとめて力にするのだ」というよりも、
    ||             || |: ::::ヽ、 _____   ,r-': :ノ|: :|    「炎の精霊の名を呼び、強制の呪文を唱えて命じれば
     ||.   らきすた  .|| |: ::::|ヘ:>‐ュ-‐τ´: :;/ |:: :|     炎が生まれ、敵を焼き尽くす」とか理屈を付けた方が
     ||      ⊂{Tユュ || |: ::::| / ,ィヘ /::.;ィ´ ̄`ヽ: : |    分かりやすいし、何となく納得しちゃうでしょ?
     ||_______ゝ、 j|| |: :::|/ /o/ {: : :{    ,,ノ|: : |
    └‐──┬─r‐< ̄~ヽ|: :::| {o{  |: ::/\_,,/|"| |: : :|    精霊の場合は召喚する「形のない力」にイメージを重ねるから
      ____⊥ ⊥__.\.  |: ::| {o{.   |:r'`ヽ_/ j| .| |:i:: :|    さらに端的に魔術様式の恩恵を受ける事になるわね。
 ──┴──────┴\|: :|j ~´   |`ーr┘ |' | |:|.: :|
  ___________.|;/λ_    ヽ、:|   |  | l:|:: :|

104 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:34:08 ID:yFfR7.pQ

                 __,イ|__ ... .ィ
             , :<´ : : : |: : : : :ー<..
           /: : :/: :/} :小: : : : : : : : ≧ー
        __,/ /: : /: :/ ,| : | ∨| : : : : : 廴
       f´/ }:/.: :.ム斗' | /| `ヘ}ヽ: : : : ヘく
       ∨  ,イ: : { ;:/  j/     V ! : : ∨   詰まる所魔法様式というのは魔法を使うための「お約束」であり、
         ヽ、{∧:.:レマ7テミ     fテ「ア:|.:ト、:ハ    「どのようにすれば魔法が使えるか」という「世界観(パラダイム)」、
        |:ヽ}ヘ/ { {トし|    |しハ'Ⅳ:|:「ヽ}   言い換えれば「常識」を自分の中に構築する事でもあるの。
        |: :l`ー、 ゙辷ノ   .  辷ノ{ム/:{
        |: :|: : :|:ト、''''   _  '''' ノ´|: :|
        |: :|: : :|:|:.「>r -r- <| : : |: :|
        |: :', :/i_>―-、Y⌒Y´ ̄ ̄`ヽ
        |: : Y´/  ,.-、 |l: :.《      }
        |: : { {  {  )\: :ヽ、__ノ了¨ヽ
        |: : :〉 \辷'′ ヘ: : : ̄ ̄:_ノヽ |
        |: : {__,イ   ,.‐ァ、  ̄ ̄「 辷.ノ /
        |: : | l l |  〈 f'うァ  ,ィァ、 /`ー‐'´
        |: :少‐r‐ヘ  `ー'′  ftッノ {
        /:.:/|  |>(     )  ノヽ



        ,r-'''"" ̄ ̄"'-,_
    _,.-'^γ´          `i,
   ,r' ,.r'"ヽヽ、( ( ソノノ彡、 i
  ,i' {     "'''''''''''''   ミ  .i
  i  i             ミ  i
  |  i   二 二 二 二   ミ  i
  .i   i      ハ      ミ  i
  |  ノ {{|iiiiiiilll;ノ,,,,,ヽ;liiiiiiii||}} ゝヾ   信じるものは救われる!
   | .ミ >='^◎≫,i'^'i,≪◎'=、< ミヘ
  ,ヘ ミ ~こ二ヲ i i; .'ミ二こ、 ミ }
   { レ   ノ  i i;  ヽ、_, ';,ノ ノ
   Li,;'ゝ    ,イ  ト、  ';, i'~
    i, i ._,ノ^-0し0-ヘ,_  }|
     ゝ,イ'<ー--ニ---ー>|ノソ
      ゝ.i  `'ー-'´  i,イ
       |..ヾ、 ,.......、,i'.,ソ |
      ,|. ヾヽ_____レ'ソ .|、
     /| \ ヾ二二ツ /|\
   /::::::|  \ -- /  |:::::\

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|なんて言う人もいるけど、魔法の世界ではそれはある程度真実なのよ。                         │
|「呪文を唱えるとひょっとしたら火がおこるかも知れない」と考えてる人と、                       │
|「呪文を唱えれば火がおこる。当然、当然、当たり前っ」と考えてる人では、明らかに魔法の強さが違うの。   .│
|                                                                    │
|魔術様式の説く世界を自分なりに解釈し、深く理解していけば、                            ...│
|それが同時に自分の中に魔力を形にする太い回路を作り出していく事にも繋がるのよ。             ....│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



             ヽ、
           __\ヽr 、
          /: : ,: : : ̄: :|: :  ̄`  、
        /-‐7´: : : :/: イ!: l: :、: : : :、ヽ
          /. . /: :ィ_./ ! !、!、:ヘ. . . Y\_
          / !: /: 7 l/ | ヽ|`ヾ-!: : l: i:::::〉`┐  例えば私の様式は神道だから、
          /〈!:.:l: イコヤ!   卞弌ヶ: :ト |::人:::::l   八百万の神がいて、
       /イ ハ.:レi 辷ソ ,   せシ l: :l:.ト!':|!iヽノ   助力を願う事で魔法を使うんだ、って教わるわね。
         / l:/`l    _       r!/Y:::::|!:|
          `ーi: ,'::\_   ` _ ..イー':〈_」!_」    あらゆる物に宿る「神」に助力を願うためには、
            |l:!: : l/!イj ̄/ハ// : /:::::::|     どこにどんな神が宿っていて、どのように願えば助力を得やすいか。
         .|l:!: : l「l l::〉'/  ,/: :./||:::::::|     .そう言う事を知っておけばより願いが聞き届けられやすくなるでしょう?
            lll:: :〃l. ∨ /! : .i ヽ!::::::|
         |l: :./ l / / .,' : :,'  l:::l:|     迷信だなんて言わせないわ。
          |!: :.!   y /  ,': : ,'  / !::|:|     だって、私はこうして魔法が使えるんですもの。
          |': : }_/ ,'  i /i. / l:::|:|
        /|: : l::::::::{ ̄i ̄`!:,'::! /  !::|:|

105 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:37:42 ID:yFfR7.pQ

::::::::::::::::::::::::::::::::                 _,.-‐──-.、_     :::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::                /,'   、_.,'  \     :::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::                / /‐   /__. |_ ,' `ヽ、  :::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::            ,ィ{ 〉‐..... < , 'ヽ_〉   ∧  ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::             / Y::{:::::;/,:|_/: /| :i ,/:| ,|   ::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::         r'´ ̄ ̄ ̄//{ |γ∨ | /|/i:::|/   :::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::          /|___,,// ̄ハヽ、  |/,' |:/     :::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::         // , ' //     ∧}ゝ-'´  '"     :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::      // , ' //    ,. ':/ ∧               :::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::    ./'"´ , '  〈/〈    / ,∧  ∧              ::::::::::::::
::::::::::::::::::::::   /   , '    ∨  /  /| ∨ ∧             ::::::::::::
:::::::::::::::::::::  ..lー-,、, '__        /ヽ.>/:::|: : :∨ ∧: : : : : : : .. . ....  :::::::::::
:::::::::::::::::::  .,.. |::/:::/::i:::\___,/   /==t   ∨_;ヘ        `.:、:::::
::::::::::::::::::,: '  {´`Y´`下 ̄Y  \   ,/  ̄    `==='´         ,:::::::
::::::::::::::::',  〈_人_,,/_ノ-┴--‐'" ̄                   ,..::':::::::::
::::::::::::::::::`:..、                             ,...:::´:::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|勿論、世の中の魔法使いが全員師匠について魔術を習える訳じゃないわ。                       ......│
|そうしたひと達は独学で試行錯誤を繰り返し、自分なりの魔法の使い方を会得していく。                  .│
|それは、言い換えると「自分だけの魔術様式を構築する」ことでもあるのよ。                       .....│
|                                                                     ...│
|その場合、大抵は色々な魔術的要素・・・・呪文だとか、身振りだとか、衣装だとか小道具だとかが混じって、    ....│
|他の魔術様式とほんの少しずつ共通点を持つごちゃ混ぜの魔法様式になるわね。                   ....│
|これの端的な例のひとつが後で述べる「混沌魔術」よ。                                      │
|                                                                     ...│
|繰り返すけど魔術様式が魔法を使う力を与えてくれる訳じゃない。                               .│
|本質的に必要なのは意志と魔力を操る才能なのよ。魔術様式はそれを手助けしてくれるツールに過ぎないわ。  .....│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



.        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ       |  i
.        /.:.:.:.:.:.:_、_.:.:._:.:.ノ       |  i
       (.:.:.:_ ノ       ヽ     |  l   1.ドレイン能力値
      「    i  ! ! ハヽ`ヽ.     |  l   2.召喚できる精霊の種類
      i    ノィf乂ノノr トノ ! }     |  l
      |  ノイY´jヽ  (ソ`! ノノ    |  l
      |  i | ''      '' ! ∧    |  | ,. -―ァ______>‐・>'l
      l  | l 、 ヽフ /! !ハ    .! / 二ノ ̄  ̄  ̄  ̄ ゝ二ノ
      ! 人 ヽ<i=-≦-、| | ノ   ,-/ /
     /⌒ヽ,.-ヘ ハ\( )}::: ! !<_ r‐ノ( /!
     ゞヽi´.:.「`ミヽ::Ⅹ:::::!ノハ.:.:.:.:.:.:.: ヘl |____ _ _
     (⌒ヽ|.:.:.:.〉、. ノ/:x:\{ ノ.:.:.:_ヽ.:.:.:.l! ______ _
    (⌒ヽ |.:.:.(  ミ〉.:.:.:.:.:.〈  ノ` ̄ \ノ

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|そして、ルール的な話をすると、魔術様式にはデータが二種類しかないわ。         .│
|ひとつは魔法を使った後、ドレインに抵抗する(消耗を抑える)のに使用する能力値。    │
|その魔法について、どんな適性が必要かというパラメーターね。              ......│
|                                                     ...│
|そしてもう一つは召喚できる精霊の種類。こちらは説明しないでも分かるわね。     .....│
|精霊については以前の誰得講座を参照して。                         .....│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

106 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:40:52 ID:yFfR7.pQ

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|さて、ドレイン能力値についてだけど、                                                 │
|魔法使いは魔法を使ったときの消耗を抑えるために「意志力」とその他の精神能力値一種類でテストを行えるわ。   │
|私だったら「意志力+魅力」ね。これはその魔術様式に必要な素質、様式の持つ傾向を表しているの。        ......│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



           _,. -‐ー - 、、
       _,. -''´     _ _ `''_ュ、、
     ,. ''´    __,. - ''"´  -(メ、 `7
   〈``''==ィ<´       C{っ ノ
    \__   ヽ     __,,. -==={
      }ト,rーr、_r-<´    \   !
       !/ / 八  ヽ`''-、   \ |      私の計算は完璧です!
     i | ト、`´\ \  `>∠ ヽ |
      | l 「゙Thーr-\  ン't'''jT 〉 | |
      | | |ヽ_゙ュ'ソ   ヽ ヾ='ノ、l\| |
.     | ヽl ´/////////ヽl ///|  |
.     | l  |ヽ /▽▽▽▽▽V‐'| l |
      | |  ト、ヽ、      ,/ /| | |
     | |  | ヽ、|`''‐-‐''´ |/ | | |
   _   ||k |_/^''ー- 、__, -┴'ヽ_| i/
    `ー|!ヽ | ヽ  /´ `!  ノ | /ー''´
        ヽ|   /ヽ、 人   |/
ヘルメス様式の一派、アトラスの錬金術師 シオン

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|「意志力+論理力」を使うのは理論や考察、形式を重んじる魔術様式よ。                ....│
|ヘルメス魔術や五行、カバラ、イスラム神秘主義など、学問的に研究されている様式が多いわ。  ......│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



:::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::/
:::::::::::::::::::::::/  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|::::::l::::::::::::::::::`、\
:::::::::::::::::::::::|   _ヾ/::::::::::::_, -':::::, -'/::/ /:|::: :l:::::l:::::::::::::::l\ヽ
.l:::::::::::::::::::::l (::〈 /::::::::/, -'"  -=≡ミ、 |;: ::|::/l:::::::::: : ;l  l:|
/::::::::::::::::::::ヽヽ::,/::::::::/ "''-..  ヽ_ 、 ミ/// /::::;|:::::::/  .レ   ぐだぐだ考えるこたねぇ!
"'''- .._:::::::::ヽ_/::::::::/     "- ,, ` 、ヒ/≡/ /::/.l::::/       魔法はフィーリングなんだよ!
       :::/::::::::/         "''-/ .l,  / //       俺の呪文を聞けーっ!
        \_/           // `、
     ./                  _. 丶
    /              ,..-- 、_, '''
    /              ヽ /
    |               ,-'
    |        "'''- _    /
         /:::::::::::\  -'\
ロック歌手にして独学魔術師 熱気バサラ

