« やる夫が巨大都市の影を疾走するようです 第六話その6 | トップページ | 誰得シャドウラン講座第十五回 社会における魔法と錬金術 その2 »

2015年4月16日 (木)

誰得シャドウラン講座第十五回 社会における魔法と錬金術 その1

                  第六話その6 やる夫トップ その2



713 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 20:59:42 ID:ORhlCCmY


                _,.、-‐―――- 、__
            ,ィ´:.,.ィ'´ ̄``:.:ー-、\`丶、
           /: ://: '"´ ̄: : :\ヽ:}>、:.\
.         ,r‐fーマ,イ : /:/ ̄ ̄ ̄``丶 :.:\:.:\
        く―‐-、__〉/:/-――――- 、 \:、\: ヽ
     ,.ィ''7ミ_,斗<,イ:.:./: : :./: :,.ィ'"´: : } :\ ヘヽ:ヽ:.ヘ
    /  /:.く. //:.:.:./: \': :/: : : : :./: :,'!: \ハ:ヘ:. :ハ
.   /|   /:.:.ハムイ: : :/:./!: X: : : :._,イ:.:/ / | : |: ヽ!:.:!-‐┴-、      涼宮ハルヒと!
  ムj _,厶://{ ,':.:. :i,ィfテッ、-ヘr''"/:./,イ 」_;ム:.:.リ:.:ト、ー-、 {
  「 ̄、-‐<:.:./∨:.:.:.:.|`|ハ::::},ハ -‐''"´/ィ'"´!:/!: :/:.:.:!:|、\ーリ
  レ'´ ,':.ハ:.:.:/:.:.:|:.:. : :|ヽ'=ソ        /刋ミハ/:./: : :,':.| |  K、
    i/ |: :|:.:.:.:| : : : i         {krjノ '",イ : : /!:.| レ'ト \
    |!  !: :ハ:.:.ハ : : :ハ   /ヽ、 _'_   `"´ / : :./|: :.|.〈:.:.i    ヽ
       /∨::,ヘ: :|、: : : iヘ. {::::::::::ノ     ,イ_,.イ:/| : |ヘ∨     !ヘ
.      / i::./ ∧:| ヘ : ハ \`ニ´-‐ '"´-―‐-、:./|: ,'/\    | ∧
    ,イ   |::i ,'::.ヽ! ∧:.|、_  / ̄`Y´  \ ∧_/i/    ヽ  ム-‐'
  /   |::|.! : :: :: 厶ハ|.::`Y´   / ̄`ヽ ヽ  } /      i\
 〃  ヽ |::||:: :: ::.::レ、__``/  /       ヘ`ヽ.ノ:|       |/~
〈 \    |:∥: :: :: | :: ::`7   {__       ハ_/::.::|_
. {   `'ー-、ハ ハ :: :: ::! :: ::/   /``ヽ\   | }-┤:: \
 ∨ \.  V.∧:: :: ,>'"ヽ_/   |:: ハ   !,イ └‐ー-ヽ
  ∨  ヽ   ハ.∧::/__  /    ∠ `ュ::| 〃
  ∨  >―\ {__ ``く   /     〈/ | `>
.   ∨ { :: ::r==t\` ー''tイ _,.、r'フ }__//ム
    `''ーヘ::く〉ー―v\∠`ヽ、__,.、-‐'"  /:: ::ヽ
       └‐ヽ--‐''7∧ヽ ̄``'ー‐―‐' :: :: :: ::\



            rー-y、,__
            | / /"::::::::::::::::::`'--''ー''"::-、_
        ー-=リ|_ry':::::::::::::::;::r::'"⌒`ー-:::'^ヽ\ `j
       、r'7:::::::T|l:;:::/'" ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\;::ヽ,
       /ノ::::l::::/-'ソ:::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::ヽリ,
      /ハ/:::/::リ'"7'":::::::::/::::/::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
       /:::/::::ハ/:::::/:::/:::/// |::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::L,
       /:::/:::::::/:::::/ハ/:/-/ー-、,|::l::::;:::::::リ,ハ:l:::::::::::::::::::ヽ,_       惣流・アスカ・ラングレーの!
      l:::/::::/ハr'⌒リ|'  、_,、r-、 lハ:::リ::::l'|__ト_|::::::::::::::r,ヽ, ̄
      l/:::::::/:::::'i(' j l   ‘ ヒ,'ツ '!  |ハ/ ' T l;:::::|:::|:::ハ:| `
      ノ:::::::/::::::::::\_,;   `”'    ' '-=ー,y  〉::l::ハ:l '
     /:::::::/:::::::::::/::::iハ,__          ,j   `/ハ/ ,リ
    /:::::::::/::::::__;:ノ:::::::リ|_j'|   |`  ,、,'"   /リ::::l::|,
   /::::::::::::ノ::::::|ー|:::::::::;;;;| |ヽ,  ヽ,_/   / ー-'<⌒`'ー-
  //:::::::::::;;i::::::::i |:::r-yri j_, \  _,、,rイ`- 、,   |
 ノ/::::::::::::;::::::___:r ,レ' ,/ ,! | '`ヽ, `'"|  `ヽ   ヽ  |
 lハ::::::::::::i:::::::!、)`i  '    |    \ / ̄.|    ,〉 |
  {:::::::::::::i::::::::;/`'ヽ     ヽ,ー-,_  \   l   /  l
,ノ:::::::::::::i::::::::/____\     `i `'=rー-y'ー'r<,___ \
/ハ:::::::::::i::::/~/    ̄'\     |  ヾ` ̄'ーラ`yー''"  ヽ
 l:::::::::::i:::::ト,|       l    l     \,/ /^ヽ\、   l
 |::::::::::l:::::;/       |    |     ヽヘ,  ヽl' ヽ  |
 l:::::::::i::::::ヽ,       l      ト、,      ヽ   '  |  i

※このスレの彼女は惣流・アスカ・ラングレーです

714 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 20:59:56 ID:ORhlCCmY

 --                 , -'"  ̄ ` 丶、  /
 ─--            /         \|
              /            |
 ───           i   _ _     _ _   ヽ_   誰 得 シ ャ ド ウ ラ ン 講 座 ー ー !
  ̄ ̄         | /二`     "二ヽ、 |  〉
             _|  _,ィiュミ   r_,ィiュミ  レ-|
 二二二         ヾ!   - ' r  `ヽ  ̄´  | ∧
 ── ___      ゙!  〃  ^ ^  ヽ   l-/  〉
  ま             i   { ='"三二T冫  /´_ノ/\__
  さ  二ニ    _,ィヘ  ヽ ヾ== 彳   /:::/`ー- 、
  に     _, ィ´:::::/ l\ ト、 ー一 / /::/      \
  誰     /  |::::::::: ̄ ̄ ̄::`ー=彳_∠ _      ヽ
  得   /   |::::::::::::::::::::::::::::(‥):::〈_     \       l
     r'"`丶、 |:::::::::/:::/::::´:::::::::::::::::(_     ト、      |
 _/ / `ー 、 \|::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::(_      \   \











                本日のお題:一般市民による魔法の認識と錬金術










.

715 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:00:12 ID:ORhlCCmY

┌――――――――――――――――――――――――――──┐
|> 街角で100人に聞きました――あなたにとって魔法とは?     │
└――――――――――――――――――――――――――──┘



                , -───- 、  _
          ////三三ミヽ} }ヽ「 三\
.         //////ハハミミミ}}ハ }ト、ミミミ\
.           /////////レノノハノハト、ハノjハ } }ハ
          /////////          ∨| | |   怖いわよねぇ。ああいう人たちは厳しく管理するべきだわ。
.         /////////            v川   魔法で心を読んだり、部屋の中を覗いたりするのよ。
       |/////// ,. ''"´ ̄`   '"´ ̄`ヽ}| ||   プライバシーも何もあったもんじゃないわ。
       |//////   rfてア> i  l ,rf'ア> '.川|
.         V { { { {      -‐'    |  ‐-   }|||
.        Vハ从|       ,.    '.     |||
          {  }ノノ       /   ‐-‐' ヽ    |||
        '. jハ{      /   _ __     ,}ノ
         ヽ__ハ        t´< 二 >〉   /
             ト、          _ ′  /
            | \   i     i / /
              /|   `    ____  イ
           / j|             |\

59歳・主婦



            _,. -‐- ..、
          ./      \
         .,:',.-‐.   ,.-‐-.、 、
         ,:'´  `ー'´    ``:.
        ,: _,...._    _,...._   ::.
      ,.‐y .!,.-‐、i!  i!,.-‐、!   r‐、   カッコいいよな!
      i トj.  ,.:‐-、  ,.:‐-、   :,ハi    ビーム出して敵をなぎ払うんだぜ!
      ! .i'  ´ .`  .' .  `   :!ノ!
      ヽ!  `ー‐',:,^、`ー‐''    i.ノ
    _,...!   ______     !、
      :、ヽ  ヽ      /   /ノ`ー―
       \\        ,.:‐"/
       /ヽ、`ー---―‐'",.:-'"\
     /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ヽ、

        ,.:ー-- ..__  ,.-'"`ヽ、
       /      `´     \
      /               \
      /                 〉
     .,'     ,..  ,、_  ,.-; , 、   ,'
    〈     /iノ! i |. `'''´ !!| l:;.,.  /
     `、   ,' !-jノナー   ‐j''!j;゛i! .!/
      `、 .j!.ノ ,.-‐ 、   ,.へ' .!!j,'     普段は隠してるけど、ピンチになると
       ゝ} .'  9`  ´9   .!,'-、    能力解放して変身するんだよね!
      {:t、: `ー‐'  ,.〉`ー'  :'.ソ,'
      ヽ.`、 : .:  ___ : :. ,'_,/
       `~ \  ヽ  ノ  /
          ,.jヽ、._  _/!、
     ‐--―〈 ヽ   ̄  / .〉ー-‐
         ヽ  \___/ ./
           \_/l;lヽ_ノ

ともに7歳・小学生



        ,.,,..::;;:::;;;::,.、,
      ,:r'^       `ヽ
     /::          :::\
    ./::: ,,,-;;;;;;...,.....,...;;-;;;;...,.::::::i     ヽ人人人/
    i;;/'|i<_O_ヽ二( <O`゙iヽ;::::!    ノ 殺  殺 ゝ
    l;′ヽ二/⌒ミ、二ニノ ヽ::l    ヽ せ  せ  (
   _,,l;    / ^` ^´ヾ、    :::l、   丿 っ  っ (_
  i │  / ,r――-、 i    i" )  ̄ヽ !  ! (_
  ゝ .l   l i.j" ̄ ̄`jl l   l゙ ;/   )     殺  (
   `''';   l |.l-='''''=‐/    ,r''''"   丿     せ  ゝ
    ヽ  ヽ,`'-―-" /  ,/l      ヽ     っ (
     ヽ ゝ   ̄  /   .|       )     ! (
     ,r| ヽ、ヽ::,,;;::: ゙,/  l,,     /⌒Y⌒Y⌒ヽ
  _,,,,/ ヽ,  `''-;;;;;;-'"   丿l
''"" /   ヽ i:   ;: _/  ヽー、、
   l     \   i/     l  `'''


25歳・元海兵隊員(イスラム原理主義派)

716 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:00:42 ID:ORhlCCmY

.                     .ヘ.
.                 ,_  ,/V
           ,-―、___/yt,.ヘ _/
            !ロi ∠..~Y,//
       _______. ^'二ゝ∴yア|l,ノ/. /___________     まぁ、何に付け厄介な相手だな。
     /i*! i*/~..ヾ、ノ!,,,((¶)ソ///Ei/i*i. i*i∧\    .ひよっこ魔法使いでも暴れられれば取り押さえるのは一苦労だし、
    ヘ ̄ ̄l !√/了/√~~⊿丶|    ̄ ̄ ̄/.../    逮捕したらしたでまた扱いが難しい。
    |√ ̄ ∠三^二ヘ ̄[0]]F ̄ ̄了了=ヘ
     |l、  了◇ ̄ ̄ヾ,∠__/┤  ┓.| | ∴∴|     無論まっとうな市民である魔法使いも多いがな。
    ヘi____I!'l~ロ~~^t ノ ̄|| l|t. ▲┃| ./ヘ、iiコ |
     ‘i二∧li  i '!' |  || |ヘ二二~ノ┌三 ̄
     i^'┬┐ !  ! !. |iiコ| Lム~~".i-=‐" ^!