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|「意志力+直感力」を使うのは自分の中にある感情のほとばしりや感性を重んじる様式。  .....│
|ドルイド、ウィッカ、魔女術と言った神や精霊などを介さずに自然の力を用いるものや、    ...│
|ヴァジラヤーナ(仏教、主に上座部系)のように己の悟りの完成を魔術と重ねる様式ね。     │
|感情や感性といった物は制御しにくいせいか、3つの内でも際だって少数派よ。        .....│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



           . . : ´    ̄ ` : . ー---
            /            `く
         / '  /    j j i ! i`丶   ヽ
.        / / //   ./// 从 i ヘ ヽヽ
       / /  i/   ,////.!「U}厂 }ハハ   精霊は友達よ
    ー―≠='ー 、{  i .斗セ"ヽリ  f,ニL{i. i.!
     >.、``こトヘ´{ー=イこフ′ i'ー' 从ノj
     〃//>ァ-、乂、       〉  ハ{
     / 〃 ノノノ/::\ヘ..    ー  /i|
  xへ ̄:`ーヘく:::::::::::\ `ト .  ___.イLリ_
 〃⌒ヾ、: j: : :.:ヽ:ヽ::::.__v'´ ̄ ̄〈/ニニフ  ̄`ヽ
//    V. : : : : }:.:.:.:.:V  、  〈/二ヽ.__
{{{      }: :i: i: : !.:ij::.:,′  厂厂i:{ ̄个′}
エルフのシャーマン ディードリット

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|「意志力+魅力」を使うのは神や精霊と言った存在への懇願や契約を元に魔法を使う様式よ。              ..│
|トーテムの霊とシャーマン、八百万の神と神道、唯一神/天使とキリスト教神秘術、ロアとヴードゥーなどが有名ね。    │
|超常存在への懇願という形がもっともイメージしやすい・・・                                    .│
|からかどうかは知らないけど、例示されてる形式の中では3つのうち最も多いわね。                    .....│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

107 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:43:53 ID:yFfR7.pQ


            ___   /ヽ、
     ─==フ¨´      ̄|  ``'ー- 、
       /,        / ,ィ'|  ヽ     ヽ、
      // /  /  /〃 | | |   ヽ    ヾYニヽ、
      /,イ  /   / 〃/,  |│!、   ',.   ヽ |:.:.:ヘ:.:.\  後「憑依」形式の精霊についても説明しておくわね。
    / /  ,'  / 孑|'"   l !| \ }    ∨:.:.:.:.:',:.:./  憑依形式の精霊は物質界に直接出現する事が出来ず、
     /  i  ,'' /  j   l ||  ヽ |`i    }:.:.:.:.:.:.∨   なんらかの「器」に憑依しなければパワーを振るえない・・・
      |   /  |/{!7メミ、    | _ _土 l|  | |:.:.:.:.:.:.:.|   というのは「精霊と収束具」の時に説明したわね。
     | / |  lム {:::::::}     'fて::;;;}7}  ト、|:.:.:.:.:. 丿
     |/  | │il ヒ辷     {::::::::ソ |  | | ̄ ̄ |    憑依した精霊は「器」の能力を引き上げ、
       |ヽ∧} '   ,    ` ー'′ | /)  ,'  |    通常武器無効などのパワーも自在に振るえる事も。
       | | | ` 、   r‐┐   ''  |/ノ  /  |
       | | l    |>.、`___ ..   -‐'ア     /l   |
  r‐‐'"¨¨V | |    |  |  / \/    / |   |
   ≧=   Ⅵ |   │ /-<   〃     /   |   |
 と´r─'  _,イヽ、  ,レ'|::::::∧ /    イ    |   |
   `ー┬´   |  /  厂::| ∨    / │   │  |
     |    丿 /  /:::::::| /    /   |    |  │



                   ,___;r;ュ、__
                    ̄''ッii'―'
                 ..,;!==i'''iiュ,,,,,,,,,,__t== ,
               ,、,,,,r'==ュ-‐'||;;;;;;l;;;;;;||;i__`゙''::'、!'/゙'   ニャーニャー
             ..,,r―'、'´,-、、`゙゙||;;;;;;l;;;;;;||}ユi t=ュ_ヽヾ'
     〇二二))二,二))__;);;;;;)゙i゙i==~~ヾ,,;;v-'"`''‐‐―;!;;>
       .__,,,,、-'、_;i';、_;;ゞ;;;''';;,,,,,,,,,,,,`'',,,,,,,,,,__,,,;;xi==r‐ュ――ュi、
       __{clOi)''''irュ,      t=t=ュ==ュ{0lci)___ヾ‐='i)';三三;;'__゙ヽ
     /___/゙/ii;!‐'゙'      ゙゙''''/___/ヽ'''-xx、、,,,,,,,,,,,,,x'y=x;゙ii';゙ii;i、
      }三ll三{`;、===============}三ll三{0;i;r゙ヘ;;r゙ヘ;;r゙ヘ;;r゙ヘ;;r゙ヘゞ;ソ''゙
      ヤ三三'i,ィ;\_};}___};}_ヤ三三'i,ィi;i::0;i;i::0;i;i::0;i;i::0;i;i::0;i=/
      \;;三;;;\ソヘ,゙ソヘ,゙ソヘ,゙ソヘ,゙ソ;\;;三;;;\'、ソヘ,゙ソヘ,゙ソヘ,゙ソヘ,゙ソ/
        `~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~´  `~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~´
獣の精霊(猫)が憑依した旧自衛隊74式戦車

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|「器」としてはヴードゥーのゾンビやカバラのゴーレムが有名だけど、                                  │
|実は必ずしも人間や、あるいは人型の「器」でなくていいのよ。例えば護符とか、剣とかね。                   ...│
|まぁ、どの場合もあらかじめ呪付を行って「器」として調整する必要はあるし、複雑な物に憑依させるのは難しいけど。     .│
|                                                                           .│
|驚くべき事に、憑依した精霊は機械的な仕組みを作動させる事が出来るわ。                           ....│
|電子機器関係は動かせないけど、車なら自分を運転できるし、ピストルなら射撃できるわ(狙いは付けられないけど)。    │
|例えば、とても手間とお金がかかるけど、戦車に憑依させれば勝手に動いて砲撃してくれる戦車も作れるのよ。       ..│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



108 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:45:08 ID:wNQI2ack


>>107 懐かしいのう、エルフを狩るモノたちw




109 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:48:05 ID:yFfR7.pQ

          ,..-──v'⌒ヽ
       _/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.厂`ー―ァ
.     /〈::::/:∨:.:.:.:/::.:.:.:/:./:ヽ:.:.:.:<
    〈::::::::Y::::/:.:.:.:.ナナメ|:/ヽ:.:}:.:ト:.\>   さて、これまで長々と魔術様式について述べてきたけど・・・
    ヽ:::/:::/:.:.:,ィ-|∠_ リ  |:ス:.:|:.:.:. |    ルール的にはぶっちゃけどれを選んでも大差ないのよ。
      〉-r(|:.:./ `ト{:r「   イテチ:.:|:.ト:.:|    イメージ以外で選ぶなら、どうしても召喚したい精霊が居るとか、
.     |:.:.:|:.|:/_  ´ ̄   ヒ!ノ∧|.:「リ    必要能力値がキャラクター・コンセプトに合致しているとか、くらいね。
.     |:.:.:|:.:.:.:.:ト、   rァ   ノ:|:.リ
.      |:.:.:ト、:.:.:.K:}   r‐ rイ:l:.|:.:|
.      !:.:.:|__}:.:.:|::::\_,,>、:\:l.:|:.:|
     |:.:/ ヽ:.:.ヽ::::::ヽ |::::::}:/:/
      ∨   ヽ:.:.:l\:::ヽ|:::/|:./
    /   .|  ヽ::ヽ \ |∧l:.{   r‐rこつ
.   /   ヽ レく ヽ:.:ト-ィ r'>'⌒「 |_ ⌒⊃、
.    {    ト、::}、 ト:.|/  \  |  ヽ:::厂 ̄´
    \    \ |:.:|   ∧  }   ヽ-イ´



               _____,ヘ.______
       ‐-==ニ二:":: : : ::/:: :: :: :: :: : ::`::‐:-.、_
        ,ィ´:: :.:,ィ:: :: :: :;λ:: ::.:|:: ::ヽ、:: :::ヽ、:: :`ヽ__
       //7:::/.: :: : : : :/ V:: :.:|、:: :: ::ヽ:::、::ヽ;: :::t~;;;\     例えば論理力の様式の魔法使いは、自然と
       '゙ /:.:/:: :ィ:: :: ::/  V: ::|ヽ:: :: :: :|:::i:: ::ヽ;::;ソ\;;;;\   「頭のいい人」になるから学術や機械関係に強くなるし、
.        /::,メ.: :/:: ::;-:十、 V: :| 斗‐-、:レ'|:: :: ::Y;;;;;;;;;;;>;;;;;;〉
  〈`ヽ   /ィ 7:::/:: :.:/i:.::|   V::|  V: :|::|:: :: :;.:|;;;;;;,イ;;;;/    同様に直感の様式なら知覚や霊視に強いほか、
   \ \    |;/|:: ::/ ヽ;| __,  ヽ:| ___ Vヽ;|:: ::/::.|/l:|/      直感力はイニシアチブに関係するから
    ヽ,イ`ヽy´,)|:.:;ハ ミz≠'     ≠Z彡|::;∧:.:|: ::l::|       戦闘向きの魔法使いになるわね。
    ,r' "ニ ,j / V:i:λ     ' __     |;/ }V:: ::j::|
    { ヘ ソ  }  |:i:::j    f´. `、    '゙_,ソ:: ::.:メ:.:|       そして魅力の様式の魔法使いは対人技能に強く、
    ヽ, "  ,,ノ  |:i::::ヽ   ∨_.ノ  ,/  メ:: .::/:: :|       また魅力が高いと「束縛」できる精霊の数も増えるわ。
    丿  /   |::i:: ::i::i` ‐-〟-‐τ´   /:: ::/:: :.::|
.   /   /    |::i::. :|::|  ,ィ'j   !`マヽ、/:: :.:/:: : :: :| .     そう言うお前は対人技能も持ってなければ
   /   /~、__|::i:: : :|:|,ィ´ |    /  /:: .::/`ヽ;: :: :| .     精霊を束縛する金もないだろうって?
.  /   /     ~|:: : :|:|   |-‐‐-./  /:: .::/   ハ::.:|. ,     余計なお世話よ。私は魔法特化型なの。



         \  r:、_
        -‐ : : ̄{ : : : : \_
   _r≦ァ'´: :/: : / ;'い: : : : : ヽ≧、_
   〈 ∨: :/: /: _/| :ハ : _\ : : :', / 〉
   ∨ ;イ: :│/ l/  ヽ:{\ヽ: :.l_/ ノ   ま、結局キャラクターの「スタイル」で選ぶのがいいんじゃないかと思うわ。
.    |:/ | : 小テぇ.   ィテハl: : |oく    どの魔術様式を選んだ所で、やりようで強くも弱くもなる訳だしね。
     / | : ∧ V:リ    V:リ ∧Nヽ│
.    |__/∨ト人.:::: t ┐ ::.:人イ_」」   それじゃ、次からは個々の魔法様式を紹介していくわね。
      |: : :l: : :|ニ=ァrーr< /)|: :|: |.    例によってAAがひどいけど、反省はしないわ。
      |: : :|: : :|イ ヘ∨/(Y7'ヽ/: :|
      |: : :|: : :|ハ. ∨ ∧`^ 人:.ノ    「コンセプト」っていうのはその魔術の基本理念となる部分と思ってね。
      |: : :|: : :|  '、/ ′|\}}`ヽ
      | : ∧ : |  / /  | //   }
      l :/  : :|  / /  |V/  /
      |│ ヽ:|⌒{⌒}⌒八`\ 人

110 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:50:53 ID:yFfR7.pQ

論理力を用いる様式

ヘルメス魔術

     |   _,.,-r''fi,ッ、_
     |-''´:::::ゞゝ,iソノ,=ッ、.
     |::::__:tr-、r--、,:::::::::::ヽ
     |r'`´       `'''r、:::\
     |            '\:ヽ
     |   i  ,,         `,,|
     |. /! /|    /|/|  ,  ト、
     |ゝ| ∨ .|   / / .| /  ト、t   あ、あら? 番外で出番があっただけで、本編での出番無し?
     | O ヾ | / ,,ノ--| /!   ト、/
     ト ー ,,, "   O i// / !||l::!
     |        `" ´/./ ,,,/i!レ'
     |U  、___     i/  /    .,_,___
     ト.、  `  ´    / / /-- ‐'":::::::;;ノ___
     |::::|:::ゝt.-..r <、"フ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〆
     |:::/''t/|!ゝ'|:::::://</ /:::::::::::::::::::::::>" ̄ ~
     ..j-、 r-t、 /:::/::::::i/::::::::::::::::::::::::\,,.___
      {  ト,,(ソ/::::::!:::::::::ト:__;:::_:::::,:::::::::::::::: ,,:〆
     |! ヽ,,ノ ;;::::::!:::::::ノ   \.  ̄ ̄ ̄ ̄
     |ヽ.,/ (` r- 、fr !!       ヽ,,
     |:::r'(  )(,,   ハ!_jj       !
     |:::::)( (,,. ) ト、\|  | 、 、 |
     |::::::\( ( (.ノ:::::\.\|  |ヽ|ヽ!
     |:::::::::::::~::~::::::::::::::::\,\| i! |
     |:::::::∧::::::::::::::::\::::::::\,,
     |::::/,><\:::::::::::::::!\::::\\
     |::/,><,,\::::::::::|,, \:::::>,.ヽ,
     |/,,,><,,,__.|::::::::::|!  、\::::\,!.
ヘルメス魔術様式のコンバットメイジ 水銀燈

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|コンセプト:魔法の科学的な解明。魔術とは元素の力であり、術式と儀式によって制御できる。                 ...│
|                                                                           .│
|召喚可能な精霊:火、大気、人、水、大地                                                 .│
|                                                                           .│
|ヘルメス魔術は正統派の西洋魔術であり、覚醒の前からずっと研究されてきた様式よ。使い手はメイジと呼ばれるわ。  ....│
|魔術の世界ではシャーマニズムと勢力を二分する巨大勢力であり、特に企業での普及度は圧倒的よ。           ......│
|やはり科学的なアプローチによる知識と経験の蓄積が可能というのが大きいんでしょうね。                    .│
|まぁ、スーツを着て出社カードを機械に差し込むシャーマンというのも想像できないけど。                     .│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



     ,.'´,ィ   ,イ ,'  ,' i| |  |! |i  トi   iヽ  ヽ  ヽ
   / イ/  ,'/.,' ,イ i|! |!  i! l'、 i!    l !  ! i  i
   ,' // !  ,' ! i / i !  !  i l , ヽ  i! ||!  l l  !
  ,'/ ,i !  /.,i ,' ! .i l !∥   | l u'、 ト!、 l! li i  ! i  l
.  :,' i ,! ,' /! i i | l i! i   |! i!  ヾi!ヘ 、i. i| !.  i! l  l
  リ  !l ,'!,' '| ! ,.へ! !_ i|!ヽ  ト, i ,.ィ弋,ヽヽ| l!  |! l  !   ギャァァァァ、に、ニンニクーっ?!
  ,'  !|_,」!,',' ト! l ,.-7‐ミ、、! ヽ,ムン'´,.-ュ、_  ヾ! i!  !i i  |
     i !リ|!∥i 」__{! 0 }     '´{ 0 |!_`ァ' i! |i  | i |  !
    ,' ,' ,|!∥l ー '` ´   r       `'‐f、_,) !| !|! | .! !. |!
.   l ,'  i! l|ヽ!   ┌‐ァ-‐=丶ヘ,    /!| l|! l ! i  il
 ̄ ̄,' i! ∥i!| ト.    ! /       i}  ,イ |.| ||! ! ! |   !
    ! ll  |! ||!.``丶丶 `、      ' ,ィi´ | ,| ! ||!. l l  !  |!
.   l |!  ∥||!   冫,!iュ、 __,..  ' 1._!| | :| |! l|! ! i.  !  i|
   l i|!  |l |l  /イ  !       ,!/' ´ ` 丶|!_|  !  | ∥
   ! |i!  l| l| / /         〃        ``  、!  |!
へっぽこヴァンパイアにしてヘルメス魔術師 エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|彼らは宇宙を地水火風の四つの元素(エレメント)からなると考えていて、                                 ......│
|だから彼らは自らの召喚する精霊を「元素精霊(エレメンタル・スピリット)」と呼ぶわ。                          ......│
|面白いのは彼らが「第五元素」として「人の意志」を召喚する事ね。                                      ..│
|これを幽霊と見る者もいれば、理性の元素精霊と呼ぶメイジも居るわ。                                     │
|不老不死の源である純粋物質「賢者の石」や「エリクシル」が「第五元素」と呼ばれている事を考えればちょっと興味深いわね。    │
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



111 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:52:15 ID:msWKOJLs


どっちかと言うと、アホみたいに階梯の高いヘルメス魔術師な気もするがw




112 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:53:02 ID:yFfR7.pQ

混沌魔術(ケイオス・マジック)

i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `'i
|  ┌───────────────‐┐  |
|  |  正義の味方 カイバーマン    .光 |  |
|  └───────────────‐┘  |
|    ┌─────────────‐┐    |
|    |          /  ̄  }ク-        |    |
|    |         i ,ム、_,.ノノノ 、       |    |
|    |         _ `ヘ'ンv}'~`,.イ >'⌒}   .|    |
|    |       ニ,-、三^<,.ィ':::::::|/,'::ヽノヽ . |    |
|    |    ,./-,! ./ /_/ノ:_;:t'{/:::::::::iヾヽ |    |
|    |   //'/ヽ`{,ヘ、ヽ{= ン ,!ゞ、' ̄..`、! }.|    |
|    |   ノ^/⌒<_つ、>' /    /ヘ/~:`ヘ ! |    |
|    | __ノ /::::::::;,.ィ',.) |   !   //l } !:::;;::ヱ|    |
|    |^ツイ-'ナ´// イ l  ,'   そ///⌒`ー |    |
|    |   | / イ/,.!,ヘ!{ニ!,.ヘ  ヘ,.ノ:::::::::::/.|    |
|    |   Y //! - _ -,.ヘ¬ ;;: - '´ ..|    |
|    |   / / / _ - -<//,>::/ヘ    |    |
|     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    |
|   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |
|   | 強靭! 無敵! 最強!        .|   |
|   |  粉砕! 玉砕! 大喝采ー!!   |   |
|   |________________|   |
.` ────────────────── ´
新世代の魔術の使い手 カイバーマン

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|コンセプト:伝統に囚われず、純粋に魔術を行使するためのツールとして自分のための魔術様式を構築する     .....│
|                                                                       .│
|召喚する精霊:火、大気、大地、人、水                                                 │
|                                                                       .│
|混沌魔術は様々な魔術の伝統に存在する「無駄」をはぎ取り、                                  .│
|純粋な魔法行使ツールとしての様式を確立しようとして生まれた存在よ。                          ......│
|その結果として様々なオカルト的要素が混在する、ある意味奇妙奇天烈な様式が生まれてしまったわけだけど。    │
|けど、面白い事に混沌魔術の世界観と精霊観はかなりの所までヘルメス魔術に似通っているのよ。           ..│
|理論的に魔術様式を構築しようとした結果、自然とそうなったのかしらね?                           │
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



ヒンドゥー様式

     ~´''''''''''''|''''''´¨ ヽ、
    rノ::::::::::\::::::| /  ノ`}
  ,/:::::::::::´'\r´⌒ ヽ/ ノ 1ヽ
  {:::::::::――(     )――  )
  |:::::::ノ::::/人,,,,,__,,,人\へ  ノ
  i:::ノ::::::/;;;;;;;;;;;;;; o;;;;;;;;;;;;;;ヽへノ
   i:::::::::/<てヽ\ソノてン~\I)
   `i、::/``` ⌒'''''`´'''''⌒''''´`||
   ヽ/ ^~^   八 :::::::::: iノ
    丶 ::::::::      ::::::i
     `、  ::::::::^~^:::::::::::/
      ヽ___   ⌒-==/
     /::::"''''''''''""'''''::へ
   γ´⌒  ノヽ    メ   ⌒ヽ
  /⌒    七   メ    ;`ヽ、
  /    ノ^__弋χ`___人   |
  !  ,,,ノ爻__(十)__ノ >  )
 (   </\  / /ヽ\ ノ/⌒ /
  ヽ_ノ:::\| / /  \ 〃:::/
    ヽ、___ ヽ ̄ ( )( ) ̄〈:::::ソ、
    |::::〈J:::.〉  ̄ ̄ ̄ノ|ヽ-´
インドの山奥で修行した男 レインボーマン

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|       アートマン           ブラフマン                                        ......│
|コンセプト:  我  と宇宙の法則たる 梵 を一体にする事で悟りにいたり、自らの神性たる魔法を制御する   .│
|                                                                   .....│
|召喚できる精霊:獣、水、草木、大気、火                                           ...│
|                                                                   .....│
|魔法様式であると同時に宗教であるヒンドゥーでは、人の魂たるアートマンは常に死と転生を繰り返し、       .│
|業(カルマ)の因果に支配されていると説くわ。                                       ......│
|天命に背かず、己の道をまっとうすれば来世でよりよいカーストに生まれ変わるとされるけど、           ....│
|たとえ最上のカーストであっても業からは逃れられない。                                  ..│
|これから逃れるには解脱、つまりより高次の意識へと自らを昇華させる以外にないの。                .│
|この修行の過程で生み出されるのが魔法の力という考え方ね。                               .│
|                                                                   .....│
|バラモン階級の儀式と祈りによって悟りを開く方法と、苦行によって悟りを開く方法があるけど、          .....│
|前者は主に魔法使いが、後者はアデプトが辿る道よ。マントラやヨーガなどを用いるのはどちらも同じね。     .│
|ヒンドゥーの精霊はアスラと呼ばれていて、獣や、異形の人間の姿をしているようね。                 ..│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

113 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:56:01 ID:yFfR7.pQ

イスラム様式
                                   、_人_从_人__/
                                   _)
 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  汚
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   物
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ  は
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y⌒
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、                   ,ィ
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ             i|l;
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、            ,j|l;;
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ,r、       ,rヾlir'ミ,
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_ ,{i=i= }i、
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,fi、,≡:;イ==、
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;ゞr、_,r'ミ
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l  ,!  ,!,i;;'´¨/
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))、,,:;!、__,:};!_,.、l
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i  r'"ヾ-‐i‐-:;イ, / ヾ
    ,.r'´,ィ'l、   _ィ;;、   、,.ミミ'´ ,;:'´ハ   '´  ,j ,r'  }ミ,r;}ゞ‐'─l:::.i  ,jl
,l:.   ヾ;'´イ'´ト、_  j (_,r'´(`'´`ー'´,ノ  i; l  (`'´ Y´     ,イ≡=‐-ゞ、,r'
キ:.  ,.彡;:、    }ヽ、'´ `   、,;{   ゙レ   ,ゝ'        i;;;:: ,;:li三ミ;}jlK
'i   ,r'"´,;ゞ、_,.イレ'゙、         ,.{ i'   )        ,イ ;;;;;;jk三ミ}゙kiヾ、
一般的なイスラム信者の魔法使いに対する対応

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|                 スーフィズム                                             .....│
|コンセプト:イスラム魔術は神秘主義によってアラーの作りたもうた不可視の力を読み解くことである。      ......│
|                                                                   .....│
|召喚できる精霊:護り、大地、草木、大気、火                                         .│
|                                                                   .....│
|イスラムでは一般的に魔法は悪とされているわ。                                       │
|一部の穏健派の国々ではイスラム神秘哲学とペルシャ・アラビアの様式を融合させて                  .│
|独自のイスラム魔術を発展させてるけど、厳格な所では魔術は厳禁よ。                          .│
|                                                                   .....│
|但し、熱狂的なイスラム聖戦士(ムジャヒディーン)は聖戦のために魔法を身につける事がある。          ...│
|けど、彼らは自分たちが使うのが魔法だとは考えてないんですって。バカみたい。                   ..│
|                                                                   .....│
|また、イスラムの教義上精霊(ジンやイフリート)は基本的に悪しき存在だから、召喚には注意を払うそうよ。   ...│
|ちなみに、いずれの場合でも女性が魔法を使うのは絶対禁止だって。何それ!                   ......│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