51歳・巡回警官



   /三ミミ、y;)ヽ
   /三 ミミ、ソノノ、ヾ、}
   ,':,' __  `´ __ `Y:}
   }::! { : :`、 ,´: : j !:!      魔法はこの世界と共にある力。天然自然の一部なのよ。
   {:|‐=・=‐ i !‐=・=‐|:}      恐れるのではなく心から信じ、受け入れるべきもの。
  r(   / しヘ、  )j
  g !  ` !-=‐!´ ,ノg      さもないと・・・地獄に落ちるわよ!
    \._ヽ _´_ノ ソ
  __,/ ヽー ,/\___
  |.:::::.《  ヽー/  》.::.〈
 //.:::.`\      /'.:::.ヽ\

132歳・占い師



                 ,......、、、、、..,,_
            ,...:':´::::::::::::::::::::::::::`:...、
          ,.:'::::::::::;:::;:::::::::::;::::;::::::::::::::`:、
         ,:';::::::::::::;'!;'!::::::::;.'i::;.'i:::::::;:::::::::::',
           i;'i:::::::::::;' i'.';::::; ' ,!.' .i:;.'!;'!::::;::::::::',     カッコいいよなー。
          ! !::;:::;'!'  ゙v'  '、 ' .' i:::;:'::::::::::',    ビーム出して敵をなぎ払うんだぜ!
          ';!゙:、`‐-'"    `'''"´; ';::;;::::::::::',
           ' /           '   !:::::::::'.,
 〃.,..., ミ.      ',    、-‐;     _,ノ::::::::::::':、
  ',  ,`ヽ       >、.   ` ´   ,./:::::::::::::::::::::::::':、
   ゙'' 、`‐.;!`!` ‐- -'、:::;;>- 、,、-‐' 〉'`''7 、:::::::::::,‐、::::::':.、
     '‐;' ノ        ',  i,......,/  ,/  `i' - :`':..、゙'‐-‐
       '' 、       i '、.., ', /、-‐'    .l   ` ''‐- 、、.,_
         ` ‐ ..,,,,_ . |  ' 、',.',. '゙     ',」        i .';‐-、
                 ̄|   !j       ',`` ‐- 、、...,,,,ノ.,.'-‐′
                 ',    !';        .',

              , -───- 、
              /             \
             , '                ヽ
          /                 ヽ
            !    /lハ、 :|ヽ.トiヽ、     .ヽ   普段は隠してるけど、ピンチになると
         |/| ィ./、ニ、ト、├土|ニ,ヽ.     トヽ   能力解放して変身するんだよな!
         ' !/ lイ} 、{;j ヽl‘{;iリ_,  ,>  、 | ヽ
              '  |ゝ  ノ      ∠ィ    N
              |ヽ 、` 、-=ヲ イ   イN
               |/ ヽ.`r 、 ̄ ,/:| /l/ l'
               ヽ!ヽ、「   lイ_' 、._
           , ‐'⌒`^7/二" _/ '´   ̄ ` 、
         / /    l.l.___´/'´         ヽ
       ,-‐'´,r ' ´      ̄ ̄     .|:l:   . : ::!
      ,.へヽ.!: . .      l /       . ヽ| . :/ : : !
     /   ヽヽ、: : : : ,、: : : . . . . . . . : : : :<: /:/: : ::〉
.  / _   ,.} }ト=:/)')'ノ:=ニ : : : : : : :_; : :/ Lニニニニ」'
  〈.    `ヽ< ~´| /イ/´`` く!_  ̄ ̄: : :,' _.⊥   |

ともに17歳・高校生

717 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:01:12 ID:ORhlCCmY

            / / / /            \ハ
           //  / /             'ツ ヽハ
          〃  /ゝ、,イ               /   }}
          /  /::::/´Y                 /    /
          /  /::::ノ r`}z‐テ;.三ニ=_=‐- 、、、       /   魔法とは紛れもなく反自然的な存在です。
        /  /ヾハ{ {.〈,.'´ _.、:.:.弋ごス:ヽ:.〉 `  .、  /
       /  ,゙   ∧ヽノ  //ク//7  ´ ´   /、ヾ、i     ああいう事は神の領分であって、
      /   ,゙  / /ヽ、   / 〃        / /ヾソ::バ    人間が手を出すべき事象ではないのですよ。
    /  /  .:i  i /: .: :!             / 升ノリ
   /   /   :l  l{ : . {           ...:-..._/   /      魔法使いを根絶、とは言わないにしろ
   l/! /   :ハ   l!  : .ヽ    '^ r‐_ 、 __   /       .何らかの手段で去勢し、能力を制限すべきですね。
   ハ/jハ //  l  |、  : . \     ..`.. ー'ノ /
  /─--Vj/  l  ヽ\   : .\         /
         `ヽヾミ、 ヽ `丶、: .\     /l
            ヾ、  \ : .\/:`7千 l
          __ ヽヘぃ  : . \/ l! l
     ,. -''"´     `丶ヾ、  /リ ハ |

85歳・NGO主宰



        フィ   / ⌒ ン  / ̄`ソ   Ⅵ l    ´ ̄∠
        了   l / ∨ /      -、   Ⅵ,     彡
   __  -=彡   , } r //      r‐、 {ヽ  `N   ∠ イ
__/ ̄ヽヽ∠ィ イ/ {  /´         Y)\Vl   7    ∠
_    `\/´   )          \ ハl|_/  〉 ‐≦    カッコいいよな!
   \     \    /           r 、 ¨´j,___/ ‐彡'    ビーム出して敵をなぎ払うんだぜ!
      、   ∧ {       ,、    ` ニ仇ア¨V¨¨
      \   ∧ ヘ      ト\    ‐,  ト/  .人
.         \  ∧ 丶      ゝヽ\_ ┌‐ッ'  ̄ Y  ̄
           V ∧  ̄_   、 \>‐彡 ´   __
          V ∧ ´ 三彡ソ「` /       {`i丶
           V  「 \ 三彡ソ/         ノ
           V |   `= ´         r' ,  ‘’” ̄ ̄
            ||            , '// ー‐  、ァ
            ||          /  -‐' _    ̄

29歳・愛の狩人

        ヽ 、________ ヽヽ. 、
       _,, ..≧::::::::::::::::::::::::::ヽV::ヽl
       ,.イ::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=イ/
       //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
      〃::::::::::::;イ//リ|:/|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ∠::::::::从(     l/ !::::::::::::::::::::::::::::::: ヾヽ
      /イ∧` 、,,ィ≦=rヽl/ル::::::::::::::::::::::::ヾ、   普段は隠してるけど、ピンチになると
        〈_≧r=!:::::::ノ    リ:::/ヽ:::::::::::::lヽ    能力解放して変身するとかそう言う連中だよな?
        !:::::/   ̄       lん) !::::::::::ル
        `l〈 _       ,..  ( ,.イ:::::::::::(
         ヽr__      /  l´ !::::::::从ヽ
    ___ ,....,..._ ト-`¨      ノ  ルリ人ヾヽ
  r‐"_l_辷〕_}illi、   ,, -   ,,..::::"::::.. | __
  f,! └‐r‐‐/ / ^vllllllr''"  ,,...::''::::::::::::::::::::/´  /`!
  H__ノ__ノ__ノ /   r=`-''::::::::::::::::::::::::::::/  /   ヽ
 {   ∨   l    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/  / ,. "   \
 l、   l   /    / l::::::::::::::::::::::/  / /
 /`'ー― /     / /:::::::::::::::::/  / /
/     / / ̄/  /:::::::::::::/     /

38歳・マダオ

718 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:01:42 ID:ORhlCCmY

        , -/::_ヽ /:_:\ ̄\
      / /:::::ムヽYム::::::\  ヽ
     /  /:::::∠      \::::\_ |  .ィ
    ('┴‐'::::::/ __         _\_:_:::: ̄::ノ
    `ァァ'::::://´l:ト       イi`ヽ !::「ヾ´       魔法ねぇ。まぁ、あれだろ?
    / !_rイ!{  !j      |j  }ノィ゙ヽ ヽ       .あたしがラーメン作ったりチャーハン作ったりするのと
   ./ / ヘ !!                 l  ! ,〉      そう差はないんじゃないかい?
    \l.  l `                 !_,ノ〃
     |`'-!  ヽ __ ___,. ソ`T゙
     | { `ト 、         イ } |
     | ヽ / !` 、     イ  .J |
     丶  / _|__ ̄__.!_.  /
      丶ノ// l | ! l l ヽ \/
      _r- 个'、.__l__.|__|__.l__.l_. ゝイ丶-,、
    / |  l  \       / !   ! `  、
   /  |  |           |/ ヽ.|    \
  /    ヽ〉ーゝー、―‐个 ー―‐へ-  !//     ',
 ,       { /    \  !          ̄ }/〃     |
 ! {!   ヽ|        丶        /ノ    !
 ∨  (ヽ !                  V     ノ
 ノ     \l`/__          r<ヽ_/   ヽ
 !     `Y     ̄ ‐- _  _f二)彡'´     !
 ヽー` ̄二ニ>_、         ̄\`丶、    |

43歳・中華料理店経営



                     __
       |\__     _/ ノ  っ    っ
          \  \__/  /  っ   っ
       / ̄ゝ─┴┴‐<、\    っ
     /::::::::r::´::::::|::∧:::',:::::::ハ:::\    っ
     /:::  |..../:,:::|::| |:::ト、::... ハ ハ  っ
    |::::|....:::|::7´::/|/  ヘ| ヽ-::::ヘ:::::',    あ、あの、そのですね。
    |::::l:::::::∨/ /   |  ヽ:::::l:ヘ::|    魔法って言うのは自分の中から湧き上がる力で、
    |::::}::::::::| ○    ○ ハ:::ト、ト|    でも決して自分一人の力じゃなくて世界の、
    |::::∨:::::!   / / / / / l:::∨|      なんて言うか魔法の力を取り込んで・・・
    |∧:∨:::|    、_,、_,  ノ/|::/
     ヘ::|、:ト>┬─ァ‐ '´|/ レ
        ><>'二ァ-|:::>-、
      ∧_/  ニヘ  !(Y/r-ヽ_
       / /〈   广ヘ |::::7ゝ' ノ\

17歳・高校生



         __  ‐ァ-、___
         い``く     `´ ̄``丶 、
         ,.! |  ,.ゝ    -、     `ニ=-‐-、
      _,/ レ'´       ヽ ⌒i   `',
     -‐7   /        ヽ   ヽ-─┴ァ
     /   / i  _/レ!       、  ヽ//
    ノ   /   /′ }  }ヽ    `、   V `ゝ     いいかい? 魔法とは自然、母なる大地の力だ。
    ,ノ r'7′ ,.イーァ=、{  { リヽ、  ヽ  ヽ 丶 \
   f  ノ {   , |:::l.ヽL゚ノ〉゙! {' ,. =- ミ、     ヽ`  }    .つまり魔力を授かったものは全てこの大地を守る義務を持つ。
  /ノ`' /オ i リi:::!  ̄  ヽ l.ヽ,{.゚ノノ`i_  ト、  iヽ  !    魔法使いならこの世界を汚す巨大企業と戦って当たり前なんだよ。
  l′  〈 r'′ lハ.     ゙{   ̄ ./:} ト;::|_  ト ',. }
      |ノ   '  ヽ `=;;-‐'  ィ´ハ{ ヽ}({ { |.  〉!   .それに見て見ぬふりをして魔法を私利私欲に使うのは
      ′,. ‐'''"´:::}ヽ..__,.. - '"_」`ヽ.、    ノ_」  ソ    母なる大地への背信行為だし、
         >、.::.:::.::ヽ    /:.::::.::::::.::`ゝ  リ        ましてや企業に所属してそれに荷担するなど論外だ。
    ,. '´   !:.:.:.:::.:::i  /:.:::.::::.:::::::.:<
   /     |.:.:.:.::.:::.∨:.:::.:::::::.::::::::::.:::::::>-、

23歳・急進的環境保護団体メンバー

719 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:02:52 ID:ORhlCCmY

.      /::::r‐…ーt/::::::::/..ィ:::::::::::::::::::ヽ::::ー..、. 、、::ヽ
      /:::::::L-'ニ''7:::::::::/::::::|::::l::::::l:::::::::::::';:::::::ヽ:J:';::::ヘ
.     /:::::::::::r'´ /::::::::://::;rヘ:::|::::::|::::::::::::::';:::::::::';:ヽ';:::::ヘ
      ;':;'::::/rク-/:::::::::/ィ_:/  l:::ト:::::ト::::::::::::::l:::l::::::}:::';::!::::::',
    l::l:/.:'::/ ./:::::::::::;' |:/`ヽ、';:l.ヽ::',ヽ::::::::::|l_Lィ,!:::|::|::::::ハ
.     l::l〈 /::/ /|::::::::::::| ,.|!テュヽ、ヾ.、ヾ:. \;:ィル|:::/::::l:::|:::i::::|   ・・・・なんというか、凄いわよねぇ。
.   |::|::`::/  ,{」:::::::::::トヽ' { f'^! ハ `  ` ,ィ5ニトl:;タ:;.ィ::::!:::|::::|
   |::|::::::|ヽ /:::|:::::::::::|   ヒニソ      bり/rケ<.ソ::/::|:|l:::|
    |::l::::::|::::`:::::|:::::::::::|         、 ¨´〃ヘ_/:;イ:::l::| l:|
    |.ハ:::::|::::::::::::';:::::::::::ト       __ '   〃 ,'-1 |:::;'::l. リ
   |l |::::::';::::::::::::';:::::::::::', ヽ、    ニ´ _,r'`7^!、,'   ,!:/:::;! ,l
.   ||::|::::ヽ::::::::::ヽ::::::ト:',   ` ,、... - 'ス / ,! Y  ノ/l::/ .,'
     |::ト.:::::〉.::::::::::ヽ:::| ヾ、 ′ ヽ / .}/ / .l rレ'/:/ ./
     l:|,ゝ' ヽ:ト:::::::|ヾ、 ヽ、   r' /  /  ハノ ヾノ. /
    ,∠ - .._ 1 ':;::l ヽ    -'7  ´   / /ノ// ゙l
.   /-‐…‐、 `ヽ、 V'  ヽ/ ,l       /-‐'/   ヽ
   / _.. -- 、 \ \    ヽ 'l´|       /一´    \



        ;、,_,...、ィ:、,、
        ゝ`゛シ:ッ;;、;、::\、.._
  i´`ヽ、 /;イ::/;:ィ`':゛`:;:ヾ:::ヽ》
  l  `i ヽ彳l!:;ァイ'トi::::ハ|ノi::l::::`i
.  l    k_ 〉l_|`'‐- ,V' _゛ レi:::}Y   _,.._      魔法で何が出来るか、はそれなりに知られていても、
  〉  ノ lノ〈k| 、 ¨  `" /:/〈''"´ / `")    じゃあ実際にどう働くのか? って事は全然知られてないしねぇ。
 / 〉´   i、l::i':、  ̄``''''゛,ィヲ;:::├ッ´   /
 レ'゛     |l‐:、`;、 _,,.、:'T´_/!'´   ./
  `、    l:| |ソ ´ iァ'`ツ゛  {  ,、 '´       まぁそう言うわけでそこら辺解説してくれる本日のゲスト、
  /:\、  /:::i、ヽ ,:‐'゛/!/  ヽ'゛!_        .桜田ジュンくんどうぞー。
 l:;イ:::l`| /:::::f‐`<テ´::::l'     'yr'´
 ゛ノイ:l::ソ:::::::|Z/!トィ゛:::::::レ  _,,..../ }
 '゛ ノレ´:::::::::|  ´/::::::::;'r‐7´:::;イリノ
    ヽ;;;;;;;;;;;l   l;;;;;;;;;l !;:'::ハ:/
     ヽ_;;;;;ゝ-;;<;;;;;;;;;;lノ、( `
     r;;'O;;;;;;;;;O);;/ッ



: : : : :: : :、: : : ::::::,lll,,,,,,,,,,,,,__
: : ::_、,,、‐,l,: : : :,,ll,i,_゙゙゙llllllil,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__
,,llll,,,lll,,i´,ll,゙l,、:,illilllllli,l,: ,lliill゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゚” ̄
lllil!llil゙゜:lllllllilll,.:llllllllllllllll::llllll!llii,,l,i、
l!lilll゙ιllllllllllllllillllll!lllllllll!,lll゙!liill!llllil,i、
illll!`lll:,lllllll!゙゙l゙!!゙lllll゙!lllllll,llll,,゙!lli゙llll!llil,i、
!l】l::lll゙llllllll:: : : : : : :|llllllllllllil,,゙lli、゙゙lllll,,、
il゚,ll:lll|llllllll: .: : : : :.::|'lllllllllll!lili,゙lll  ゙゙゙!l,,、
l゙,lllllll|llllllll:.、:::x,、:、:|'llllllllll.lllllli,lli,    ゚゙=:
,,llll!,lllllllllll: : : : ゙'N,,,.,lllllilll|:l!ll!lli,li,
illlilil!llllllllll、::::::::.,,.::_ll!,l゙'llli,"ll` .'!li,,
llilllll:゙llllllllll、、:、:ハ::゙i!゙,l`|lli"ll           やる気のない紹介だなぁ・・・。
lllllll:_,゙llllllll〆":'│::.゙.:`、.=,「
!|llll'`::'!llll゙li、丶'|,!::::::::::::::i!l゙,!
::)ll′: :゙!ll゙゙l: : ::|:.: : : : :`|::l、
、'l、:: : :゙!!::`::、U,、,:、..,i,|、゙i,、
、::`::: 丶丶丶:::゙!i{h,、_,シ`::::::.|
: : : : : : : : : : : : : : : : `: : : : :l゙
: : :`: : : ::`: : : : : : : : : : : : :/
: : : : : : : : : : : : : : : : :: : :: ,″
: : : : : : : : : : : : : : : : : △:′
、、: : : ::::::::`:::::::::::::::::: ,,-`
: `"'ヽ,,: : : : : : :`:_,,r,i´

720 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:03:12 ID:ORhlCCmY

   , -─- 、
  ∇ ,ア  ̄ ̄ ヌ、
  |ミミスメハリ从ハ i
  |ミ,lノ -‐ -i、l`     そーお?
  | | il、 ⊂つノi!      毎回こんなもんよ。
  | | |li フ i´ l|
  | | |li./ \ノゝi|
  ゝ |l/__i |丱!_l、



  / /.:/.:   i.:.:.:l.:.:.:l.:.:.:/ l.:.:.:.:.:.:``´.:.:.:.:.:.: |.:.:.、.:.:.:.\
    l.:.:./ .:.: .|.:.:.:l..:/l.:.:/ |.:/l.:.:.l.:l.:.ト、.:.:.:.:. |.:.:.:.\  ̄
  ./.:./ :. :.: :|.:.:.:l/ .l.:/  |/ l.:.:N.::.|__\.:.::|.:.:.:.:.:.:l
  /.:./ .: .:.:.: :|.:.:.:仁l/二ニ  l.:仁l:/=== ヽ:!.:.:.|\|
  l:/.l.:.:.:.:.:.:. .ト、.:.l テ示ミヽ1 Ll/ l 「 戍テミ lトV       まぁいいさ、ちゃっちゃと行こう。
   l.:.:/l .: ハ:lN{ 辷ソ ノ ! 「 ̄l |弋辷ソ l1 l       早く終わらせて実験に戻りたいしね。
   l:/ l.:/   lL_ __ノ  ,  ヽ _二 ノ.:.:.
       l/ 、__',               / .:.:.
           ヽ     r‐‐ッ   /.
             入        ,..イ.:.
         . '´ i.:.\> -- </
       /     |.:./\    ノ.:



        /    / // /       ヽ\
       ./    // // l/         ヽ丶
      / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
       l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ
       l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !     ジュンは魔法使いなのよね。
      /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! |     何で「一般市民から見た魔法」に解説として引っ張り出されたわけ?
     ./ // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l     平凡だから?
    / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
    |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
   .| /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
   . l/ ', ト,l\  ト.}⌒ ̄`ヽ、_,   r′
   ./  ヽヽ.\\ノノ      \   '、
  /    ` \          l\  ヽ
 ./     `,               ヽ \ ヽ



                  /|  _________
            /: ://: : : : : : : : : : : : : : : /
      _    /: : : 〃: : : : : : : : : : : : : : ∠.,__
     /: : `''''ー、/.: : : : : : : : : : : : : :/\: : : : : : : : : :`ヽ、
    _ニ=‐: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : : `ヽ、
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : : : `''ー、_
   /: : : : : : : /: : : : : : ,、: :/从: : : : : : : : : : : : : :〉: : : : : : : : : : : : ;;;;;二ニ=-
   /: : : : : : : /: : : : : : /‐宀''~`'t: : : : : : : : : : : :/: i: : : : : : : : : : : \
  /: : : : : : :,イ: : : : : : /      'l: : : : : : : : : : /: : ト、: : : : : : : : : : : :\
  /: : : : : / |、: ;∧: :/       |: : : : : : : : : /: : : } \/: : : : : : : : : : \
 ノイ/.: :ノ  |: /ヽ∨        |: : :∧: : : ∧: : /_,,./ \: : : : : : : r‐‐┘
  /.: :ノ  _|/___二=≦_厶   |: :/ー‐,=≠‐ャメ───-\: : : : .}
 / ̄| / ______`ヽ  |:/  / V______  `l;:/⌒\   僕が錬金術に長けているからだよ!
/   | |    |: : : : : : : |     |__,__|     |: : : : : : : :|     l|    l
|    | |    |   ;;;;;;  |     |    |    |  ;;;   |    l|   /
\   |  !   ヽ/__レ′   |    |    ヾ、/__}_/     l|   /
  \ ',  ヽ、_______/     \_______/|  /
   ヽヘ             rヽ、                レ'´
     ヽ            ヽ \              /
      \           /                    /
        \         └イ               /
        />、                       /\

721 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:03:42 ID:ORhlCCmY

                  __, -――-rく》 ヽ、
             ,  -x__,ィ´  / \/  `ー←-、_
            〈  》 rく  >'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ<`
           ゝ《r'ヽ /.ィハノレハノV ハ ヽ!ヽト、`.:.:.\
          ,才V `.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:、.:.:.:、.:.:.!
            / /|.:.:V.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:,イ.:.:.:.::.:ト、ヽ.:.:.:l.:.、.:.lV
        / /イ: l:.:/,イ.:.:.;イ.:.:.:;.イ!:.:./:|.:.:.:i :.:| V!.:.:.| : |.:|
         |rヘ |.: V.:.:.|.:./.:|.:.:/ :.:l:./ |.:.:/.::/,才´ヽ |:.:.レ'     まぁ、まずは一般市民の魔法の認識から行きましょうか。
              |.:.:.l.:.:.:|/.:.:.| /レ'"卞` |.イィ´ f灯Y,ル':rヘ      どっちかというと「社会における魔法」のほうが
           V.:.:.:{fr|.:.:/  ,r灯¨`     `ー i.:.:.ト、      ニュアンス的に近いと思うけど。
           V.:.:.>'レへ、...`ー'     、   /.:.:.V:\
            l.:.:.:.:.:.:>rヘ      __'_  /.:.:.:.:∧.:.:.\
            |.:.:.:/ r'ノ  \    ´-´ /ト、.:.:/  V.:.:.:ム
          rく ̄´ ヽ    `   , ___/. | V   V.:.:.:l
         /.:.:.|     \      /  ヽ: :,イ  |    |.:.:.:.|
     r―'´¨ヽ.:.:.:\      \   ∧   |: :|   |    |.:.:./
   __ノ     \.:.:.:.>、     ' ,   }  |:.:.|  |    レ'
___/    ̄ ̄ > ,>、.:.:.:.> ,_   ', /  /|: :|   〉  /   /
⌒ヽ          `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.`ーュ_〉'_,ィ´_j.:.:|  ト‐'   /
   \   ______ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>'´}_jィ´ .:.:|___/    /



        /l
     Λ/ 〈 へ、
   ヘ|        ,>
 ∠  /   〉ヽ   ̄\
 / ノ〈 |^^| /\ト、  ト、l     さらっと流すなよ・・・・まぁいいけど。
 |/| .ハ|__ |/___ ヽ  ヽ
   l/  |‐|   |―ヽ_|     それはそれとして、見ての通り一般人の魔法の知識の多くはフィクションからのものだ。
    |  ̄ c  ̄   6 l      アクションもので機関銃の弾を喰らって何メートルも吹っ飛ばされたり、
.   ヽ (____  ,-′      医療ドラマの医者があり得ない頻度の怠慢やミスで毎回患者を危機に晒すように、
     ヽ ___ /ヽ       こういったフィクションにおける魔法は誇張と捏造だらけで、
     / \∨/ l ^ヽ     しかも脚本の都合が良いようにねじ曲げられている。
     | |      |  |



            __ __ _
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l   私たちもたまたま友達に魔法使いがいるから
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |   多少は魔法について知ってるけど、
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |   それでも世間一般の人たちと大した差はないものね。
    |  l:l::i个| l ::l!     _ ′ } .:}:.l:: l
    |  lハ:l::{::', ::::{、       /.:/::.l:: l    それでも魔術師が瞬間移動したり、
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!     指パッチンでビルを真っ二つにできるなんて
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃     言い出さないだけまだマシってかがみが言ってたけど。
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、
.   l     ',  \\   \  __| \
.   |      ',   \`ヽ、  ∨n| } ト、

722 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:04:43 ID:ORhlCCmY

           __   -─- _
     -=ニ二::::::::::::::::::::::::::::_>
        /:::::::::::::___:::::::::::::::::`7
    /::::::::::::::::f┴‐ヘ::::::::::::::厶         できないって。
   ∠ イ::::::::i:::::::|_,.∠、ヘ:::-、:::::/         正直、トリッドやシムセンスで魔法が出てくると
       |:::::::::|l:::ト〈    } Ⅵ }::/          大抵は呆れるか失笑するかのどっちかだね。
      lハ::::|「`Y、 ¨´  `y'´ ̄ ̄`i
        ヽ个‐' _ .ィ  // //   ヽ     .何で悪い魔法使いは、判で押したように人の心を読んで
          V ノ> 、__.. </  '     { r匀   透視の呪文で他人の私生活を覗き見るのかな?
                / /      ∨l::|
              |         }l::|
                .l         |l::|
              〈     /    |l::|



         _ ,/Yニィ='こニューx
       ,ィ´こy彡 `¨´::::`r'てい.\__
        /.;オ/´: : : ,: :,: : : i: : : :ハ 〉.ヽ〉
      ィ/ ,': :/: :./. :i: :i: :i: : :ヾ:ハ_/
      .l. ,:: :/: :イ :テl ィi: :i: ハ: : : : いヽ、     ステロタイプってあるわよね。特に向こうの奴は。
      .l.,' {.N Ykノj!リいィテい: : : : リN      善玉ならハンサムな男か露出度の高い美女。
      ,': :iハ_i       kノi! 从M ハ      .そうでなくても紫色の目や銀色の髪をしていたり、
     .,': :/l:::::::l :   トュ -' ./リイ.);:.::::::',      悪役ならゾンビを操ったり魔法で人を奴隷にしたりするのよね。
     ..i!: :リ.l::::,rj ヽ `´, イィヘヘハ i::;::::::',
     .:l: :i> ' l'   了iiiiiii:ヲーム.〉.〉:i!::i;::::::',
    ,..:リ::l 、 ハ _/ィマ__,ィ'¨´ /.i::i!,ハ::::::i
   「: : :i!i: T>z〆イク'  ̄:r' r'`Y l:i! }::::l
   ./.V: : : Y/4>.-': : :..イニ/   l}ノリ ,ル!ノ
   l  l: : :/4/ハ: : : : :./ ./  リ   ´/
  /  l/ィi〈/.〈ノ::::::::::/  .i    l|