114 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:57:59 ID:yFfR7.pQ

カバラー
               spo_px
        HORIZON ,i'゙´ `i、ETERNITATIS
            sephira ヾ!||||lツ prima
             Summa`´ Corona
        SYSTEMA ,ィゞ⌒゙ゝ、 SEPHIROTICVM
        XDIVINO ;i=-ゞ、Kム゙i、 RVMNOMINVM
               ゙i、シゝ、ュィミノ
    Sephira III   _,、-'"ヘミ⊥ゞヘ`゙'-、_  Sephira II
Tntelhgena snt spi/mundw|_|chetypl\ Summa sapuntic
    ,ィゞ⌒'ゝ、/ミ(∵八∵)シ」t!ミ(∵八∵)シ \ ,ィゞ⌒゙ゝ、
  i=-ゞ、Kム゙k'  ミ(∵)シ   | |   ミ(∵)シ  ゞ;i=-ゝ'ヾム゙i、
  ゙l、シゝ、ュィミノニニニニニニ ニニニニニニ゙l、シゞ、ュィミノ
   ヾミ⊥ゞ'゙   ¬     ! !    Dalrth    ゞミ⊥ゞ'゙
     |f| i、゙i、   TabulnZi |_| MoiaicaSs   / / | |
     |(| i、゙i、   ,ィr=-、  |)| ,ィr=-、     /f/ |t|
     |t|  i、゙i、  iミニ=   |(| iミニ= i   ,/t/   | |
  sephi! !raV i、゙i、 !ミニ= i  ! ! !ミニ= i  ,/ /seph!_!IV
     |_|    i、゙i、└=-= |f| └=-= ,/_/     |)|
  Time| |Swng ゙i、゙i、LrxMoyi| | Vmbra / /mrsba,| |Megaihi
┐ち,ィゞ⌒'ゝ、  ゙i、゙i、 Lrgu ! ! atem / /   ,ィゞ⌒゙ゝ、 ┌
i | i=-ゞヾム゙l、   i、゙i、Tith ! ! @ ,/ /   ;i=-ゞ、Kム゙i、|A
giニl、シゝ、ュィミノ ニニ ニニニ ニニニ ニニ ゙i、シゝ、ュィミノニ i
t|   ヾミ⊥ゞ'゙ Mundw゙i、゙i、 ヾ゙! !   / / Orbiumゞミ⊥ゞ'゙  |s
┘   |_| \_\   ゙!、゙i、 | |  ,/)/   /_/   |_|    └
     |f|   \_\  ゙!、゙i、|_| ,/ / _/_/pold  |)|∪
‐┐  」 !nullpo ゙\_\ ,ィiゞ⌒'ゝ、/_/        |(|  ┌‐
pt ニニ|t|        \i=-ゝ'ヾム゙i/raVI      | |ニニpra
‐‐sephi! !        _/l、シゞ、ュィミノ_\        |f|vsr└‐
     | |VIL   _/f/ ヾミ⊥ゞ'゙ \_\     | | a VII
    ,ィゞ⌒'ゝ、/_/yAim  」 !       \_\_,ィゞ⌒゙ゝ、♂
 ♀i=-ゞ、Kム゙i/ O Samnt|_|   @ Pr_\;i=-ゝ'ヾム゙i、
  ゙i、シゝ、ュィミノニニニニニニ ニニニニニニ゙l、シゞ、ュィミノ
    ヾミ⊥ゞ'゙\_\ Mundw |f|Elemraum/_/ゞミ⊥ゞ'゙
       ゙!、゙i、 \_\Rinm _! !hindan/_/ / /
         ゙!、゙i、   \_\,ィゞ⌒'ゝ、/_/   /f/
          ゙!、゙i、   ヽi=-ゞ、Kム゙l/   / /
            ゙!、゙i、Ara゙l、シゝ、ュィミノ   ,/_/
             ゙l、゙i、temヾミ⊥,ゞ'゙rypu/t/
              ゙!、゙i、     |)|     /(/
             ゙!、゙i、,ィゞ⌒'ゝX/ /
                 ゙!、i=-ゝ'ヾム゙i/
                 ゙i、シゞ、ュィミノ
                ヾミ⊥ゞ'゙
                   3
カバラーの世界樹、セフィロトの樹

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|コンセプト:セフィロトを辿る事によりカバリストは己を啓発し、高次の存在へと至る                  .│
|                                                                    │
|召喚できる精霊(憑依形式):大気、大地、火、水、労役                                ......│
|                                                                    │
|カバラは西洋で最も古い魔術の1つね。ヘルメス魔術を始め、多くの様式がその要素を取り入れているわ。    │
|セフィロトの神秘的なヘブライ文字によって記される「真の名前」を解き明かし、                  ......│
|同時に真理を解き明かす事によって世界の秘密に迫り、自らを高次の存在へと昇華させていく・・・         │
|ごく砕いて言うとそんな感じね。                                                 .│
|                                                                    │
|彼らにとって精霊とはエロヒム、つまりセフィロトの真理そのものが霊的な力を持った存在であり、       ......│
|当然実体がないために、物質世界に呼び出すには何らかの入れ物を用意してやる必要があるのね。     ....│
|その中ではゴーレムが特に有名ね。                                              │
|ちなみにカバリストは現代的な世俗派と、ユダヤ原理主義の超保守派の2つに大別できるそうよ。        ..│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

115 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 20:59:55 ID:yFfR7.pQ

五行様式
                 |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|   悪霊退散!悪霊退散!
                   |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|   怨霊もののけ 困った時は
                     |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|   どーまんせーまん どーまんせーまん
                 |_;:_;:_;:_;:_;:_;:_;:_;:_!   すぐに呼びましょ 陰陽師!
                 |;:_;:_;:_;:_|_;:_;:_;:_;:」      死してなお この世に未練
                 fT 、_ `"'''"´ _,.゙!}       残せしは 魑魅魍魎と
    r―、-、          tj、 t苙、 ,ィ苙ア lノ       成り果てる その悪しき血を
    ',  ヽ ヽ         ',':,   ,! l、  ,イ       清めるが 陰陽の道
     l   !"´!         ヾ! ,.ィ竺t:、 リ
    l   l  l         人.'´三`' /l          f'^i-、__
    |   |  |,. ―- 、_r≦´、、 `'ー' " ト、       {゙ヽ丶ヽヽ
    |   |_|_::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ丶、、ヽヽー-、_  ヽヽ丶ヽヽ
    |  /   i\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶.`'=┘::}:::::::`,==、! ,l_.l,..ヽヽ、
    ト、_.|    l / ̄`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー-一'::::〈::ヽ ゙',   、_ ',
    ノ  `'ー‐(⌒ヽ ノ l::ヽ:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ ゝ -‐ァ
   ,! __,,.. -r-、`'ーr'´ ノ、:::ヽ::::::::l!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾヽ   ;'
    l       ヽ_,.ノ  /::ヽ}::::'i,::::::|l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ丶、_,. -‐
   {  -‐' ´ ̄ソ  /::::::::::::::::|l:::::||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l!:::::::::::ト-
陰陽師 矢部彦麿

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|コンセプト:陰陽五行思想に基づく儀式と技巧を用いて気を操る                         ...│
|                                                                │
|召喚できる精霊:火、大地、草木、水、導き                                       .│
|                                                                │
|五行は中国を中心にして広まっている魔術様式よ。上では陰陽師を例に挙げているけど、         ...│
|本場で一般的なのは「巫仙(ウージェン)」と呼ばれる魔術師・・・要するに道士ないし仙人の見習ね。    │
|木火土金水の五色の気を練り、あるいは混ぜ合わせて魔法的な効果を発揮する技術が五行よ。      .│
|                                                                │
|ウージェンは天帝の宮廷に請願し、その官僚機構を動かすことによって精霊を召喚するわ。        ...│
|やってくる精霊は、要するに官僚機構の下っ端、天の水道局の作業員だったり、                .│
|税務署の徴収担当だったり、あるいはお巡りさんだったり市役所の窓口担当だったりするのよ。      ..│
|身も蓋もないけど、五行ってそう言う思想なの。                                  ......│
|                                                                │
|なお中国系の企業では西洋系企業のメイジに相当する立場をウージェンが占めていて、            │
|最近では西洋系の企業もウージェンを雇っているとか聞くわね。                         ..│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

116 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:02:15 ID:yFfR7.pQ

ゾロアスター様式
                              ,..'.,
                        , , ,..-..'.':::::::::'.,
                  , , ,'..-..-_',r‐ 、:::::::::::::::',',',','
                  ',::::::::::::::`..ー'´:::::::::::::,',' ' ' '
        , , , , ,         ' ';:::::::::::::::::::::::::::::'.‐'..'..,
      ,...'::::::::::::::::::.'.-.., , ,    ,.':::::::::::::::::::::::::::::,',',', ' '
. , ,...-.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'..'.-.'::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::',
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'   ' ' ' ー'
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
::; - ‐ ' ' ' ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
        ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'...,
        ';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
          ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'
           ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
            ' ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
          ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'
                ' ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'                          ,...-....,
             ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,                     , ,.-..'.´:::::::::; - ',.,
             ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'...,                    ,':::::::::::::::::; '     '
                ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'..,                 ,'::::::::::::::; '
             ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'...,             ,..'::::::::::::::;'
.'....,             ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'......,          ,.':::::::::::::::::::',
:::::::::'....,        ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'...-....., , , ,..-.':::::::::::::::::::::::::',
  ;::::::::::'...,      ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.-...., , _ _
    ' ;::::::::::::'..., _ , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,' ' ' -  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.'....,     ' ' -  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::;:::::::
     ' ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'...,       ' ;:::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ' ´    ' '
最も暗きゾロアスターの精霊 アンリ・マユ

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|コンセプト:ゾロアスター教の魔術師マグスは善と悪の究極の戦いに参じ、理論と霊魂の清浄さをもって力を行使する     .│
|                                                                           .│
|召喚できる精霊:護り、火、大地、水、人                                                  │
|                                                                           .│
|ゾロアスターはアボリジニやその他の原始的なシャーマニズムを除けば、最も古い魔術様式よ。               ......│
|キリスト教も、カバラも、そしてヘルメス魔術も多かれ少なかれこれを元にしているわ。                       .│
|ゾロアスターは理性をもって善に参じる事を説いており、マグス達は善悪の戦いに身を投じるためにその力を磨く。     ..│
|様式そのものは原始的なヘルメス魔術といった案配だけど、そこに明確な目的意識があるわ。                 .│
|                                                                           .│
|マグスの召喚する精霊は天使ないし悪魔で、それにより彼らは常に堕落の危険性に晒されているわ。              .│
|でも彼らにとってはそれも試練の1つなのよ。                                               .│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

117 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:04:11 ID:yFfR7.pQ

直感力を用いる様式

ヴァジラヤーナ仏教(チベット密教様式)

                i!              i|
                |i,             ,i|
  /i             |ii,            ,ii|               |.i,
  i' |i ゙ヽ、,            |li,          i'l|          ,,ィ'  ノノi,
  i ゙i,i,   ゙ヾ、,          ||i!         | li|        /''´  // .}
  { ゙ii,     \\      jl |_,,,r-‐''个''‐-、,_,| i i      //   // ,i'
  i  ヾ、.     ヽヘヽ   ,,rッ' j.ハ,          / i i弋、    //   //  /
  ゙i,  ヽ\    ゙i,ヽi,_,r'''∨//_ ゙i,      / ,ハ i, 仆,  /.//   //  /
  ゙i,  ヽ\   ゙i, i゙i,'ヾ〈.〈〈 ))i,     / r))i 〉 〉'゙i,/ //   /"  /
   ヽ,   ヽ\   i, i i,  i ゙l i,((ヽi,,,r─‐v' ))'シ // / //  /'"  ,ィ
     ト、   ヾ\. ハヾi, i ゙i,゙i,ヾ,シ/√i、゙、((ノ/ // .ノ / i' /'"  /|
    i, \   ヾメ ゙i,ヽ\} ヽ Y´ i" ハ } 乍‐' /厶' ノシ/"   / /  私は神にも等しい存在・・・さあ、
    ゙i,   \ r-、「i  \ヽヘ,_゙'''}. | {  } | ├‐'.ノ-、'//Yノ|  /  ./   土下座して頭をすりつけこの私を拝め!(黒歴史)
     ヽ、  ゙'i,=、ヽ、/ ゙'ニ、ヽ,|,=゙i,゙''''"/=!,/r‐''''く,,r''"、厶″  ノ
      〈\  i,((ゝヽ,,/iH:::::トi::i, ))─'))/仆、:~ヽ/(('''/  ,,,r'〉
       ヽ ゙ヾi,ヾ、,, { ヾ、\{゙''ヽ,=' ゙='/"ヾ‐゙'ヽ} ノノ/,,,r‐'"/
       ヽ   ゙i, ))゙i, ミ三三ミ└─、‐ヾ三彡 j i( /'"  /
   _,,,,,,r‐‐''"~゙ヽ、,i,ヾ))\         i ヾ::゙i  ///)ソ,,,r-‐';;::::゙ヽ,、_
_,r‐'":::::::::::::;;;r-‐'::::,r=、 i iヾヽ、    ...i  }:}/" i } /ヾ、:::::::::\、::::::゙ヽ、  _,
゙'''ヽ、,::::-‐'':::::::::::::/(('/\ヽソ ヾi   ゙″ ノii´ {ソ,,仆ノ,ハ::::::::::::::\ヾ,,,r-‐''"
    ゙'ヽ、,,_:::::::/ヘi ゙ヾ、,_\  i|  ー=‐  |i  /,,r='//゙i::::,,,r‐''''"~´
        ゙'ヽi ゝr=、 ゙ヾ,\,_{、  ゙‐   ,i,,r'/" ii/゙)) |'ヘ
          ゙i, (( i!}  i}   ゙ヽ、,,__,,r'″ i{   .|{シノ .|,/
          ゙i, ゙ .{{ヾi, .ii,          ii ((ヾノ   レ
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_゙i, ヾノノ,、ii         ii ヾ、〈  /,,,,,r---──''''''''''"~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙'i,  {レ' }゙'ト、,     _,,,r┤ハ''ヘ、  // ̄
           ヾiレ/ / ,ハ ゙''ヽ、,r''"  .j∧ ゙i, ゙\{ i
             / i' ./ / .ハ、,,,,,,,i,,,,,,,,,,ノ゙i, ゙i, i, ゙i_,}、
          _,,,,,/-/,_i  | .i' ,r=、 ̄,r=、, i,__i,ノ゙i'^i ゙i、
    _,,,,,,,r=‐''"~ /,、i~/ヽ,メ,,ノ}((⌒)) ((、)),ri  ゙i_,,,レ‐i"}─-、,,,,,_
,,r-‐'''~       {´Yヽr-,i,,_ i_ヾ''')) irヾ' iハ ,r'゙i, }、-‐}    ̄ ゙''''''─=
           ├メノ、,,i! ゙} i゙ヾ=ヾvヘ=ノ ├ヽ‐''~´  |
神に最も近いと言われた男 シャカ