             >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
            〉   丨    ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./    そう言う事が出来る人がいるのは事実だよ。
        ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\    でも決して片手間でできる事じゃないし、
        レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´    そもそも呪文の習得だってそう容易くはない。
 rr‐、           レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>
 ト' |                  ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´
 |  |                 ̄ヽ       ー‐      /
..ノ  l'⌒!                \           _, ィ´
´ ノ^ヽ '、                  `¨ニt-  -‐' ト-┐
  /`ヽ.ヽ、          _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__
   ‐'´`ヽ. i、          /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、
\   イ-'  ヽ       /  i  / ,ヘ |____,_/ |―、  |    /  ヽ.
  ヽ.  ″    l     /-‐'´ | ./// ヽト-―/ニ,ノ  \|     /   \'、
   \      l. ,.-‐'     : レ' ′  く !  //          /       ヾ、
      |    .ト''      ! .| r―┐  | ,//      :. l  /

723 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:05:12 ID:ORhlCCmY

|
|
|((((~~、
|((((((_ ).
|\)/^~ヽ|        けど、世間一般の認識はそうじゃない。
| 《 _  |        容易く人の心をのぞき込み、壁を透かしてプライバシーを赤裸々に暴き出す。
|)-(_//_)-|)        .魔法使いがそう言う連中ばかりだと、多くの人は思っているんだ。
|厶、   |
||||||||| /         「できる」と「する」との間には大きな開きがあるけど
|~~~_/          「それが簡単にできてしまう(かもしれない)人たち」を怖がるのは、残念ながら理解できる。
|  )            何もしなくても抜き身の日本刀やむき出しの銃を持ってる人がいたら、僕も怖いしね。
|/
|
|


 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   +    。     +    。 +    *
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|逆に魔法を賛美し、魔法使いと見るや熱狂的に追いかけ回して魔法の「実演」をせがむ連中もいる。    .│
|いい年した大人が陶酔しきった目で早く早くとせがむのを見ると、正直どん引きだね。            ...│
|僕たちをスターか何かと勘違いしてるんじゃないかい?                                │
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|                                 ワ ナ ビ ー                                 │
|ちなみに、大抵の魔法用品店にはこうした魔法使いの熱狂的ファンや魔法使いを気取りたい「ポーザー」のための    .│
|「魔法グッズ」も並べられている。もちろん格好だけの物だけど、これが結構馬鹿に出来ない売り上げなんだってさ。    │
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



              ,    --─--  _
              /          丶、
         /.::.                 \
        /.::::::::::......:::::::..   ..:::::::..      ヽ
          /.::::::::::::::::::::::/!::::::::::::::::::::::::.     ヽ
       /:/ ::::::::::::::::::/|:|::::::::::::::::::::::||:l::..    l
        ||:|:::::::::::::::::::::| |:|:::::::::::::::::::::.!|:|:::::...::   l
        ヾヽ::::::::::::::::::|:.!:!:__:__:_///:::::::::::  :::|
          ヾヽ‐ ̄二 ̄´   ==、_`| ::::::::::::::::::::|       好きと嫌いだけで普通がないの♪
            l::ヽ〃f:`;      f:'`lf l:::::::_ ::::::::::l′
          ヽ::l  ヒ'ノ      ヒ'iノ  〉:|ィ.!::::::::/
           l:| `‐ ,      ー ' /::::|リ:::::./
           |:.!   `          |::::/:::::∠_
           `ヘ、   一'      人/::∠ ─┴─- 、
             > 、 _  . ‐ ´{:ノレ        __  \
               /| 「 / 「l   /   -‐  ̄二 `丶 }
                | | l | ト--イ'  /   / , --、\ ーく
           「: :\ヽ\ヽ::/ /   / /: : : : : ヽヽ  \
              / : : : : ヽ>,=「|=<─ ´ /: : : : : : : : : lイ   |
          /: : : : : : :|ヽニ|」、 ノノ   /: : : : : : : : : : : | `ヽ |
            /: : : : : : : :|  ∥||`´    | :/ : : : : : : : : : |  ノ /

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|大多数の一般人の魔法に対する反応というのは、恐怖か熱狂、             ...│
|あるいは積極的否定か積極的肯定のどちらかで、およそ中庸というものがない。     │
|無知ゆえと言ってしまえばそれまでだけどね。                        ...│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|そしてこうした反応があるから、ますます覚醒者は自分の力を隠すようになり、     │
|一般人が魔法について知る機会も失われる、と言うわけさ。悪循環だね。       .│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

724 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:06:12 ID:ORhlCCmY

   ____________________________
  | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
  |::::::::_________________________:::::::::|
  |::::::::||   l :|::||{   |::| / {│l|::|、l {ノ   |::|ハ ト、|::| ヽ l|::|  | |::|│ ||::::::::|   それに一般には知られていないけど、
  |::::::::||   ヽ! |ヘ.  |::|jーハ七j: !下ヽ  |::|`「丁 |::| ̄j厂j: !   | |::|│ ||::::::::|   魔法には法的に結構厳しい制限がある。
  |::::::::||    |::|、.ヽ、|::l癶≧テ|::|kーj小 l|::|/l斗ォ|::|予≦ |::|  | |::|人 ||::::::::|
  |::::::::||    |::|. \ |::|ヘ{{ヾ{ト|::|ハヾ ハ l|::l '´ {ト゚|::|イ} }} |::|  | |::l  ヽ||::::::::|   魔法で犯罪を犯したら罪が重くなるし、
  |::::::::||    |::|   l |::l∧  V|::|jリ   jノ|::|  V;|::|iリ /' ! |  | |::|   ||::::::::|   北米とかでは習得した呪文や持ってる装備を
  |::::::::||    |::|   l |::|'ハ. ´|::|¨     |::|   ¨|::|`/   |::|  ∧! |   ||::::::::|   一切合切申告しなきゃいけないらしい。
  |::::::::||    |::|  ノ |::|  j   |::|     ' |::|    :|::|/   /|::| ,' .|::|   ||::::::::|
  |::::::::||    |::|/ /|::| 人. |::|    -.‐|::|    ,|::|     |::l./   |::|\ ||::::::::|   まぁ、魔法がどれほど希少で強力かを考えれば
  |:::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::|   ある意味当然の事ではあるんだけど。
  | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

※ 北米や西欧では合法的に魔法を使うのはかなり厳しい基準がありますが、日本でどうかは不明。
   結構厳しいような気はしないでもないですが。



             -‐....''...."....‐ ,,
         _ ‐":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> 、
        ‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:/:.:.:.:.:.,'/  /ヽ
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:./:.:.:.:.:.:l  /ヽ:.ヽ:.:.ヽ
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lo,':.:.:.::.:.:|/:.l:.:.:.l:.:.:.',:.:',:ヽ
    ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://l:l:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.:.:l:.:.l:.:.l
    l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〈__l _.ll:.:.:.:.:.:.:|:.-/l,,:_:/l:.:./|:.:l:.l:.l
   .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//l:|:.:.:.:.:.:.:|:.:/// `レl .l:/レ.リ   そうなのよね。実際に魔法を使う所なんて、
   .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..//l |:.l:.:.:.:.:.:.:レ/ イテミ l./      魔法使いの友達がいてすら殆ど見た事もないし。
   .l:.:..l:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:////‐l:.:.:.:.:.:.:|.   弋.l ヽ
    l:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:〈/〈/ll l l:.:.:.:.:.:.:|.       ゝ     普通の人はその「魔法使いの友達」にすらまず縁がないのよね。
   .|:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.ヽ`.l:.:.:.:.:.:.:l    r ‐‐´
   l:.l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.l:.:l`.l:.:.:.:.:.:.:l    ヽ、:l
    |:.|:.::l:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:',:|. ',:.:.:.:.l:.:l    l:.l
   .l:.l.l:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  ヽ:.:.:lヽ',  ̄l:.:.l:.l
   l:l ヽ:.:|'.,:.:.|:.:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ::\ ヽ::',_\ .|:.:|リ
    |  ヽl .l:.:l:.:.:./\:.:.:.:.ヽ\:', .\ "‐ V
        |/レ == ` -::_:`、ヽl \ / ̄ .ヽ

725 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:07:47 ID:ORhlCCmY

      r、       _ .. >: : :ソ`ー― 、}ノ             _
    _x≦メ_,-、  ,ィ≦:_:./:/ ;イi: : :j : : : :\           {ヽ.__>、_ゝ
   .ヘニ ,ィ r<      /:/:/:/ {:| : ∧ : ヽヽハ    r―-、 ノ-ァ.勹
   /ィヽ| ト'ノ    / /.:| :{/\ト: :」/Vハ:', } }    ,ア /   「`こヘ    そうなんだよね。力を隠す隠さない以前に
      `7_}      /,イ: :| ハz== ヽ{ =弍 | |:| |   <_へ> { f=} }_   魔法使いはとにかく数が少ない。
    ,-、_fヘxー、    |: ∧ {  ー'ー'  ・}:jハ{:.′   __ヘニア‐vィアト、ヽ-'   実際に魔法を見た人が殆どいないから、
    .{/ヽノイ¨ー'    Ⅵ/: i> 、    _, リ}│{   ヘーァ f ¨くtfイ |      こうして偏見と誤解がまかり通ってるわけさ。
     ィ_/        |: :|/:.,ィ=厂{≧': /:∨     //  r=} ト {__,ト、
    /}fニニヘ      |: :|ヘ {¨7´ /: /\:{     {ヘ   <八__ ノ   俗に魔法使いは100人に一人、と言うけど
  ≦ィくトrf}f,勹     rヘ: |∧ |/, イ :/  ⌒}    |_.}   f{ ィ=士ゝ   .これは誤解を招く表現だ。
    .|_}ヘ-'¨ー'     人.ヽ{⌒{7>.Ⅳ∧ /¨> 、ノ^ニ勹 ヾ (f_ノー、
    /}ー士=    .ヘ `∧, 小、__} / : ーァ'  ,ノ   フ/       ´¨    「魔法使いになれるかも知れない人」が
  ≦ィく }`{z}     \ Y_./ / {  ∨:/´ ィ く  ーfニ勹          100人に1人いる、と言うのが正しいね。
    .|_}くニニヘ    / ヽ/∨}/「 ̄{ア:ー' : : ヘ   /,<...
   r-ノ7_ __{ヾ>  ー≦.ィ7/ /│ V ハヘ : : : : : : ',≦fL ___fヾ>
   フ / ,イー'¨    く/// / :|   ∨ハ ',: : : j: : :ハ ァ/ イー'¨´
   {./ ゞこフ      /// /   |   ∨ハハ: : :}V:}: |ム{ ゞこフ



――この2人が人材として割と等価であるという企業社会の不条理な現実――

  若手の出世頭、ばりばりのエリート  シリアルキラー入ったアブない魔法使い
                                  ____
    ,. ___,,.-‐‐''" ̄ ̄ ̄`゛ヽ          ,-=-、/: : : : ____: `ヽ、
   ( ('"´ニヽ/        `゙ヽ、       |   | / ̄´    \: : \
  /, ,. ⌒〃 ⌒ヽ          }、       |   |/  ,{        \: : \
 / / / ,-ニi⌒ヽ }          ヽ      |   | {  / \  |、  i ヽ、: ヽ
 i { {  i`゙''"´´{ {  i  i | ヽ、    i      /|   |∧メ、__,j \ド、,__|  l: : : : i
 j l ヽ! l| | | | | ト、ヽ、ヾ、 ヽ、___ヽ   |    ./ 」    |   `ヽ     __∨|  !: : : : l
 ノ }__ノリ| | | | | | |ヽ__,,.-‐`゙ー、ヾ、   {   l ̄r 、   | ー‐    / .ヽ| / l: : : : l
フ  人`゙''=、! ! ! !__,,. =ニ=‐--'_|||| レ-i \!   |r-| |   |       `ー‐'/レ′ l: : : : l
{  ハ ヽ'" ̄ヽ   ''ゝ _,,.<   l' l |ヽ、_} 「 { {_/ , '⌒)‐ァ ー、‐_-,.z__/     |: : : : !
ヽ/   { ´ ̄ i    ´ ̄`   i  { l\ j.ヽ人_}ノ´ / ノ>、 .二ィ\;ノ;>.、_ノ: : : : }
 `ート、_', ||||j          lj r_人 ヽ} ヽ ´  / ̄ ̄`丈__{ _,.>-‐"\_/
   ヽ、二',  j_           /ヾニヽ  } /   /   ー、_/   /´      }
     `ー-', `丶         / ,  `ヽリ    ./ヽ   , -{   {二 ̄    _/\
       ',  、__,.. =-     / i     /  .  l:/     人_/  `    {: : : :\
          `、  ‐-     / /     /    ..l〈   _//  !\_     }
        `、       , '  /   /      j _フ ̄  /   |ヽ、`ー-、_/
          ` 、   _/

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|良く言う「魔法使いは有能な重役より希少」というのはまんざら嘘でもないんだ。    │
|少なくとも、有能な中間管理職なら替えが利くが、魔法使いはそうではない。    .....│
|たとえ大企業であっても、だ。                                  .│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|だから企業は魔法の才能がある子供を鵜の目鷹の目で探すし、                        .│
|多少問題を起こしても(それが正社員なら「クビキリ」――時には物理的に――されるような事でも)   .│
|魔法使いだったら大目に見て貰える事が殆どだ。                                 .│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

726 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:08:47 ID:ORhlCCmY

             \__     i|   ________//   ヽ:::::::::::/     o
.  ゴ  た  潜    |:::::::::::\     l| /   ,.rロ:::'口:::ヽ| ̄`ニl  |:::::::::|   |/
   ミ   っ  .在   | ̄`ヽ:::::\ i   |  [],.ロリ::;/ ̄.l ̄ |   |:::|  |:::::::::|   |/ o
  め  た  魔   |    `o、::>| l i |ィ≦:o'"´r‐ュ /   |   |:::|  |:::::::::|   l/
   :   の  .法   |`ー――‐'  = |`ー‐―(´  `)   |   |:::|  |:::::∠   |/
   :   5  力   |     /  l. \ー‐--〉   〈   _l.   ̄|  |:::::::::|    ・
   :.  か  :    |     /    j    \. └'⌒'┘,イ .| ̄ ̄´ .|:::::::::|    ・
.      :   :    |        〈{_ _,、   `ー―一' | |     /::::::::::\.   ・
.      :   :    |     _____,.イ       |__j____/::::::::::::::::: \__
.      :        .|       `ー――一'´      / |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                ノ\        / ヽ._        / .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           /  |:::\                 /   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

企業の魔法使いスカウトマン

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|鵜の目鷹の目と言っても、もちろん魔法力を計る機械がある訳じゃない。                        ..│
|アストラル視覚で魔法使いのオーラを判別する事は出来るけど                               │
|いっぱしの魔法使いなら簡単に隠蔽できるし、ましてや目覚めてない子供の素質を見抜くなんて無理な話だ。   │
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|じゃあどうするかというと、あちこちに金をばらまいて「変な子供」の情報を集めさせるんだ。    ....│
|ポルターガイストを起こしたり、やたら運動神経が良かったり、単にどこか変わっていたりね。    │
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



          _ __
         /─二__─_
        //\二| / | |二 \   ギャワー! これはグレート・ドラゴンの陰謀なんじゃよー!
       / | <~ゝ 二二 ∠~> |
     _// _T|  ┐ l_ |T_,  |_             ,─ ̄ ̄ ̄─ 、
  _─|  |  `U-  / ) U  | |-、        /  ───、  \
 <_|  |  | 、   / ~   \  | | | >       | ̄ ̄    /     |
   ─/_/ |  / ̄~\ __/~|  |_|-'       | _     J \     |  ・・・早まったかなぁ
      |  |  | ,───-_ |  |       | ̄├| ̄ ̄|──\─、 |
      |  | |/       | |  |       |_/ |__/     | /| |
      |  | |     ___| /|  |        / ヽ   〃    / //
      |  | | _ ──     7   |        |  __      /| /
       |    |_/ ̄ ̄\_/   /        \ |   ヽ      |/
       |              /         \ ̄ ̄      |
       |              /           \    /   |
    ─/ ̄|_          _/\            `┬┬───-┐
       /|  ──────-/ λ              ГT ̄ ̄ ̄ ̄|

幸運にも魔法の才能と師匠の双方に恵まれた少年

┌―――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|けど、残念ながらそうした兆候がない、あるいは見過ごされる子供もいる。   ..│
|そんな子供がどうなると思う?                             ...│
└―――――――――――――――――――――――――――――――──┘

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|正解は「別に何も」だ。                                       .│
|そのまま成長して、自分に魔法の力がある事なんか知らずに一生を終えるのさ。   ...│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|ストリートで師匠に見いだされたり、企業に拾われたりする子供は本当に幸運なんだ。                     ......│
|師匠がいなくても導師精霊が現れて、多少なりとも導きをくれるならまだしも運が良いと言うべきだろうね。            │
|・・・ま、手に入ったであろう平凡な生活を捨ててまで得る価値があったか、と言う点については人それぞれだろうけど。    │
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

727 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:14:23 ID:ORhlCCmY

               __, , ,,-- --、_      ハ
           , -' ´::::::::::::::::::::::::::::::`'‐、  /::::::ヽ
     _______ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`y:::::::/
 r'ニ二----、ン::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ン
  _/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
  / :::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
 / :::;イ/:::::::::::;イゝ;::::ヽ、:::r、_::ヽ、,ハ、ィヽr、::::::::::::::::::i
 l ://///:::::/i:l:ハ`ヽ::::ヽヽ、ヽ__>==--ヽ、i::::::::::::l
 l::{ {{ {:ト;:::::lr'リr、_L__ヽ、_ヽ_f´ ;rr''´j`t-、 }ミ:r‐‐ゝ       犯人はおまえだ!
 レ' リ リ ヽ::f´"「{``トト、 }`‐{ ッ'゙{ ゝ辷ソ ノ レ'/こi`}
       t-iヽ{ ゞ;;;ソ l ̄ゝ,  ー‐ '´ ノ (_,ノ ノ       被害者の霊がそう言ったんだから間違いない!
       ヽゝ、`ー'"、_   `ー ---‐'´r'´ _,/
         `弋‐‐'´  _,-‐‐‐-、 /⌒゙i弋;ゝ
           ヽ、  ヽ,   ノ f    !____
             `ニ=、_____,,∠_{   }___:::ヾヽ
             ゙、:::::::r:::r'´::::::「` ノ/ `、__::゙ヽ
            r‐'´}:::::::ト-ヘ;;;;;;;;;ト 、_/      `}::{
             ノi:/`フ´ _ン‐‐‐く  /   /   ゙‐}
           ,イ:<_::;ィ/ r'´     〈  ,ィ'  / ./
           f::::r‐'´〈 廴_,,,-‐''ー‐‐辷、_,ィ'´ _,ノ
         /:::::/ヽ、::::V/::/::::::::::::::::::::::` ´`フ
        /::::;;;〈:::::::ヽ;///:::::::::::::::::::::::::::/
         〈 ィ'´_;;;〉::::::r':::/::::::::::::::::::::::::::::K
        i::::ィ::;;゙ヽ;::::{::〈○:::::::::::::::::::::::::::ノノ
        V::::::::::;ン'{:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::ノ:ヽ
         ヽ:::::ノ:::ゝ::ゝヾ::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|さて、話は変わるけど、魔法で引き出した自白や証拠が裁判で採用される事は、西欧法を用いる国では基本的にない。     │
|上の少年探偵みたいな真似は出来ないわけだ。                                             .....│
|ただし、裁判で採用されないだけで、そう言った手がかりをきっかけにして事件が解決に至る事は、実は結構あるらしい。  ....│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



                  ___ , ヘ\. ヽ
     ,.-‐ァァ、 ,. _-─-,ィ' 三 -─ >、,} }  Yニヽ
      ! //  > - ‐ニ,フ⌒ ー-<  / `ス_ ト、 `ヽ
     l. { { ,ィヾゝ'⌒;´         ` ー‐く   >、 `rヽ
   /ヘ,ゝ`´               _     `< ノ〉、 ',
  / , / ,      ;         `  、  \,イ i  !
  !イ /_, '     ,   ¦ . ヽ 、 \ ` 、   ヽ  ゙〈i ! i
  │ / , ' / /  , i|  i 丶\\ \ ヽ ヽ ヽ  ! l. l      そう言えば子供の頃、魔法使いが殺された女性の幽霊から
   ,リ !,イ / /  / 八 ヽ ヽ_ゝ_‐、‐ヽヽ ! ,ハ !! i. l      彼女の死体が埋められた場所を聞いて、
    !' l. !  ! /,/-‐_ヽヽ\ヽ'r'てィ^'y' Yレ' `!/i !l l     検死解剖の結果犯人が逮捕された、って話を聞いたわね。
    l 八l  ! /、,r'てィ^r \!` ヽ  `-‐′ !r )/′! !! l
    レ  ! ト、Nヘ` `- ′  ;         ;イ´│ l il  i     まぁ、流石にそう言う怪談もどきは珍しいんでしょうけど。
   l  i l `ト-ヘ.      〈j.        ,ハ.ヽ ! ! ! │
    l    i  l   _,ゝ .     - -‐~    .イ ノノ `ァ亠-, .」
   ノ /_ .⊥ -'7´   l. ` r .      ∠彡'"  /   /  ` 、
  ,.ィ ´     /    l   ト、 ` r-イ   _」   /   /     \

728 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:14:45 ID:ORhlCCmY

┌―――――――――――――――――――――──┐
|そう言う事だね。では法律で面白い話をもう一つ。    │
└―――――――――――――――――――――──┘

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、::!`''''ー--、,,,_
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'''ー-- 、,, __:::::::::::::'、,,,___,,,,,,...
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''_、;;:::::::::_,r'
:::::::/::::::ll:::::::::l::::::::::::i、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_;;;;r-''"__,,,ニ=ニ--;:ァ
::::/l:::::::l l::::::::lヽ;::::::::'、`-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;:;;-‐'''":::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::l .!:::::l ';::::::'、ヽ、:::::::'、--''`_二ニ=-‐`''ー-;::::::::l/`ヽ;:::::::::::::::::::::::_;;ノ      呪文式に著作権はあっても、
.,. ! '、::::l ヽ::::::ヽ、'-、: `、'"´ヾ,.),ソ`'''ア  ';::::::::!r、 i::::::::`''ーニ=-'__,,....     呪文に著作権はないっ!
.l ';'、 '、'; ノ`''、--ゝ. ! `'ー-  `-‐‐'    .!:::l:::!. ;' /:::::::::ト、;;__::;;;ィ^
l!  ヽ  ゝ、 ,:::ヽ,.  ノ            i::/::!-'ノ:::::::::::::::`ニ-ァ
`   i'"  ';::::::::',.ヽ             lノノ,.ノ:::::::`ー-=ニ__ヽ
    l   ';:::::::::'、  --‐‐'"     _..ノ´  ヽ、;;:::::::::::,.-'"´! ',
   ,.!    ' 、::::::ヽ,  -    _,.. '     `""´:::::::/  '、
  r' ト,  .   ` ー 、'、   ,..-'"::'--、,,___,,,.-'/    ::::::/   !
  ,ノ ノ:::', ::::...    :..`ー '‐‐----‐‐‐'''''"""`'''''ー-、  ::!   ノ
_ノ  !:::::::'; :::::.. :::::::.... ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: __,,,,)__,,! -‐''
    '、::::::',  ::::::.. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,/


┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|呪文には呪文式という、いわば呪文の設計図が存在するが、これは著作権法で保護されている。    │
|ただし、呪文式を購入せずにその呪文を使ったとしても、罰する事はまず出来ない。            │
|発動された呪文そのものは一種の自然現象なので、著作権法の対象にならないんだ。         .....│
|それこそ「技に著作権はないっ!」って奴だね。                                 ....│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|著作権法は、あくまで他人の作った呪文式を売りさばいて儲けたりするのを防ぐものであって、    │
|呪文の使用自体を禁止させる事は出来ないのさ。                              │
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|もっとも、北米大陸に大量に生息している悪徳弁護士どもは(大抵は呪文式の作者本人が望みもしないのに)   ....│
|焚きつけて著作権訴訟を起こさせ、高額の弁護料をせしめているらしいね。                       .....│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



             ,. -┴- 、
            、/__:__ヽ
              、ifミッ''"tiツハミL、   全世界のカソリックよ、老魔法王の名において命ず!
            {!、 _ ,"弋彡イソ
             tぇ:,ィtiッ  レ!ヽーァ='´ ̄ ̄`` ー- 、___
  __, -‐<`` <´ ̄ ̄ヽ!_ぅ_ー,、 ; / ノ                ,r'⌒!
(  . : : : :`丶、`丶、  `ヾニ´jィ'´/         . :   .:   /: : :/
..`丶、_: : : : : : : 丶、_ 二ニキ`兀7´        . : : :  .:_,.ッ'": : :/
    `ヽ、: : : : : :|:l: : : : :|: :j/_,. -―――┬----- イ: : : : : /
       ` ー--{: '、: : :ノ:'´l丁 : : : : : : : : :jl、:. : : : : :.ヽ_: :/
           l: : ',: : :|  j少 : : : : : : : : ::}:ヽ: : : : : : : :ヽ
            l: : : l  `-イ!、_ : : : : : : : : : :.:.:t,: : : : : : : : _〉
            ,': : : :.'、__lニ ニl__:_:_:_:_r‐ '´ ̄`ヾ: :, ‐'´ ̄: ヽ
         /: : : : 8!: |:.. l」  : : : : :\: : : : : : ヾ:、‐: ミ_: : :',-、