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|コンセプト:悟りとは自らの昇華であり、その道程において魔力は悟りに至る手段として発現する                 ....│
|                                                                          ......│
|召喚できる精霊:大気、導き、大地、火、水                                                 ...│
|                                                                          ......│
|ヴァジラヤーナ様式は密教、タントラと呼ばれる仏教の一部宗派から生まれた魔術様式よ。                   ......│
|彼らは衆生を救うよりも自らが悟りを啓く事を目的としている上座部仏教の徒で、魔術を修行に取り入れ、           ....│
|滝に打たれたり経を読んだり禅問答を行ったりするように魔術を研鑽して悟りの道に近づこうとしているの。           .│
|                                                                          ......│
|彼らはしばしばマントラ(真言)を呪文として詠唱しなくてはならないという制限を自らに課しているわ。              .....│
|そして彼らの導師精霊は、想像は付くでしょうけど仏教の仏達よ。                                    .│
|                                                                          ......│
|この様式はチベットで一般的だったけれども、2070年現在、チベットは謎の霧で閉ざされており、鎖国しているわ。      ......│
|けれど同様の様式はインドから日本に至るまでの東アジアに広まっていて、アメリカでもかなり拡がっていると聞くわね。   ....│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

118 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:05:57 ID:yFfR7.pQ

ドルイド様式

               _.,、-ー:.':."::¨::'::-.、.
              /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;:::::::::',
          ,'::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::/ヘ;::::::::::::',
          l::::::::::::il:::::!::i:::::/!:::::i::l::::l  |:::i::::::::i
          !:::::::::::il:::::i::il:::iハ:::il:!l::::|   |::::l::::::::l   私はこう見えて、太古のケルトの衣鉢を継ぐ術者なのです・・・
          ',::::::::::i:l::::|辻≧tf」l|/リ!|  /_/:::il:!:!   なんですか、その疑わしげな目は!?
           ∨⌒i!ヘ:|弋;;シ´`"` レ'/ソノ::://ノ
            }{ヾ.ソ ヘ!       trッ/ソノ
            i|ヘヘ          ′/ソ
            /!:::::i i`      // /
            //!|:l」  \   ー' /i i
              7''-、_  ` ー ´  l」
              ,、く    `ー 、_ |ヘ
            /i:::::ヽ       /´∨ヘ>、,_
      _.,、-"´:::::l::::::::::ヽ.   ∧;;;;;;;ト∧:::ヘ:`ー-,ー..、
    ,:´::`:::、::::::、::i::::::::::::ヘ / \;;入∧:::::ヘ::::::i::::::::'.,
ケルティック・ドルイドの一派フラガ家の跡取り娘 ダメット・フラガ・マクレミッツ

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|コンセプト:司祭であり、神秘の使い手であり、哲学者でもあるドルイドは精霊と人々とを取り持つ仲立ちである        ......│
|                                                                          ......│
|召喚できる精霊:獣 水、草木、大気、大地                                                ......│
|                                                                          ......│
|ドルイドは自然を崇める者達であり、ケルトの神々に仕える司祭でもあるわ。                            ......│
|自然、彼らの導師精霊はケルトの神々や英雄になるわね。                                       ....│
|                                                                          ......│
|彼らにとって神々は自然の諸力の現れであり、自らの守る地は崇めるべき神体そのもの。                    .....│
|彼らは祭りによって人と自然の間を取り持ち、レイ・ラインやストーンサークルを守ることを聖なる責務としているわ。       │
|新米のドルイドはこうしたドルイド達のグループに参入する事によって魔法の力と責務に目覚めるの。              ...│
|分派としてより自然に近いワイルド・ドルイドと、より学術的なイングリッシュ・ドルイドが居るけどそっちは省略するわね。     .│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

ウィッチクラフト       ヘッジウィッチ
魔 女 術 あるいは垣根の魔女

                  _,,.. --、
                 ,..::''"´::::::::::::::;::\
         |`'ー‐--<:::::::::::::::::::_;;:: -‐ ''"´ ̄`7
       ,'  、_   `ヽr‐r'"´  _     /
     __/  _,,..>=-‐'─'─-<..,,_     ,!>
     }>''"´::::::::::::_;;;;:::::;;;;;__::::::::::`"'<./
    /::::::::::;;::-‐'"´        `"''ヽ;:::::::::`ヽ.
   ;':::::::::/´ ,' /    i   ! __! イ   i\::::::::::::\   え? 戦闘向きだからAA選んだって?
   `ヽ、:!  i  | メ_ ハ   ハ_」,_ ハ   '.,  Y:::::::::::::>
       )ヘハ !/7´ハ' |/ '´i´ハ`Y!   )  ',:::::/
          ,ハレ7! iソ    !___ソ ノ! /    V
       / ,/''"  '      "'' ,レ')ノ   ,ハ
      ノ  ハ、   ー-‐-'  u ノメハ   i  / i
     (   /  レ\      ,. ィメノ  ハ   ノ
     `ヽ!/`ヽ),ノ`'iァ-r   /メノ>-ァ‐-、ヘ(
魔女 霧雨魔理沙

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|コンセプト:自然界の力と、古来より女性が持っていた神秘の力を、古典的な魔女の術によって発現する            ....│
|                                                                          ......│
|召喚できる精霊(憑依):大地、水、草木、大気、労働                                           ...│
|                                                                          ......│
|この様式に従うのは、そのものズバリの魔女よ。村の外れないし森の奥に住み、占いや医療によって生計を立てるそれ。    │
|彼女らは医療の徒であり、未来を見透かす占い婆でもあるわ。大釜をかき回す魔女は、薬を作る薬剤師なのよ。         │
|「垣根の魔女」というのは生死の垣根の上に立ち、人を癒したり殺したりする様を表現した言葉なの。                .│
|                                                                          ......│
|彼女たちの呼ぶ精霊は死者や動植物の霊だったり、悪戯好きの妖精だったりするわ。                      ......│
|こうした精霊達は実体を持っていないから、護符や箒などに封じて自らの力にするの。                         │
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

120 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:10:04 ID:eJzZT2RU


ダメットwww




119 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:08:53 ID:yFfR7.pQ

ウィッカ
   :::::::::::::::::::.:.:.: : : : :
   :::::::::::.:.: : : :                           _ ,. -‐┐―
   :::::.:.: : :             __  - ――:.:.: ̄:.:.リ.:.:.:.:.:.:.:.:|
   -- ― ―┐―:.:.:.:.:.  ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:/:.:.l:.:.: /!:.:.:.:.:.:. : |
           .!:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.::|:丶:.:.:.:.:.:.:.:./,.|/― |:-ス |: : : : !: :.|
          |: : l :.:\|:.|, \"| ̄ \ : : :,' /,ィ=l:〈、 !: : : :.| : :l
          | : :l : ::.:.:!リ  ,ィ=ッ、i! \ | i!.イ ! ):::ムヾ l: : : :.:!: : l
          l : :! :.:\| ,/ ! )::::ム ゙      弋 -' ,! ノ! : : :.:l: : :|
           ! : :! : : :.:|. 〈 弋 -'.ノ l! _ l!  `¨´  !: : : : !: :.:|
             ! : :! : : : :l   `¨´ _l!´  `L   ― l : : : : ! : :.!
          l : :.! : : : :.!ヘ ―      !        l: : : : :.! : : !
          | : :l : : : : l:.:.ヘ        ` _,       l : : : : :l : : l
          | : :| : : : : |:.:.:.:丶    ` ̄      /:.|: : : : : | : : |
          l : :.!: : : : :|:.:.:.:.:.:.> .       ,.ィ:.:.:.:.:|: : : : :.:! : : |
             !: : !:.:.:.:.:.:.!:.:.x ‐ 、:::} ` 、  ィ  {:ノ:ヽ|:.: : : : :! : : l
          リ: :!.:.:.:.:.:.:!/ :.:/⌒|     ´   |\::.:| : : : :丿 :.:リ
         _ >ソヘ:.:.:.:.! ::l/`丿        ヽ ヽl : :/丶: :/
     ,.  "´......:::::{ :::: ,'\:| ::| _            !  レ´ ..::. ∨
   /  .:::::::::::::::丶∧  .:::::ヘ  ̄ ヽ   ,. ― -l/ ..:::::::: ノ::`丶
  /   .::::::::::::::::::::. ! ::\  :::::::'.,          /  ..::::: / :: / ⌒丶.
/   .:::::::::::::::::::::::::. ヘ ::::\ ::::::ヽ/ ⌒`\ ./  ..:::::::. / .: /  ..::::::.. \
ウィッカン(魔女) 穂波・高瀬・アンブラー

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|コンセプト:古来ヨーロッパに存在した多神教的な信仰を復活させ、それを現代的な解釈によって行使する   .│
|                                                                    │
|召喚できる精霊:火、水、草木、大気、大地                                          │
|                                                                    │
|ウィッカは古来の豊饒の女神の信仰や自然崇拝、現代的な神秘主義を混ぜ合わせて誕生した          │
|言わば神秘哲学とも言う物で、「新異教主義(ネオペイガニズム)」という運動の流れをくんでいるわ。       .│
|日本ではウィッチクラフトとよく混同されるけど、西洋で研究される「魔女術」と言ったら大概はこれの事よ。  .....│
|                                                                    │
|ウィッカは無数の派閥が存在するんだけど、その中でも2つの大きな流れがあって、                ...│
|1つは古来の自然信仰に近い女神派、もう一つはより近代的なガードナー派。                    .│
|上の人はアカデミックに学んだみたいだし、多分ガードナー派かしら。                         .│
|女神派は感性を重視するんだけど、ガードナー派は理論を重視して、論理力で魔術を行使するの。      .....│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

121 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:11:03 ID:yFfR7.pQ

魅力を用いる様式

シャーマニズム

                           _,..-‐''"´  ̄ ̄ `゙゙''ー- .,,,____
                           ,.-'"               - 、゙ニニ==‐
                       /                    ゙ヽ、゙ヽ、
                      /           i i i i、        ゙ヽ、\
                     /    /        l | | | ゙!゙!、ヽ     ヽヽ, ヽ
                    /   / /  /      //! .!| !. ゙i lヽ,ヽ  、   ヽヽ ゙i,
                   /   / i  /      //_i /_!|_r、,l |-゙、゙i、 ゙! ゙i  ゙i. ゙、゙i___ ,
                    //  /   ! /      // // l 「U´i |  ゙i゙!゙、 .! !  | |i |/
                 //  /   |i     / //_,〃_ i/   .!|,.-‐゙i!''i | |  | iレ!|
            ヽ─=='==--'- .,||   i_,ブ/ /   `/     i!_,.ィ;┬,|''i .!| ,' / i!   やったっ!
             `ヽ、,._ ヾヽ`''iー、゙i, -‐i '__,,.ィ''゙;;;:Tヽ'    ' '゙-- ' |/! /| / /     初大ゴマ!
               //゙'''- .,_‐-`-、 ゙、  i、  `゙ー''"      i    /|i,イ //
                 〃  // .i`゙'''- .,,_ヽヽヽ,、          ヽ,    ハ |´
              〃   〃 /  / ノ /::i゙iヽ、ヽ、_            /    /.| `
               /   /_,.ノ,..-'ノノ/::::::ヽヽ::ヽ        ー-‐ '  ,/ i |
          __/__,..-─へニ三'"ノ::::::::::::::ヽヽ,. \         /、 /|
         / へヽ、'"´.:.:.i.:.:.:::::`ヽ、ヽ::::、::、:::::.:.:ヽヽ, ゙ヽ、   ,...、_,/,.|,Lヽ'___
        ///´   ヽ,ヽ,.:.:|゙i.:..:.:::::.ヽ;.:.:::::::ヾ、,.:,.=、v`─'‐'─‐ァ‐'''''''''フ''''二二つ ゙ヽ,
       ノ//      ヾi,::ヽ;::::::::::.:.:゙i:、.:.:.:::::::|i.::/       'ー''"´/ ̄___.     ゙i
      r'/;;i       ゙、゙!:::::i.:.:.:.:::::.:.|.:゙、.:.:.::::::V     ヽ    / /____ ヽ,,,,.-  |
      |l;;;/l        ゙i,::::|.:.:i.:.:.:..:.|.:.i゙!;::::::::/     |゙''┬-`-'"´i |  |iヽ ヽ,  .!
      |l;/ .!         l,.::i::::|:::.:.i.:.:.:.:i|.:.:.:::,'     .!:::://;ィ:::i::i_/   !|  `'''  |
      ||!  i         ゙V;;;:;i;;.:.ノ_.:.:/_ヽ,_/     l、_/,i/ィレ=/     |     |
      i;|   ゙i,          ゙、-= '´゙iV/.:.:`/      |7‐'".:.:|/::/      .!      .!
      ∧i,  ゙、          ゙、::.:.:.:〃.:.:.:.:/      .!.:.:.:.:.:.:.゙ik'      |      |
     ./i.:.:゙i,   ゙、         ゙、/'.:.:.:.:.:/        |:::::.:.:.:.:.:.:i゙!       !      |
    ,' i.:.::::::゙i,   ヽ,          ゙、:::::::::.:./      |:::::::::::.:.:.:.l i|       |       !
エルフのシャーマン ディードリット