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|話を宗教に移そう。                                                   .│
|日本に住んでいるといまいちピンと来ないけど、大概の国では宗教は大きなウェイトを占めている。   .│
|一神教の国では特にそれが顕著だね。                                       .│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|だから、2030年に時のローマ教皇が魔法とメタヒューマンを認める発言をしたときは世界中が大騒ぎになったものさ。   ....│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

729 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:16:44 ID:ORhlCCmY

                ,、-‐'/
             , ''": , '       , -、     λ
           .,、‐' ::::::  /     _,、‐''" :::/ー ,   | ,
         / ::  :::: / , -‐''"  ,::::::::/  /、  |.::.|
        / .   :::,、‐'''"  .......::::::::::::/'':/.. .,ヽ .|.:::.|
       , .:   ,、‐'"........::::::::::::::::  _,∠ -'"::,、ィヘ、-‐,:::.|
.      / .::  , ‐' ..:::,-、―- 、,、-‐'''"´''''ニ=―''''' "´// .::|    わりゃ、ようも舐めた真似
     / .::: / .::::::::ムィノフ///‐'''" ̄  ,-‐''"、‐'く//  .|    さらしてくれたのう。
.    / .: , ' ..:::::: ://―'/‐-、'´      ー―‐`ニ=‐  |
    /  / / ̄ フ/ ,、-‐v'V'" )      =ニ二`ヽ  | .|    あんまコケにすると
   /  .,  i~´_,、-‐''ト'`´∠テ' / ̄、 ̄ ̄ ̄ヽ=‐ヽヽ | l    テヘランもっぺんサラ地にすっぞコラ!
   .l  l_,, ンv V`´. | .NV/ /..._,、-     |ニニl | | ,
   l   ーY´   :::::_|ヽソ/‐''"     /、 ノー―l | //
  l   :::::::  :::::::::::::lソ/       .///ト----| |//
  |   ::::: ..  ::::/   '´`''‐、__,、-‐ /'  人___/.//‐ニl、
  |  :::: /|  , '| /:::::_   ノ,-‐‐ 、  /:_/ー-- /.//7ヽ .ト、
  |  ::: / / / // ̄ フ`T ̄|  ...:::| |/ `ー--./ l./| .l:::::|/! |
  | .: / / / レ ,-''"`)ノヽ.ノ ..:::::::ノ |::、ヽ-- /ィヽ | l:::: ./!/ノ
  |  / / / ,--/ >/'''ヽニ=、-‐'"::::: ヽ::ー/ レ'´|..::/ レ
  | , .レ /  | /´ / /フ´)/::::::::::::: ヽ イヽ' ̄  ヽ'
  | ,   /)  !'  }| l./ /(:: ,,、 -/  /:: ,-''" ̄
  | |  .Hノ  ::::::::|.レ .レ _,,、-‐'''" /.. _,、/__,-、
  | /   H  ::::::ノT''''フー''-‐'' |  ./:::::/..    ヽ
  レ   y'  :::,ィ´ ーイ ̄ /|_ィ' ::/:::::::::::::::..../
  , ヘ>へ\/ 人tt--フー‐'"  __ フ 7フヽー‐''
..// ̄)-、 ) /`'''ー''"  ,、‐ィ´ / /ミ/´ __
/, フ// ,-イ- /     .∠ -<_ヽ'  <´ヽTヽヽ
  レ  レ ー''"           `ー‐---' ー'~

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|グレートドラゴン シルルシュ(サーラッシュ)種のエデン、かつてテヘランを焼き尽くした   .│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|まぁ、長い目で見れば賢明な判断だったと思うよ。                           ....│
|≪覚醒≫初期に魔法や覚醒種を否定して聖戦を呼びかけたイスラムの聖職者がいたけど、    │
|その結果として、テヘランはグレートドラゴンによって丸焼きになったからね。            .│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|それでも多くのイスラム国家では魔法の使用は即時死刑(下手すると裁判なしで)になる大罪だし、  .....│
|キリスト教でも福音派(原理主義派)は未だに魔法を認めていない。                       │
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



         ____
      /        \
      /           \
    /ミ              ヽ
  _ .|ミ   _\ハ.!ハ/_    |
 iミ ヽ〈 ( -=ニ・ニ≧≦ニ・ニ=- ) 〉/ ̄i
 |ミ\/ミ "´´ |ミl   l |` ` ゙゙ ヽイミ  |
 |ミ | |ミ    ,/|ミ{    } |ヽ、   |ミ |ミ |
  |ミヽ|ミ、 ,  ハc  cハ  、  |ノ  / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ ヽ { =ニ二ニ=ニ二ニ= } /  ノ < 念被観音力!!
    `-| ゙ ヽ ⊥⊥⊥⊥ // "|- ´   \_______
      || _ `、-- , 、--´,/ _ ||
     |ミヽ    ̄ _ _ ̄   / |
  ―|ミ  `ヽ(_ ,、_)/    |―

┌――――――――――――――――――――――――――──┐
|一方、東洋の宗教は基本的に魔法を肯定している。         .│
|ヒンズー、仏教、道教、神道と言ったこれらの教えにとって、      │
|魔法というのは自己の教義と権威の強化に繋がりこそすれ、   ....│
|それを脅かすものでは決してなかったんだ。               .│
└――――――――――――――――――――――――――──┘

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|一方、北欧やケルト、ギリシャ、エジプトと言った古代の神々や精霊に対する信仰も魔法と共に復活した。   ...│
|一番有名なのはアステカのアズトランかインディアンの精霊信仰だろうけど、他にも様々な信仰が蘇り、    ....│
|それらはまとめて「新異教(ネオペイガニズム)」と呼ばれている。                             │
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|他にも覚醒以降に魔法を肯定する、あるいは否定する新興宗教がぽこぽこ湧いては潰れていったけど、     .│
|いくつかは2070年現在でも生きながらえてるよ。                                      │
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

730 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:17:46 ID:ORhlCCmY

 な 銭  (                     . : : : : : : . ヽ
 ん の   (                   . : : : : : : : : : : . レ
 で た  (               . . : : :_:_;_;___/| : : : : : .ヽ
 も め   (         . . : : : : : : /l |│|│|│: : : : : : . l
 す な   (    . : : : : :_:_:_;_;/l |│|│|│|│: : : : : : : .l
 る ら   (   . : :> l | |│l\│|│|│|│|│: : : : : : : .|
 ズ    (_._:_彡⌒ヽ、l |│|│ト->¬‐l│|│: : : : : : : .l
 ラ    (卅「    ・ト、 l│|│レ´ <⌒ヽヽ |│: : : : : : : l
'⌒Y⌒Y⌒| | |ヽ、__ ノ     l ヽ \丿 厂| :/⌒ヽ: :ノ
        | | l        '⌒ヽ  \  ̄ /  |/ ,へ l レ
      /  __                ̄    ′l_〉  | フ
       l   ∨V`ヽ、    _____           ノ/
        \       ` ̄        ̄ヽ   ノ` ー=彳

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|さて、企業が鵜の目鷹の目で魔法使いを探していると言ったけど、実際魔法は儲かる。                │
|少なくとも魔法を使う侵入者がいる以上、それに対する備えとして魔法が必須になるのは理解できるだろう。  ......│
|今時、どんな企業でも対魔法セキュリティの一つや二つは揃えているものさ。                      .│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|そして、アストラルからの進入を感知するアストラル蔦から対侵入者用精霊の販売まで、          ....│
|そうしたセキュリティ関係の製品およびサービスの開発・販売には魔法使いは必要不可欠ってわけ。   ...│
|もちろん、企業の軍事力としてもね。                                         ....│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



                     _.-=-- 、
                    ((    ̄ ヽ: ヽ.
                   ___    ヽ }
              .: : ´: : : : : : ヽ:`: : : -ノノ-...
            /: : : : : : : : : --: : : : <: : : : : `:丶
    . : ニニニミヽ /: : : : : : : : :/; : : : : : : : 、:、ヽ: : : : : : :\
   〃     >、`: ‐----‐:´/ ,' : : : : : : : : } :', ', : : : : :、:、:.',
   {{     /: : :`丶---- ‐′l; : : : : : : : : :} : }ノ: : : : : :.} } :}
   ゛ ー/ : : : : : : : : : i⌒ヽ{ : ハ : : : : : : :.ノ: ノ: : : : : : :ノノノ
    /: : : : : : : : : : : : {、.__ 人ノノ...___ ---く..________: :彡': :^ヽ
   /: : : : : : :_:_:_:_: : : : : :`:‐‐ 〃r'⌒_‐--‐' 、,--‐'^ l : ,: : : : : }
.  ,' : : : ; : '´: : : : : ̄二ニニノ: :.イ'´  `l   {/⌒} ,' :ノ: : : : :.ノ
  | : : :/: : : -'´ ̄ ̄: : : : i"Yイ ,ゝォ=='     (ヽ=ネ lイ:`:‐:、/
.  ', : : :/: : : : : : : : : : :. { ^}, :ゝ         〉  V: : ̄ヽ }
.   ', :.( : : : : : : //: : : :Y: : : )       _    ∩:、: : ノノ
   丶八 : : : / /: : : : , ' : ヽ/入       ∠ 〕  ノ( : : Y´
    | : : : : / / : : :/: : : : `( ;个 .    ` ̄  /(( : : ノ
    { / ̄'く : : :// /: : : : : :(┴へ`>~-ィ:′: : : / ̄ ̄ヽ.
.    〉    }` ゙`ヽ{ : : : : : :_ 〕ニ`ニ´ニr'彡- ァ77 /     { ...、
   (     {  ,-‐ヽミヽ: : :ゝ--´_7-、r┴了 ,' / /    . - ´  `',
     〕    し‐-/| ` く  ‐--`こ~´二゙゙゙' く . -‐´       }
   /´ ー‐‐‐‐ /  ノ   ハ      `´     ヽ        /
   {         ,'   {   ノ |              に二⊃   /
.   ',    . -‐'1   '、 ´ ハ              ト、    (
   丶 ∩   |    ` ̄|) v--------- 」、 ヽ   丿
     `´ '、  1     r'_____ ', : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ   厂´
       ヽ-|      ヽ `): : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨|

魔法のアイドル クリィミーマミ

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|そしてもう一つ魔法が大きな産業を形成しているのがエンターテイメントだ。               │
|どんなCGも腕の良いエンタテイナー・ウィザードが投げかける特殊効果には敵わない。       ..│
|シムセンスやトリッド業界は、大学の魔法課程で使えそうな人材がいないか常に探していて、     .│
|青田刈りは日常茶飯事で行われている。                                    │
|実際、就職先としてもなかなか悪くないらしいね。                              .│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

731 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:18:47 ID:ORhlCCmY

       , ───  、
     /   / ⌒ ⌒ヽ\
    /    , ┤  ・|・  |-、ヽ   _Π_   はい、精霊束縛用の触媒。
.   /  /  `ー ●ー′  ヽ .i  i   ミツハマの新製品で、安定性が高いのがウリだよ。
   l  /    三   |  三  | |   |
   | l  \       |    / l |   |
   ヽヽ  ヽ`ー─┴─´/  /. |   |
    ヽヽ  \ _____ / / (__ ). |
      >━━━━ ,-、━´  ̄  ノ ̄
     /   /   ヽフ ヽ |─ ´

ドワーフのタリスモンガー(魔術用品商) ドラえもん

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|もちろん、魔法使い向けの商品だって各社が開発・製造・販売にしのぎを削っている。          .│
|別に武器収束具や魔力収束具でなくても、魔法には色々な小道具が必要になるものだからね。   ...│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|呪文式、精霊束縛触媒、理論書、未加工の宝石、馬の毛と鳥の羽のお守り、黒曜石の鏡、特別な銀で鍛えたナイフ、   ...│
|その他有りと有らゆるものが企業の手で生み出され、採取されて商品として流通している。                   ...│
|まぁ、殆どは魔法使いの手作りで製造されているため、大量生産して大もうけって訳にはいかないんだけど。         .│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘



              __,、
      , __-,===^〔{〈匀ヘ
     /_f〆:::::::::::::::::弋之ソ::::\
    / jf7:::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \:::::
   ./ {i7:::::/   / / 〈    / \:::::
  ;′ {|::::/    l i  ヽ  ,/ / ヽ:::::ヽ
  ,′ {|:/ ,/ /rィて`'! \/ レiレi ヘ::::〉
. /   .{||. / 〈 ハ   リ    ,イ''ト,/|Y l
,'     ゙  ハ  ヽゝー゛     トソハ/| ハ
    /  / ヽ \""     、 ` ,,| ,/.l
     / |  | \ \  、_____   レ' l
     / |  ト、  ̄   l|| ||「´ ,.イ l|
  /  /   ,__ ,!へヽ.、   || ll|,.イ l | |  ズゾー
 ,'  / ,. '".::.:く \\   r| ||ト、:|│ | |
,./  /.::/.:ヽ/⌒ヽ.\_T.|| l| ! l ,| ,|  (   )
/ / .::.y;__,/  、 \`ヽ,\ ||| |イヽ|/l/
 ,イ .::.::.::.:/ ヽ、\ノ、ノ\\ | ::. i (  )
:/ .::.::.::.::.::ト、 ヽ、ソ!匸{〈\|\>::. ( )
ハ::.::.::.::.::. ト、`'´ ,l |ーゞー ||| |〉::.::(^ヽ、ヽ,
. ゝ、::.::.::.::ヽ  ̄7 / .:「二二二二二i ヽ, |
 /  >、___二_レ' .::.::i ヤクルトラーメン/   i .|
   〈   / .::.::.::.::.:.ヽ、二二二/  ノイ.ソ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
シャドウランナー 水銀燈(コンバット・メイジ)

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|そしてもちろん、裏社会においても魔法は重要な位置を占める。もちろんシャドウランでもだ。                │
|火力・支援・治療・隠蔽・潜入・偵察・通信、etcetc・・・魔法が役に立たないランなんて有り得ないと言ってもいい。   ...│
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|もちろん、大抵のランナーはどれか特定の分野に専門化している。                           ....│
|第四版のアーキタイプで言えばコンバットメイジは火力、ラディカル・エコシャーマンは破壊工作、          ...│
|オカルト探偵は調査、ストリート・シャーマンは精霊召喚に特化してるという案配さ。                    │
|第二版でも殆どの魔法使いアーキは攻撃・治療・幻術・探知など、特定の分野の呪文に専門化していたね。     │
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
|ついでに言うと、魔法用品の市場としても裏の社会は非常に規模が大きい。                       ....│
|表で扱えないような収束具、呪文式、原材料(ご禁制のクリッターの一部とかね)。                    ...│
|そうした物を持ち込み、また買い取ってくれるランナーはタリスモンガーにとっては最高のお得意様ってわけさ。   ..│
└――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘

739 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:24:04 ID:FC3iwNr.