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|コンセプト:大地や、その魂の具現である精霊と絆を結び、力を貸し与えて貰う。                        ...│
|                                                                         .│
|召喚可能な精霊:獣、水、大地、大気、人                                               ...│
|                                                                         .│
|シャーマニズム、つまりシャーマンの様式は大自然の精霊と交感し、その絆から力を引き出す魔法使いよ。        ..│
|ネイティブ・アメリカンのシャーマンが群を抜いて有名だけど、同様の魔術様式は世界中に存在するわ。          ...│
|日本の神道だって、系譜的にはシャーマニズムの一種なのよ?                                 .....│
|                    ストリート                                                  │
|その中で特筆すべき存在として、『都市のシャーマン』と呼ばれる人達が存在するわ。                     ..│
|古来シャーマン達が交感してきた山や森、湖とその精霊達ばかりではなく、                            .│
|人の作り上げた都市とそこに住まう精霊達もまた、彼らにとっては生命と魔力の循環する大自然であると言う事ね。   ..│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

122 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:12:56 ID:yFfR7.pQ
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::|ii|:.:.:.:.://::::/;;;;|;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;;| ';;;;;;;;;;;;;;;;;';/!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::/:.:.:.:.:.:
!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::|ii|::::::.:.ヾ;:/;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;ハ;;;;;;;| ヽ;;;;;;;;;;;;| ヾ;;;;;;;;;;;;;;', ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:.:.:.:.:.:.:
ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:::::::::::ヾx::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;i!;;;;;;;;;;| l ;;;;|  |;;;;;;;;;;;|-─ヘ;;ハ;;;;;| ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:.:.:.:.:.:.:.:.
 ヽ:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.|::|\/!;;;;;;;;;;;;;;;;|_!;;;;;r、|-、ヽ;|  |;;;;ハ;;/ , ,x===ミ、 |;;;;;;;;;;;;;;;;;;|\:.:.:.:.:.:
   \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\!;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ;;|__   レ′ / / ,、-‐-、 ヾ、.!;;;;;;;;;;;;;i! |  \:.:.:    168がディードリットさんか
    ヽ:.:.:.:.:.:.:./::__/|;;;;;;|;;;;;;;;;;i!;;;;| /,、--.、\       i!f三三]i .|! |;;;;;;;;;;;;!;|;!   \    M4戦車かで随分迷ってたって
      \:./ ̄/:.:.:.'、;;;;|;;;;!;;;;|ヾ;| i|. lf三三]i          ヾ==='′  |;;;;;イ;/レ_        姉様が言ってた!
          \:.:.:.:.:.'、;;ヾハ;;;ト、  ヽ'ヾ==='′         ' ' ' '''   |;/|.|! /:.:.:.:.\
            └z_ヾ;;| ヾ|    ''' ' ' '     ..:::           |/|:.:.:.:.:.:.:.:\
        .        /:.:.:|  ヽ          _,,,,.........、       /;;;;∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             /:.:.:.:.:.:.\  '、       「       |      .//;;/:.:.ヾ 、:.:.:.:.:.:.:...
            /:.:.:.:.:.:.:::/ |:.:.ヽ-'、        |      .:l     ,.';;i!;/:.:.:.:.:.ヽ \:.:.:.:.:...
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| .|:.:.:.:.:.|;;;ヽ      ヽ     ./     ,..';;;/' |:.:.:.:.:.:.:.:|  \:.:.:.:....
        /:.:rっ:.:.:.:.:.::::/ .|:.:.:.:.:.:ト、;;;;;\     ヽ _/   .,イ!;;;/  |:.:.:.:.:.:.:.:|
       /:.:/_.<:.:.:.:.:.:.:.:| .|:.:.:.:.:.::| \;;;;;;`、-、         ,イ| |;;;/  .|:.:.:.:.:.:.:.:|
       / ( (:.:.:)):.:.:.:.:./ .|:.:.:.:.:.:.:|   \;;;;N | |`l.┬┬┬イ| | |/ ヾ! /`ヽ、:.:.:.:.|
      (:.:.::V:.:.〃:.:..::.:/  |:.:.:.:.:.:.:.|    ヾ .ト斗 |..::|..::|..::|:| |/   V三三三\/__
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .|:.:.:.:.:.:.:.:|     /\!_ `ヽ、|,,;;|,,;;|/  /三三三三/:.:.|:.:.:.:
                 \:.:.:.:.:.:|   _ノ三三.\       /ニ三三三三/:.:.:_|_:.:.:.:
                   \;,;,ノ_/三三三三ニ\     /ニ三三三三/:.:(o0o):.:.
                   ,、 ':.:.:.:.:.:.|\三三三三三`ヽ、._/三三三三/:.:.:.:.:..`7´:.:.:.:.
                  /:.:.:.:.:.:.:.((ソ):.\三三三三三../三三三三/:.:.:.:.:.×メx:.:.:.:.:.:....
                _/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:_.:.\三三三三/三三三三/:.:.:.:(爻爻爻):.:.:.:.:.:...
アイヌのシャーマン リムルル

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|そして、特筆すべき事として『覚醒』後に世界で初めて魔法を使ったのはネイティブ・アメリカンのシャーマン達だったわ。     .│
|彼らの『交霊の舞』は竜巻を呼び、火山を噴火させ、地震を起こして合衆国をついに屈服させたの。                │
|今北米の大部分を占めるNAN(アメリカ先住民部族諸国)はまさしく魔法によって建設された。                    │
|それは第六世界の『覚醒』を象徴する出来事だったわ。                                           .│
|                                                                          ......│
|    グレート・ゴースト・ダンス                                                            .│
|そう、『大いなる交霊の舞』のシャーマン、                                                  ...│
|"ハウリング・コヨーテ"ダニエル・コールマンの出現が全てを変えたのよ。                               ...│
|                                                                          ......│
|彼が魔法の力に目覚め、信者達と共に先住民強制収容キャンプを脱出したその時、                         .│
|奇しくも地球の裏側ではグレート・ドラゴン『龍冥(リュウミョウ)』が                                   ......│
|富士山の山腹を突き破って数千年の眠りから目覚めていたわ。                                      .│
|奇妙な符合だと思わない?                                                          ....│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

123 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:14:51 ID:yFfR7.pQ

アボリジニ様式




                  大地は常に、夢見ている



_____     :::....,,,,           """"        :::...,,,,
〈 ノ |::::j\           ゞ:::::::....                            :::....,,,,
;;ヽソ::::.〉 l .|""''--=_          ____,,....--=''''""''''=--、....,,,,_         :::....,,,,
::::| | ( ` .L:::: :::::| l ̄""'''==--'''"" ̄i:::ヽl/:::: .〈J  |::::l|| : |  .||:: ::::.|::::.i \...,,,,_  ___
::::|:〉 |||  |ll:::|::: ::l:::: lll  〉::: ::::::ヽ |::::``---== | :::::::: |::::::::::::|::.:J  |::::l|| : | :::: ::''""'';ヽソ::::::〉
::::〉::: :|||:::: l: ::::`i:::ヽl/:::: .〈 ::.:J  |::::l|| : | :::: ::::|::::::::::::|::::\::::| | ( ` .L:::: :::::|:l|| : |::::|::::::::::lli
::::||  .||:: ::::.|::::.i |:: :::|::: ::: |:::: i:::: |::::|ll  .| .::::ill |:::::::::::|:::::::: |::: ::l::::::::lll:::: 〉::: ::::::ヽ |::::``---== |
::  |::::::::::::| \::::| | ( ` .L:::: :::::|:l|| : |::::|::::::::::lli:::|:〉 |||:::: |ll:::|::: ::l  lll  〉::: ::::::ヽ |::::``---
|:::::::::::| :::: |::: ::l ::::lll  〉::: ::::::ヽ |::::``---== |::::||  .||:: ::::.|::::.i |:: :::|::: ::: |:::: i:::: |::::|ll  .| .::::ill |
;;;;; ;;;;;l;; ;;;;; ;;;i;;;i;;;l;;;;;;;l;; ;;;;i l;;;;;l i;;; ;;|;; ;;;; ;;;;;li;;;; ;;;l;;;;;;;〉;i;;;;; ;;;i;;;;;;;;l;;; ;;;;;;;;;; ;;;; ;;;i;;;;;;;;; ;;;;; ;;l;;;;;;;;;;; ;|;;;;;; ;;;
;;;;;;;;;lli;;;;|;;〉;;;;;|||;;;;;;;;;;;ll;;;|;;; ;;l;;;;; lll ;;〉;;; ;;;;;ヽ;;;;;|::::::;;;;;; |::::::::::::|;;;;;\::::| |;;;;;(;;;;` .L;;;; ;;;;;;;;;;|;l|| ; |;;;;|;
;;;;;l;;; ;;;;;;;;;; ;;;; ;;;i;;;;;;;;; ;;;;; ;;l;;;;;;;;;;; ;|;;;;;; ;;;;;;; lll ;;〉;;; ;;;;;ヽ;;;;;|::::::;;;;;; |:;;; ;;;i;;;i;;;l;;;;;;;l;; ;;;;i l;;;;;; ;;;;; ;;l;;;; ;|;;;;i;


┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|コンセプト:「ドリーム・タイム」と原初の精霊に呼びかけ、大地と交感する事で物質界を改変する                   ...│
|                                                                            ....│
|召喚可能な精霊:獣、大地、草木、導き、大気                                                  │
|                                                                            ....│
|アボリジニとそのコラジ(伝承者)達が伝えてきたこの魔術様式は、恐らく現存する最古の魔術様式ね。               .│
|ドリーミング                                                                       ...│
|「 夢 」という独自の概念を持っているけど、これはいわゆる夢の事じゃないの。                            ..│
|太古、世界創世の前、この世界は全き無だった。                                              .....│
|その無の中を動物の姿をした精霊達、天より降りてきた人の姿をした英雄達が闊歩し、                        ..│
|その闊歩した後に世界が形成されたというのが彼らの創世の神話。                                     .│
|                                                                            ....│
|この世界を形成した力、そして形成された世界そのものが「ドリーミング」。あるいは「ドリーム・タイム」。              .....│
|そしてドリーミングは今でも続いているし、生きている。                                             │
|よくわからないんだけど、凪いだ水面に波紋が広がるような物なのかしら。                                 │
|色々な波紋の重なり合った上に私達が居て、その波紋一つ一つが世界の法則であり、世界そのものなんじゃないかしら。    .│
|そしてその波紋を起こした原初の精霊達は、今も「ドリーム・タイム」という場所でこの世界との接点を持っている。         .│
|オーストラリアには巨大なマナの嵐が存在する。それがまさしく物質界に現れた「ドリーム・タイム」そのものなのよ。        .│
|                                                                            ....│
|この説明から分かるだろうけど、「ドリーム・タイム」は特定の時代の事じゃないわ。                          ......│
|それは時の始まりから終わりまで続く、この世界そのものなのよ。                                    ......│
|ひょっとしたら「タイム」という表現は、私達が存在するこの四次元時空連続体のことを                         ..│
|どうにかして当時の言葉で表現しようとした結果なのかも知れないわ。                                   │
|まぁ、これはとても難しい問題だから、後はそれこそアボリジニのコラジにでも聞いてちょうだい。                   ..│
|                                                                            ....│
|ちなみにアボリジニ様式を守るコラジ達は、普通は自分たちの土地から離れたりはしないわ。                     │
|原初の精霊達がこの世界に再び現れるのを防ぐために、彼らはその持てる力を振り絞っているのよ。                │
|わかる? この世界が水面に起こされた波紋だとしたら、新たな波紋が起こされたとき、一体どうなってしまうのかしら?    .....│
|                                                                            ....│
|後長くてゴメンね。                                                                  │
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

124 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:20:18 ID:yFfR7.pQ

アステカ様式

                \ │ /
                 / ̄\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< あすてかあすてか!
                 \_/  \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ∩∧ ∧∩\( ゚∀゚)< あすてかあすてかあすてか!
あすてか~~~~! >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /
                    ̄
┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|コンセプト:自らの半身たる動物の精霊と交感し、意志を同じくする事によって魔法を使い、精霊と取引する。        .│
|                                                                         .│
|召喚可能な精霊:護り、火、草木、水、獣                                                 .│
|                                                                         .│
|ナワリと呼ばれるアステカの呪術師達は、おのれと魂を分かち合う獣の精霊との交感から力を得るわ。            │
|アステカの考え方では、魂を分かち合う獣の精霊というのはあらゆる人間、それどころか神々にすら存在するのよ。   ..│
|たとえばケツァルコアトルは蛇で、テスカポリトカはジャガー。主神であるウィツィロポチトリはハチドリね。         .....│
|そうした獣がなんであるかを突き止め、その魂を受け入れる事によって魔法に目覚めるのね。                 .│
|それを反映させるため、この様式の魔法使いは必ず半身となる動物を導師精霊としなくてはならないわ。           │
|                                                                         .│
|ちなみにアステカ様式というと鮮血魔法と生け贄の儀式を想像する人達も多いでしょうけど、                 ..│
|殆どのナワリは鮮血魔法を知らないわ。                                                 │
|そう言う闇の技に手を染めるのは、アズトランとアズテクノロジーの支配する神官団が殆どよ。                 │
|                                                                         .│
|ついでに言うと、アステカの神官は全てナワリだけど、ナワリが必ずしも神官というわけでもないの。             .│
|ストリートで自分の利益を追求したり、村で牧歌的に雨乞いなどの儀式をやっているナワリも多いって事ね。        .│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



黒魔術


<    エロイムエッサイム エロイムエッサイム      λ
<    我は求め 訴えたり!                  ;i|l!;
∠                                ,ノノリl!゙;、
  ヽ//ヽ//ヽ//ヽ//ヽ//ヽ//ヽ//ヽ             ノ彡'ミ;ミ;ミヽ、
                                 ,;彡彡彡;ヾミ;.ミ;ミ;、
                                ,/;シ'-‐''"″゙゙`''ヾ;il!゙;
                               iリ'  ,. 、  _   ゙!ソ}
                                   ゙:、/ ・) (・ `ヽ ''6i
                                   i'ー '"、 ,. `ー-″(.ノ
                                 |            ,!
                                :、 ⌒ー'⌒   /
                                  ,r'ヽ、.,,____,,/ヽ
                              /;;;;;|`ヽ、::;;;;;;;_,r';;;;゙!
                                 /`ー, ト、.,,___ /⌒7
                                  !::;;;;;;;;;;__/`ー/
一万年に一人の天才 "悪魔くん"こと松下一郎

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|コンセプト:力の追求のためには手段は選ばない。たとえそれが暗黒の力との契約であろうとも。           ...│
|                                                                     ...│
|召喚できる精霊:火、水、大地、大気、人                                             .│
|                                                                     ...│
|黒魔術はヘルメス魔術の亜流と見られる事もあるわね。実際召喚できる精霊もそっくりよ。                │
|名前からして邪悪だけど、本当の意味で邪悪な黒魔術師はそう多くはないわ。                      ...│
|彼らはただ、目的のために手段を選ばないだけ。その本質は、キリスト教の抑圧に対する反逆なのよ。        │
|神の作ったこの世界の秩序の裏をかき、また強力な精霊との契約によって自分の目的を達成する力を得る。    .│
|それが黒魔術師なのよ。                                                       .│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

125 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:23:00 ID:yFfR7.pQ

キリスト教神秘術

从         ヽ /          ミ,',',',',',','刈
メメ ,ィ '二 ヽ 、    l l   ,ィ'ニ二こ入 ヽ!,',',',',','N
刈〃 ´,ィ ´`ーこュ,.八 ,,〃,ィ',ニ,'ヽ、  .ヽ!,',',',',刈
   /      ヽ ,r==t、/ /´ e `ヽヽ  ヘ,',',',','IV
 r==l        lィl⌒ト l 廴___ノ l==t!,',',',','ト`
./   ハ        / l  l .ヽ 、.,_   ノ  l,',',','从
    ヽ ____ノ l l__l l `ー弋く"     l,',ィ1'`
          l / l  ヽ .l    ヽヽ   Y,r1|
メ         l/  l  .ヽl     ヽ \ミ l/ .l !
刈        、.  !   >       ヽ ヽj メ/
.l刈         ` - - '      ,ィ1 ヽ l //
..l刈:, 弋ー--- ────一 ' "´ レ'  ,;刈//
. 川  ヽ-┼十十十十十─十 ナメ  川ノ!
`ヽ川   `ー------------‐一’  川メl/
 l ヽ川 ` ー -- ─── -- 一 '´. i川/ l
 l  .弌川              川川メ" .l
 l.  ___守川川川川川川川川川メ--、  l
, - '´  `:弌川川川川川川川メ   x ` '-、
      l `下川川川川刈メ"  /      ` '-、
バチカン随一の使い手 「天使の塵」アレクサンド・アンデルセン神父

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|コンセプト:ヘルメス魔術とカバラを元にして唯一神から与えられた魔術の力を教会のために行使する          ......│
|                                                                         .│
|召喚できる精霊:火、水、大地、大気、導き(地水火風の四大天使と聖霊に仕える熾天使)                 ......│
|                                                                         .│
|「神の似姿に関する回勅」によって魔法が公認されて以来、カソリックでも魔法の研究が進められてきたわ。         .│
|基本的に魔法は神の奇跡とは別物、神と教会のためにのみその使用が許される、というのが大まかなスタンスね。    .│
|                                                                         .│
|ただ、奇跡ではないけども神から与えられた力と定義しているから、その辺はややこしいわね。               ...│
|特に治療魔法の場合なんかは天使や聖霊、あるいは唯一神その人に祈る事もあるみたいだし。              ...│
|                                                                         .│
|後、精霊の召喚は信仰上の問題に触れる恐れがあるので、基本的にはやらないみたいよ。                ......│
|まぁ大天使をぽんぽん召喚しちゃったら教義的に色々とまずいでしょうしね。                           │
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



北欧様式(アサトゥル)

          ,.___
      ,.r  ̄      ̄''`ヽ、
    ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...\
   /;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
.  !ii;::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::;:::、`!、
. !iiiii::::::::::::::::::;;i:::::;/::::::::::::;ii:/|::::::!:::::i
. !iiiiii;;:::::ii:::::iii'':/:::::::::::;;iiii/  ii:::::|i::::.i
. !iiiiiiii;;::ii:::iiiii'/::,;;,,,,,;;;,,,〆  .|i;::::! ii:::.!  バージョンが古いって?
  !iiiiiiiiiiiijjjjj/::;._シ'' ___ー-~`ヽijj;.! |ii;:i  細かい事は気にするな。
  !iiiiiii/ 、レi'| `マシノ ̄`  .jii;/  |ij:!
.   !iiii|. \i;i  r`ー'   )fノ   ij!'
    !iii\O .!  \___/ _.ゝ
    !/|iii(.) ヽ、     ー-f、、
   / .iiii|   \、   /  \。
.   ┌┴──-、|`; ̄
.    |__    `~1_\
       `ヽ、 ./.::O, ヽ、
         \.|!:::::::;!\i,
           `!`- '  ?V
ルーン魔術の大家にして人形師 蒼崎橙子

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|コンセプト:北欧の神々であるアサ神族への信仰などに基づき、ルーン魔術やガンヌル(呪術)、セイズ(交感)を行う   .│
|                                                                         .│
|召喚できる精霊:護り、水、火、大気、大地                                              ....│
|                                                                         .│
|アサトゥルは多神教的な様式であり、術者は北欧神話全ての神々、ないしどれか一柱を崇めるカルトに所属する。   .....│
|ただ、必ずしも信仰に基づく魔術とは限らない所もあるから注意してね。                             ..│
|ルーンや呪術、交感など様々な技法があり、それらを専門的に学ぶ事も多いようね。                      .│
|北欧神話の精霊達は、炎の巨人やドヴェルグ、アールヴといった世界樹の他の枝(異界)の住人達よ。           │
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘


128 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:25:55 ID:eJzZT2RU


ルーン魔術というと、禁書のステイル=マグヌスが思い出される




127 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:24:52 ID:yFfR7.pQ

円環の道(パス・オブ・ザ・ウィール)

    ./ /ヽヽ              __,  ´⌒`ヽ、__ ,. - '" ‐ ァ7
    l .i  ヽヽ           /´     , - 、  ー<    //
    | l   ヽヽ     r── '   ヽ  , /_   ー、   ヽ  //
    | l    ヾ\    | 「`ヽヽ 丶. Y /  ヽ    `i   V/
    | i     ゝ \,. ´i  lミヽ \ヽ i| l ハ !    l     .|
    | !     ノ    i ヽ ヽミミヽヾ\i i__,. - i     ヽ   ,ゝ ,-─┐
    l i    そ     i  ヾ  ヽ´ ̄ ̄ 7    ヽ    ヽ // フ ./
    ヽヾ   ソ      |  .l  !    〈  〉    ヽ    ┌'  , /
     ヽヽ/     ,. -ヘ  .l  {     } l   ,. -=i   l  ヽ//ヽ
      i        r==!  l  lー→、 '  Y´ゞr__i.」   l  i/ i  ヽ
      |        ゞヒ|     ハ_ェ_ソ`        |   i  l   i   ヽ
      |       .///|    i l      i     .|   l  l   l、   ヽ
      |          |    l iヽ、    └    !  /  l   l ヽ  ト、ヽ
      |           |    l ヽ \  ー‐ '  /  ./  /´ ̄ ̄`ヽ ハ  l
.       !         |    l   ヾ \    // ./  /       ヽリ  |
       l           |    l    ヽ  `ー ' /  /  /         iハ/
       l        l    !     ヽ /  / /  /          |
        l        |   ハ     /i   i /  /           |
エルフの大魔道士あるいは駄犬 セルシア・マリクレール

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|コンセプト:エルフの秘伝、太古の偉大なる力の循環を象徴的に表現した魔術(らしい)                   .│
|                                                                       .│
|召喚できる精霊:大地、導き、大気、水、火                                              │
|                                                                       .│
|これはティル・ナ・ノーグ(エルフがアイルランドを乗っ取って独立した国家)のエルフにのみ伝わる様式よ。        .│
|詳しい事は分かってないけど、生命は「生命の環」を通って転生を繰り返し、より高次の存在へ近づくのであって、    │
|環を構成する5つの部分に従い、今生の道を定めるらしいわね。                                ..│
|                                                                       .│
|ケルト的な要素を多量に含んでいるらしいとは言われてるんだけど、凄い秘密主義の様式だし、              .│
|ぶっちゃけファシズムが入ったエルフ至上主義だから、詳しい事は全く分かってないの。                 ......│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



神道
            _ _iヽ ― ―- _    __
         _,. -‐ |  |        >'::´::::::/
       /    | ∧ヽ.\    ヘ:::::::::::<´
      / /   :| |  \ヽ.___ \ \::::::ヽ
     / /   / _ -| !   \ヽ\    ヘ/\
.    / / /  |'´ / |l.     ヽ!_斗≦ |  ',<
   //| |   | ≠=-、、    个/:::ハ |\ ', `ヽ.
   "  | |   | ハ∨::::l     ト リ ! ハ \!ヽ  ヽ
.     | ト.   l∧ ヽ _!/// ー′" ,ノ / |  \ ',
.     \|: \ ヽ〉、        , イ7  /.  |   ', !
      / / ,'\ | |ヽ  _` <:〉 !/  /:l  |    | |
.     / /  ;  |ヾ ',  , イ |:| 〃 /  ∧||  ',    ',ヽ.
     / /  l  ヽ. V  | |:|〃 /  ./  ',   ハ    ヽ\
    ,' ;   l    ∨  | l/  ,'  /  ハ   ヘ     \
    〃l |  |   /    l /  /l /  /  l    ヽ
   〃 | |  |  / ヽ,. --_、,.∠ j_/_/_  .|     \.