>>731
それ、もうその名前では売ってないし、乳酸菌も入ってないのになー。
クロレラは入ってるけど。




732 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:19:45 ID:ORhlCCmY

>>739
・・・・え? 実際にあるの? ヤクルトラーメン?




  / /.:/.:   i.:.:.:l.:.:.:l.:.:.:/ l.:.:.:.:.:.:``´.:.:.:.:.:.: |.:.:.、.:.:.:.\
    l.:.:./ .:.: .|.:.:.:l..:/l.:.:/ |.:/l.:.:.l.:l.:.ト、.:.:.:.:. |.:.:.:.\  ̄
  ./.:./ :. :.: :|.:.:.:l/ .l.:/  |/ l.:.:N.::.|__\.:.::|.:.:.:.:.:.:l
  /.:./ .: .:.:.: :|.:.:.:仁l/二ニ  l.:仁l:/=== ヽ:!.:.:.|\|
  l:/.l.:.:.:.:.:.:. .ト、.:.l テ示ミヽ1 Ll/ l 「 戍テミ lトV     まぁ「一般社会における魔術」としてはだいたいこんな所かな。
   l.:.:/l .: ハ:lN{ 辷ソ ノ ! 「 ̄l |弋辷ソ l1 l     基本的に一般人からは遠い存在さ。
   l:/ l.:/   lL_ __ノ  ,  ヽ _二 ノ.
       l/ 、__',               /
           ヽ     r‐‐ッ   /.
             入        ,..イ
         . '´ i.:.\> -- </
       /     |.:./\    ノ.:



       /: : /: :/ィ′′ /: : : : : : : : ヽ :\ | : : ヽ : \
        /: : /: : ′: /: : /: : : : {: : : : : : :\: ハ: : : : ',¨\:ヽ
     r==f{ : : | : : l: : ∧: : : : ヽ: : : : : : : |: : ', : : ハ、  ミヘ
     |  / .| : : |: : A 、|_ハ: : : : l \ : : : A: ‐ j‐: : : | ヽ  ,′
     ア  | : : |: : ハ {   ヽ: : |  ‐七/ } ハ: : : : !、 ∨:1
    ,' >、_ ハ: ::ト {ィ尓了ミ  ヽ{   ィ云 ミK.|: : : : |⊥≦: |    まー、実際縁遠いものねぇ。
     / / / /: ヽ : { トイ } |       |心 j:l  !: : : : ! { V      .本物の魔法なんてつい最近まで見た事なかったし。
.    / /.7 ハ : : ド、弋__り        七_り'  |: : : :ハ ヽ \
   V: :/ /: :{.∨∧         _' _       ,'.: : :,' 八 {\/
.   |: :l l: :∧ {: :ハ      〃´ヽヽ     イ: : /‐': : l |: :|
.   |: :|V /l: :ハ: : ハ    { /7 } }     /:l :/ : : : : !ィ: .:|
.   |/.|:/:.∧ : : ヽ : : {>‐一//__ノノ   イ: :〃: : : : : ノ |: : |
.   | lハ: : ヽ: : : \/ _. -</ }__ . ≦に: :/: : : : :.ィ: : :|: : |
       V_r-ヘ 〃 ´  ` 〈 /    ! ´/: : : ::/: 八: :ト、/
     .イ l  | ∨  ¨ ̄ヽ }′     ハ |: : / ̄7 7- ァ、
    / l !  ! }  ‐…、 V_ _  , -} lイ   / / /  ヽ
.   /  .l !  ! } ー   }ノ|´ _ `ヽ_/     / / /    \



         _ ,/Yニィ='こニューx
       ,ィ´こy彡 `¨´::::`r'てい.\__
        /.;オ/´: : : ,: :,: : : i: : : :ハ 〉.ヽ〉
      ィ/ ,': :/: :./. :i: :i: :i: : :ヾ:ハ_/
      .l. ,:: :/: :イ :テl ィi: :i: ハ: : : : いヽ、     でもやっぱり、惹かれる物はあるのよね。
      .l.,' {.N Ykノj!リいィテい: : : : リN      何と言っても『魔法』だもの。ファンタジーでロマンなのよ。
      ,': :iハ_i       kノi! 从M ハ
     .,': :/l:::::::l :   トュ -' ./リイ.);:.::::::',      ま、未知ゆえの無邪気な憧れと言えばそれまでだけどさ。
     ..i!: :リ.l::::,rj ヽ `´, イィヘヘハ i::;::::::',
     .:l: :i> ' l'   了iiiiiii:ヲーム.〉.〉:i!::i;::::::',
    ,..:リ::l 、 ハ _/ィマ__,ィ'¨´ /.i::i!,ハ::::::i
   「: : :i!i: T>z〆イク'  ̄:r' r'`Y l:i! }::::l
   ./.V: : : Y/4>.-': : :..イニ/   l}ノリ ,ル!ノ
   l  l: : :/4/ハ: : : : :./ ./  リ   ´/
  /  l/ィi〈/.〈ノ::::::::::/  .i    l|
 ./ /K: : :l   |: : : r'   l    l
 l/4 > 〉: :j /: : : :i'   !〉  l
/Kン ,ハr=ヽ」: : : : ::l  /::::\j
   jヾrヘ(.:):二(.:)::〕〔! ィ'ヽイ. ̄
  /::/: :i : : ̄: i´ ̄::〉

790 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:56:45 ID:FC3iwNr.


>ヤクルトラーメン

今は「麺許皆伝」と言う名前でヤクルトが販売してます。




733 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:20:11 ID:ORhlCCmY

         / : : : : : : / : : : : /           \: : :\
       / : : : : : : : / : : : : /'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\: : :\
      /: : :┌─‐-./ : : : : /: /. : /:/: : : : : :/: :!: : :|: :ハ.: : : :ヽ
    /: : : : :└‐≠7 : : : : : : /. : : /.: :,|: : : : /: : :| : : !.: : |: : :l: : :.
   /.:/ : : : : :<.  /: : : : : : :/ _.イ:/ |: : /|: : /!: _,ム-: |: : :|: : :|
 /.://.: : :l二二>イ.: : : : : :/'| :/ 丁>、/  |/ ,.イ´/ }: ハ: :|: : :|   しかしその未知故に恐れられるのもまた魔法って事ね。
  / /: :l : : ///: : : : : :/ |/ ,.ィ≠=ミ、      ,z云ヽ/|/: :|:./ : : !
.     ′.:|: :〈. /: /: : : : : : :|   〈f { fさ; 7`     |'じリ ,′: : '´: ト、.:|   さ、綺麗に締めたところで次行きましょうか。
    l : : |: /:` :/: : : : : : : :|      ヒ辷/        ー' | : : : : : : ! |.:|
    |: : :∨ :/ i: : :|: : : : : :|_      ̄       !     八: : : : : :|||
    |: : : : :/ : |: : :|: : : : : :| ヽ、       ー-   . '.: : : : : :,.'/ , /
    |: : : :/|: :∧: :ハ : : : :八  ` 、           //: : : : :/:/ 〃
    |: :., ' !/´ Ⅸ、\: : : : \   `  ,. __, r ´/:/: : : :/: :/ /′
   ノイ  /'  ′\. ヽ、 __\   {.    |∠,/: : .イ: : :,〈
        ,′        |  |         |  丁´ {: :/ |



                、    ___
        、_二ニ=-ヽ`¨Y´::::∠__
            >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
       ∠ ィ´ ̄/´フ;イ::l:::::; 、::::::\
        /こヽ   , ─-、ハ/  \::::rヽ
         ゝン' ̄ ̄{ / / ト/´ ̄ヽ| `′      それ僕のセリフ・・・・。
         / `     ` ー‐' ヽ/ / ノl
      /         ‘ ' `¨´
.       {           l    ′
     ,.∧           |  /((_) (_))
    /〈  、     , -- 、」   /   | |
. /   \ \   └‐-、   '  , ァr‐、
.(        \ `     ′ ∠ ィ ( (, ニ ノ



                _ -‐- 、 _
            ,. r-<、/ ̄`ヽ、   `\_
             ||/         ̄ ヽ  ヽ`\
          , -〉′'     l       \  \ ! ,ハ
        / / , ,′/ ,ィ|', ヽ,  i \  , V ∠ _
        // 1 ,' l  | 」_|∧ '、 i  |ヽ. _, 、 i , 仏ヽ、
        ! / j , |j |´/ ,ゝ、| 、 |ヽ,、<\| |∨ i     次は錬金術!
   , - 、   j/ 〈 / ∧/ / ! ヒメヽヾT´ヒソ ノ レハ|' i  l     永遠の命! 黄金の錬成!
   {  }     { /  八)     r  `     _少′!  |     これはこれで人類永遠のロマンよね!
    l |      !  ,′, \  t- -1   /′i  ¦ |
  , ┤ !、    | ,' / _」ヘ、|  / ,.ィ' l   l  ¦ |
 (      \,、 -‐v'ニ、 ̄ \ くl`ー '´ |\l   l  ¦ |
 |ヽ  い'   _ 、イ \ ヽ   \ \  ´冫 > 、!   !  |
 l\辷 イー ´  | 丨 ) !     >ヘ./∠、   \!  |
  ` ー ' \._   ! ゝ  ト、  〈_i_/ハ\_〉    > |
        |    ̄7    i ヽ   ! /  !|  ,' ,ハ |
        |   /      l /    V   |l   |イ l l



        /|, -──---,
     〈  . :.::::.:.:.:.``く
    , ..-' .:.:.:::::::::::::::::.:.:.:. ヽ
  ∠.:/.::ハハ|:::::::::1::::.:.:.:. \
   ム:从r'''''|/N:::|.;;;!;;;;;;;「 ̄   いや、期待してるとこ悪いんだけど、
    l/N ̄|__r─|/ヾ|;;;;lヾ|     現代の錬金術というのはそう言うのじゃ・・・。
     `| ̄ノ└‐┘``ウ'゙
       \ ー' ,..ィ二[
        ̄r'"´,. -‐L_
       ∠二     1i
       |    `ヽ|  | ',
       |     .:j.  | ト、
       /     〈  | | |

734 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:20:42 ID:ORhlCCmY

             _   __.._,..-- 、.....,,
             //>'..:::7´.:ヘ    `ヽ<`}
             〉 ..::::::::::::::::::::::::::::::::\:::ヽX',
            { ..:::::ノ人lヽ:::lヽ、::::、:::::::::::::l::l
            〉イ:::イ>=x ヽ、z>ミヽ、:::::リ::l     ああ、わかってて言ってるから気にしないで。
            {:::レヘ <_∩:    :∩,> 〉V:}:::l     というか今のは突っ込み入れる所よ? わかる?
            l :::::/}    z     .∧:/::::|
            l ::l::ヽ',   r-ーフ   ,'ソ:::::: l
            l ::l:::::::lヽ、 ヽー'  /:::/:::::::::l
            〉:::l::::::l::::::|ヽ、.._...イ::::::::{:::::::::::|
            //:::|::::::l:r-l    l>、:::::|!::::::::::',
            {r-ー''´〈<   /   >-::::::',
          r「:::`ヽ、  ヘ ` / _,...::イ:::::::/⌒ヽ、
          / i l:::::::::{\  V´_イ7:::::::::::::ノ ィー-ヽ、
         {  V:::::::::〉>rに-ー1:::::::::::::l  ノ    ヽ,
         〈  に:::::く/7:/ l:ヘ、l::::::::::::::lイ       >
         /  ∧::::::::',く::/ l::iイl::::::::::::::l l     /´ \
        /   ヘ:::::::ヘ  ↓l l::::::::::::::| |   ノ\   ヽ
        /     }::::::ヘ   \.|::::::::::::// レー´  \   \
       ムーr _.}::::::::::::〉   く:::::::::::::ヽヽ       ヽ