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|コンセプト:八百万の神々と術者の霊的物的な調和の達成により魔法は生み出される    .│
|                                                       .│
|召喚できる精霊:大気、水、草木、獣、人                               .│
|                                                       .│
|神道は八百万の神様にお願いして色々な願いを叶えて貰う物よ。               ...│
|神様と言ってもピンキリで、極端な事を言えばお米の一粒一粒にも宿ってるわけだし、    .│
|言ってみれば世界そのものに力を借りる魔法と言えなくもないわね。               .│
|                                                       .│
|そして私が言うのもなんだけど、神道はアジアで最も勢力のある魔法様式のひとつよ。    │
|何せ日本の国教だし、殆ど全ての日本企業は何らかの形で神道を取り入れてるしね。    │
|・・・・まぁ、企業なんかにかかわるもんじゃないとは言っておきたいわね。            .│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



129 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:26:51 ID:yFfR7.pQ

ヴードゥー

      _ i'i,,,/7-、,_
     ヾ、゙ヽ ゙' '/彡
     =ミ ,、、_i i,L,_'゙=i-、
   ./'゙彡r|, ニt /-ミ'  ゙l,
  ,,/  .,゙''i、l'=''(・)j)ノ゙ i  i、_
  '1--、| l,゙l'rェェ,.l゙j゙./゙⌒ヽミ
  l゙i i .n i;ヽヾ'=|'゙/゙/i゙/!j゙!ji゙
  Yt'‐リ゙'゙´ ゙ヽ‐|'゙ ´゙゙.i、,_ノ
  .|N'゙rエニニlニコニニ'l、,
  r'゙´`゙'=;、,,、,、---、ゞ'゙ ゙ゝ
  ヽ,_r゙'L,_     `゙'>゙`〉
  r‐'''゙ _,)     i‐'゙ ぐ_
  .゙ヾ-'゙       ゙\ 、ろ
              ゙ー゙´
死者にロアを憑依させた存在、ゾンビ

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|コンセプト:偉大なる精霊ロアたちに仕え、「見えない者達」と呼ばれる者達との取引を通じて魔法を行使する        .│
|                                                                         .│
|召喚できる精霊(憑依):護り、水、人、導き、労役                                            │
|                                                                         .│
|ヴードゥーの魔法使いは神官であり、偉大なる霊「ロア」(単複同形)に選ばれた神の代理人よ。                │
|彼らは生まれた時に特にひとつのロアから加護を受け、それを「メト・テテ(頭の主人)」と呼んでその導きに従うわ。     │
|ロアは彼らに「見えざる者たち」という霊界の住人との取引方法を教え、神官達はそれによって魔法を使うの。       │
|これは上位者に対する嘆願でもあり、供物やへりくだった態度抜きでは成功はおぼつかないわ。                │
|                                                                         .│
|そして有名なのはそうした精霊達を死体や生きた人間に憑依させる事ね。                           ....│
|死者ならゾンビとなるし、生者であれば同じく術者に従う頼もしいしもべとなるわ。                       .....│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

130 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:28:21 ID:yFfR7.pQ

                          // _ _ _ _ __,
                         _ _/ヽ/: :/'´: : : : : /       ○
                  ,. : ' ´: : : : : : :ヘ: : : : : :-‐´ ー- 、
  o            /: : : : : : : : : : : :.ハ : :、 : : : : 、: : : : `ヽ
               /: : : :/  . : : : : :l: : i : : :ヽ:.: :、:.ヾ´  ̄ `
        ○     __/: : : :/ . : :/: : :./i:.|、: :!\: : :', : :ヽ: \     あー、これで終わりね。
          , へノ:`ヽ/: : : :/:、__/_j__! ヽ!___,X: :i:.:. : :',: : ヽ    疲れたー。
           /:::::::::|:::::::,':/: :.:/:.:/  !/     ヽ!、:.:. : i\: :i
         {::::::::::::::{:::::/イ: :.i//           i: ヘ:.!  ヽ!    C
        ヽ::::::/!:::::::::!: .:|  z==ミ      z≠= ハ: :.|'
        o    >'.:.:.:|:`Y´|: .:|⊂⊃       ,   ⊂⊃/ヾ!
          /: .:.:.;イ: :.l、_|: .:|___  , ―----‐、   ,!'ヽ
.       ,. ': : .:.:./ ヽ:.;r‐ヽ:.|、: :ヽ. ー,―、―‐' ,.、イ:.:. : \  o
      /: : : :.:./   /   ヾ `ヽl/   }≦´___ `ヽ.:. : : :ヽ
.     /: : : :.:./  ,イ  ,.イ三ヲ' ´/   j、:::::::::::|`i、}: : : : : :ハ
    /: : : : :/   /:'  /// /´  、    / ∨:::::::|::j:::|\: : : : :}
.   /: : : : :/  /:::i  i:'/ /      \-'` ̄ ̄ Y:/::/   ヽ: :/
.   ,': : : : :.,'   {:::::|  |:| i  ヽ _   } 、__ノ/:;:' ,!   ∨
.   !: : : : :.i   `ー|  |:| |    `ノ´/ヾ::\ |:/ i    |


                      , - ─- 、_
                /        `丶
                rー‐<::/ ン-―ー- 、   、 \
           {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ
           __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸   お疲れ様。
         /,イ>/ .:::/,':::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ   まぁ番外だし例によってちゃっちゃと終わらせましょう。
         レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|   それでは、解説は涼宮ハルヒと
          {/::| :!{.::ィ'f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、
            |::::ヽ::i:ヽi. r'_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ>
            |i:::::::トl::ハ.     ,    r';ン´j::::::::: l: V
            |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/
            lN:ヽ:ヽ::',:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /
              ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨
          r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
          f⌒ \ \ヽ  )' \ニニ∧ | |!彡ヘ
          |    \ ヽム    ヽ‐' .| | }ヘ,__,イ
         r-ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ
         |  \     // /)ミ ー-∨   / ̄ ヽ
         |   (>―‐'/ /勺ヽ¨ア    /    }
         |   \三三‐'ノ ^ヽ/   /-―一 '

131 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:28:51 ID:yFfR7.pQ



            /. . . . . . : : : : : : : : i!: : : : : : : : : : :`  、
             ̄ /  . . . . : : : ; 小: : : : : : : : : : ヽ: : :ヽ、
             /  . . : : /: : : : // | ヘ : : : : : : : : :ヘ: : : : r‐t‐-   、
            / . . : : : : /-‐‐:メ/  | V:. :-ト‐- 、 : : ヘ: : : l::::::\::::::::::ヽ
             /. ://: : : :,: : : :/ノ   |  V : :l \ : : : : ヘ: :/::::::::::::\:::::/  柊かがみ。
          //  ' : : : :.|: : :/__   |  \:.l  ヾ: : : : :∨::::::::::::::/::/
              | : : : : !: ヤ孑仍ュ    ィfチ庁マ:. : : : |::::::::::/|::::/
              | : : : ∧/ { ::;;;j}       { ::;;;jl} ノ\ : : |::::/: : :!`′
              | : : イ :ヘ 弋zソ      辷zり  レV /7´/: :j: |
              |: :/ |: : :.ト     '    ` ¨   )´V/: /: :/:.|
              |/  |:. : :.{     ー‐ '      ,r- イ: :/: :メv⌒}
                   ,': : : :|> ..       . < /: : r'-「   !ヽ
               /: : : :,'l : : : : :.`卞  ¨´{_ ィ´ :/ |       `二つ
         ___ ..ノ : : : / |: : : : :/ レ'´ ̄: : : : : /:.;「 ̄ ̄ ̄ ̄ | \\
      , . :´ : : : : : : : : __: :ノr十' "7 /7: : : :_ : イ:./ |=====|   \\
     /: : : : ._.. -… '"ノ ノ/|l!l!:.:.:.//ノ/:. :./:.:〃:.:/  |=====|    \\
      /: : : /     ∠ イ/ |l!l!:.:/   {: :/:.:.:〃:/    .| ̄ ̄ ̄ ̄´|     \\



                   _,、-―‐- 、
                   //`: ヽ――- ミマヽ
               __/:: /: : : : : : : : : : : : :  ̄ ̄`丶、
                / / ̄: : : : : : : : : `丶、: : : : :\::\丶
             /: :.//: : : : : : : : : : : :ヽ\: :\:ヽヽ: :ヽ
           ___{: :/: : : : : ',: ヽ: : :\\\、:::::.:ヽ: ヽ\ヽ
             |/:::〈:Y:/: : : : :.:!、!ヽ:::\ヽ: ヽ>_¨`丶:\:ヽ',|ヽ   ____
.        --===〈:.|:{:.:|: :|: : :| |,.-=\:ヽ\:Yfら`ヾ \|ヽ! !    !:::::::::::::|
.           //::::::::ハ|ハ :!: :!: : :l'| ,ィうヽ`ヽ\| ゝ┘ {ヽ: :{     .|________|ハ  惣流・アスカ・ラングレーがお送りしました!
            //::/:,':ヽ',:|ヽ|V::! -{、マ>      、     ;/: : ':,     | UCC_! |
.          !;' | / :i: ::::::\;|-ヽ、         '_,    八: : : ヽ.  (ヽ|coff. ゝ`V
.           l' !':.:.:i ::::::::::|:ヽ、ゝ.      <  /   ハ::::',:::: : :ヽ .ヽ!---(二ヽ〉
          |: :;:j ::: : : l::::::::`ーへ          ,イ::::::::',:',::: : : ヽ  !;';';';'ゝ、_ヽ〉
            i : / ::/ : :j::::/::::::::;::::l   丶 、 _ ,.イ: i::::::::: ;::':,::: : : ヽ |___{   〉
          /:/ :,:' : : // :::::;:'::::リ__     i::::/:::/:::::::: :|',:::iヽ: : : :'. ヽ    /
            /:// : :, '::::::::::::,:':/ ̄  `丶、  ト、::,:'::::::::::::リ }::} ヽ: ',: i  ',   {
        // : :/:::::::::::/∠-==-:.、  `丶ヽ`ーァ;;/./:/   }::::}: |      i
        / : :./:::::::::::// ̄:. :. :. :. :. :.`¨ヽ--\/:. :. :.`丶 /:::/ /  !   i
.     / : /:::::::::::/:::/:. :. :. :. :. :. :. ヽ:. :. :.\ヽ{{ミ}\:. :.',:. iヽ'"ヽ    |    i
.    /: ,. : ':::::::::::::,::'::::: //`丶、:. :. :. :. :. \:. :. ;.\!}}\}:. :.∨}ノ  ヽ   !    i


          ┼ヽ  -|r‐、. レ |
           d⌒) ./| _ノ  __ノ

132 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:29:48 ID:yFfR7.pQ


投下終了。お付き合い頂いた方々もお疲れ様でした。

そして次回「闇の道を歩む魔術師達」は明日9/22の20:00より開始予定。

以降続けて

ドローンとリガー
シャドウランの装備とサイバーウェアをもう一度
昆虫精霊
イニシエーション
シャドウランの歴史その2

の順で。

なおリクエスト続行中。
今残っているお題は以下の通り。リクエストがあった順に「シャドウランの歴史その2」終了後解説を行います。

スラング
テクノマンサー
一般市民による魔法の認識と錬金術



134 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:33:44 ID:RXKwyH2I


乙ー。

板書してるアディリシアさんの魔神とかは、超強い精霊ってことになるのかな。




137 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 21:40:02 ID:yFfR7.pQ


>>134
そんな感じですね。72の魔神は名前持ちの強力な精霊なんでしょう。



143 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 22:26:08 ID:uoUwx5PA


乙でした!
西洋文化圏の魔術様式にはやたら詳しく分類してある反面、
他の文化圏の魔術様式には良い感じで誤解と偏見が混じってて、面白いよね。
流石にイスラムは扱いが酷いと思うがw
イスラム魔術やスーフィズムの影響受けた西洋魔術も少なくないのに、どうしてこうなったw




144 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/21(月) 22:41:54 ID:yqH579wY

>>143
シャドウランがアメリカ生まれだからしゃーないw




145 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/22(火) 01:01:52 ID:ElFDcd.E


こういう魔法の解説を見るとやっぱりケイオス・ヘキサのネタがやりたくなるよなあw

スーフィズムネタとしてのスラーン教徒はいろいろと秀逸だったw




148 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/22(火) 02:18:12 ID:Va8Z6O2Y


乙です
あの羅列された様式を、こうして噛み砕いてもらうと分かりやすく感じるな

リクエストはスラングが気になる
タンポポ食らいとかのあれだよな?




149 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/22(火) 03:25:46 ID:8lZOI6T.


そういや、コムリンクの充電とかはどうなってるんだろう
サイバーウェアもそうだけど、長時間のランだと電池切れになったりしないのかな?




150 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/22(火) 11:30:03 ID:U6JW8kis


体温発電。
500mV、200mVで駆動する超低電圧電子回路は開発済み。
マジで。
現実的には低電圧動作回路にして普通のバッテリーで300時間持つとか
そういう方向に開発されていったことになっているんだろうけど。




152 名前: ◆thx1q1gBGw[sage] 投稿日:2009/09/22(火) 16:26:36 ID:3ucZcwyM



見たら電池だけでなく動いて充電したり太陽光で充電したりとかもあるようですね。
サイバーウェアの一部は毎月のメンテナンスで充電とかもあるかもしれませんねー。




154 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/22(火) 17:29:47 ID:U6JW8kis


喘息治療薬がパッチになってダームが実現した現実の技術ならいろいろできるよねw
喘息持ちなんで発表された時は「とうとうダームが実現したか……」と感慨深かった。
最近では勃起補助薬がダーム化して市販されているとか。
現実が追いついてきてるねぇ。




155 名前: ◆rwDSHkQLqQ[sage] 投稿日:2009/09/22(火) 18:24:44 ID:vKp9rxTY


ま、その辺りはサイバーパンクの宿命ですし。
その内に携帯電話やらもCDになっちまうかもしれません。











            誰得講座第六回その3 やる夫トップ 誰得第八回


ブラックロッド

|

« 誰得シャドウラン講座第六回 「シャドウランの武器防具」 その3 | トップページ | 誰得シャドウラン講座第八回 闇の道を歩む魔術師達 »

やる夫スレ 【シャドウラン】やる夫が巨大都市の影を疾走するようです」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587408/61367710

この記事へのトラックバック一覧です: 誰得シャドウラン講座第七回 魔術様式(トラディション):

« 誰得シャドウラン講座第六回 「シャドウランの武器防具」 その3 | トップページ | 誰得シャドウラン講座第八回 闇の道を歩む魔術師達 »