        /l
     Λ/ 〈 へ、
   ヘ|        ,>
 ∠  /   〉ヽ   ̄\
 / ノ〈 |^^| /\ト、  ト、l
 |/| .ハ|__ |/___ ヽ  ヽ    ・・・僕が悪いの?
   l/  |‐|   |―ヽ_|
    |  ̄ c  ̄   6 l
.   ヽ (____  ,-′
     ヽ ___ /ヽ
     / \∨/ l ^ヽ
     | |      |  |



    /    /      }!' /|    \
   /  ,、 /      |  ,';;Vィ      'i
  / ,、'´,、/      ,イ /  ,l | ':,   |
  |////      // /   / / ! |   |
  l//// /    / /./    ,'/|/,| |   .|
  ',//////    /_ / '   ///,;彳l   |   _,,、-ヘ
   ヽ「// l   /rrt;テf=、=‐,〃,'j,,ソ| |   l  F=、_ ノ   「 ̄了 '''i    物事には必ず対価が必要って事さ。
  _,、、|! |/   / '、'ー'  , `/´ '  イ/  /   }  `i     `>‐-、l、    掛け合いを完成させるためには
  「// ト|'|  /   `        ,  |イ . /   }h、 }r-‐‐‐<   )f‐`ヽ   突っ込みという対価を支払わなきゃならない。
_,,.」 ,、-‐=|  ト、          ン/ノ! ; /  /'2,、-'⌒ヽ、,イ(j`r=-''"´    それが世界の法則さ。
'、l/」ニ二.| /!ト、、'‐、_  、_,,,、- '´/. |/|'  / )  (|!)  `(,、-‐'"´
イ}に、r‐-|/`| ::丶: `' ‐、、_∠シレノ   ( /  _ .,、-'"`
,、-''";;;;``;ヽ、ヽ\\、_   (く<;;;ノ;;ト;;``'''',、 ⌒ヽ/-'"´      ,、-‐'´ ̄)
  ,;;;;;;;;;;;;;;;;/`ヽn`ヽ・「!:.、  } ゝ;;;';;;;、‐'"´,、-'"´     ,、-‐'"´    /
  ,;;;;;;;;;;;;;;/   〈 `'「!{;| '') `ヾ、-'" ,、-'´     ,、-'"´  / ̄、 ̄`'--
,、- ‐‐-'、,、ィ=ゞ} K<>‐'"´ ,、-'´     ,、-'"´    r'"    ノ_,
 ;;;;;;;;;  ,、-' ヾ;`'ヘv'"´ ,、<__,、-‐'"´     ,、‐'´ゝ‐-‐'",  `ー‐
 ;;;;;;;,,,/ )  ,、‐'´ ,、-'´             (´   /ー''"^ー'"
-‐''",、-==∠r-‐'"´              ,-'`ー''"´ ,、 -‐'  /

735 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:21:11 ID:ORhlCCmY

  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::''::''::::'::::':::'::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /:::::/::::::':::::'::':':::'::::' ''::,:, ''::::,: '',::,':',,':.,'':::'.:'::':::::::::::':,
 /:::::/:':':::l.:':' :'.' ''::l!,:,:::::::',::::::::',:::::,:::::,::,:,::,::.:: ,.,'::::::::::'、
. .{::::::/,, ,::l!::: .::,:: ,::l:::::::::::;/l::::::;/|:::::/|:::::;::::::::,:::,l,,:',';::::,
. l:,:,.:l!,:::,::::l!::::.:::::.:::l!/!::::〃l::::;〃l:::/ .l:::ハ:::::::::::::',':::,':.::l
..l::::::l!:::::::::l!:::::::::::::::ll=l::/=ァォlk,、 l:/  l:/ l::::l、::::::l:,:::,:,::l   対価云々はともかく、
..l:::::l!::::::::::l!:::::::::::::::l'l、lト;;;;;゙リl ヾ l/  .リk=j;;l l::::::!::l::::::,l   事が錬金術となれば我々の出番だろうな。
..l:::::l::::::::::::,l::::::::::::::ll.=."'=''‐    i ft;;;ソケl;::/::::l;::::/
. l:::::l::::::::::::l:::::::::::::::ll ___,,,...、、-=l,`'''゙' ' ./::::::::l::::/
. l!::::l::::::::::::l;::::::::::::::ll  ̄ ̄     ノ`ヽ、./::::::::::l!:/
. ヽ;:l!:::::::::::::l:::::::::::::ll    、...,,__  '   ./::::::::::::レ'
   \::::::::::l;::::::::::::ll         ̄  /!::::::::::::l
    .\:::::l;:::::::::::ll,         ./:.:.l::::::::::::l
      lヽ;l::::::::::ll `ヽ、    /:.:.:.:.:.:l!::::::::::l
      l  .l;:::::::::l!   `'i- 'ヘ、l:.:.:.:.:.:.l!:::::::::l
  _  ノ.  ';::::::::l!   f    ``'‐、:.:l::::::::l
. / 、~`'''''‐、, .ヽ:::::l!   .l!_       `l!::::::;'
/  ;;;;,,,,,_';;;;;;;;;`''ヽ;::l!   lヽ`'':、,,rヘ,   .l!::::/
 ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:ト、 .,、- '´ ヽ, ヽ, l!:::/



        /l
     Λ/ 〈 へ、
   ヘ|        ,>
 ∠  /   〉ヽ   ̄\
 / ノ〈 |^^| /\ト、  ト、l
 |/| .ハ|__ |/___ ヽ  ヽ    いや、あのね・・・。
   l/  |‐|   |―ヽ_|
    |  ̄ c  ̄   6 l
.   ヽ (____  ,-′
     ヽ ___ /ヽ
     / \∨/ l ^ヽ
     | |      |  |




      |:::::::    |    _     、 _
     .|:::::::    |    \`'''ー- 、\`丶、
     .!:::::::.. .:: |  _,.. -‐''':: :::::::::::::::::::...丶、
     |:::::::: .:::: |-二;;;::::::::...:.......   .:::::: _,. -
      |::::: .::::: .:::} /::::::::,-、::::.._;:-‐ニ;;;::::::..\
    .|::...:::::: .:::〈∠::::::::::/ )//....\l/:::;,,. -;‐  何を隠そう、俺は説明の達人だ!
    |:::::::::: .:  l/:::::::::l _ '´    '''"´ミ::::::ト、
    |:::::::: .:: .:: ト,フ:::/`l    ,. -=_-、´l!'|::;' ヾ!
     |:::::: .: .:: .::::::.ヽ冫  '   〈 ゙、:::: >' ノ l/
     !:::: .: .:..::::::::::::...\      ヽL//          _,,...
    l::: . .::::::::::::::::::o/    rー──く,r、‐ァ‐r、-ー''''''' "´
    !:..: .::::::::::::::../ヽ`ー‐'゙レ'´: ::::::: l ll  l::::    ............::::
   .,': ..::::::::::o,イ´ r 、゙、‐r''´::::::: ::::: l ll  !:::::::::::::::::::::::_,,... -
  /. .:::::::::://   l::::!ー、 ゙、:::::::::: :::: l ll l::; --─ ''' ´
 / .:::o:::/ ,'    ` |::::| ヽ::::::::. ::::::|__ll__lノ
./.:::::::,ィ´  .,'    !  !`'   ヽ:::::: :::::|'´



        /l
     Λ/ 〈 へ、
   ヘ|        ,>
 ∠  /   〉ヽ   ̄\
 / ノ〈 |^^| /\ト、  ト、l
 |/| .ハ|__ |/___ ヽ  ヽ    話聞けよ。
   l/  |‐|   |―ヽ_|
    |  ̄ c  ̄   6 l
.   ヽ (____  ,-′
     ヽ ___ /ヽ
     / \∨/ l ^ヽ
     | |      |  |

736 名前:誰得168 ◆8u5EeGjxqs[sage] 投稿日:2009/11/25(水) 21:21:42 ID:ORhlCCmY







            ――――とりあえず部外者にはお帰り頂きました――――








                、    ___
        、_二ニ=-ヽ`¨Y´::::∠__
            >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
       ∠ ィ´ ̄/´フ;イ::l:::::; 、::::::\
        /こヽ   , ─-、ハ/  \::::rヽ
         ゝン' ̄ ̄{ / / ト/´ ̄ヽ| `′  ああもう。
         / `     ` ー‐' ヽ/ / ノl     僕が説明するからちゃんと聞いててよ?
      /         ‘ ' `¨´
.       {           l    ′
     ,.∧           |  /((_) (_))
    /〈  、     , -- 、」   /   | |
. /   \ \   └‐-、   '  , ァr‐、
.(        \ `     ′ ∠ ィ ( (, ニ ノ



          /__/  /  /  '  l     ,   ',\ヽ ヽ ヽ
       /´_/  / ./!  !   !     ',.  l .:.l`|  .:ト、',
      / / ,'  /.:./  |  !',  ',    l  :|..:.|.:|  .:ト、\
      ∨/|  :!.:/ ̄`ト、:! ', .:.:',  , 斗‐┼┼|  .:|、\ 〉
      /\_」 .:l:,'    ! .:.|ヽ', .:.l∨ .:| :l.:|.:.:|.:|  .:| \У
      ,'  / ,| .:.:!{    ヽ:{.  ヽ、', \.:|:ノ//l |  .:|__〉|    はいはい。
     ,  / ,ハ .:.', _,,.___,,二    ``二,,_.,,_ノ.:|  .:| |、ヾ
     !: / // ,l\ヽ ´¨¨´   '       `¨¨`ノ:,' .:.:.,'! !:\\
     |:.l l l { !.:.:.\、    l二二二'、     / .:.:./:| |.:l.:|l }
     |ト、j|`!.:.:.:Λ`   ',     /     ' .:.:./.: | |.:l.:|| /
     |:.| N.:l:|:.:.:.l:|.:\    ヽ.__/     ,. / .:.:/ .:. レ': l.:|`
     ',:! |.:l.:l:|:.:.:.l:|:.:.l:个 、       ,.ィ'´:/ .:.:/.:.:.: /.:. j.:|
      ヾ ',.',.!:', .:.l:|.:.:{: l/|` ー‐ '´ 卜/, .:./.:.:.:, '.:.: /}.:!
       \ヽヽ.\:{>'´ /ノ       _///.:./.:.:. / 〃
     , ー厂 ̄´\`ヽ. ,'        __/´//\:. //



     _, -/^ー´-二>、ハ_
   __.(ン'´  ''、 、゙    <'~Z=-
   `ゝ "''         、_`ゝ\
   / ィ    ∧ 、 ヽ__  弋イ   l`
   '´ l ,: i、|⌒ゝ`ヽ >`ヽj;ハ   l     きゃー、ジュン君素敵ー!
     レ;ヽj , -=   "⌒ lk'!  、l
 (⌒⌒) l {ヽ ,,   '   ''  ,ノ   `!
  \/  l `ヽ __ i)   / ゙、    ヽ
        !    ヽヽ.._  イ  ゙ 、    \
       冫‐-、,.、| トn  |   ゙  、    `ヽ、
     ,'    ヾレ'/^,ベヽ.._r-、  、
      |     , ト-、 ヾ:' ´| 「`ヽ
     ,ハ    V,ヘ}  ノ__,r' _i'_,  ゙i
    {{.ヽ、  ヽ /  / 、, `゙く   |



               /!
                 //
             /::l _,  - ア
            _ /:::::!「::::::::::::/─‐…ァ
      、___∠::::::〈:::::::|::::::::::::::::::::::::<´
       /::::::::::::::: 〉、::ヽ-..、::::::::::::::::::::\
      ∠ ァ¨´::::;:ィ::::;、ヽ::∧::\:::::::::::ト、::;;>
      /::::::::::/:::|::::{┴'┴l:!::::::}i::::::::::::::\
.     /::::::::::∧::下仁、 イル二ハ::::::::l:::::::::ヽ      (殴りてぇ)
     /::::;イ:::/;;:ハ:{廴__j「¨f廴__j}ハ::::::ト、::::::::',
    .厶イ/::/::{ (Y ` ̄´ } ` ̄´ Yヘ::::l/:\::::!
       ⌒ヽヘ ト-‐ トLr┘ ー-1 /∧:: ハ:|
         Vヾ{ ',ト、 __ ィ1' };イ/ ∨  ′
         V:::ト、 }ヽ`二´ '{ /::/
             ヽ:} ヽ . - 、 /|:/
             /! iハ、___ イ i|\
         _/ {〈 l   {    ト、∧
     / ̄ |   ヽ._  ゝ    _!イ〉 「 ̄\
_  - ´ ̄ヽ  ト、   \二二二 / /    ` - 、_












                  第六話その6 やる夫トップ その2


サイコメトラーEIJI(1)

|

« やる夫が巨大都市の影を疾走するようです 第六話その6 | トップページ | 誰得シャドウラン講座第十五回 社会における魔法と錬金術 その2 »

やる夫スレ 【シャドウラン】やる夫が巨大都市の影を疾走するようです」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587408/61446563

この記事へのトラックバック一覧です: 誰得シャドウラン講座第十五回 社会における魔法と錬金術 その1:

« やる夫が巨大都市の影を疾走するようです 第六話その6 | トップページ | 誰得シャドウラン講座第十五回 社会における魔法と錬金術 その2 »