« 魔女鍋予告 | トップページ | ダディと真紅の洋食屋 第三話「頑固なラーメン屋」その7 »

2016年2月27日 (土)

機動戦艦魔女鍋物語 「美緒式恋愛術」

                  魔女鍋予告 やる夫トップ 機動戦艦魔女鍋物語 第一話その1


37 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/08(火) 23:37:42 ID:0epIkXxQ


ごめんなさい。どうも気分が乗りません。なので、前に書いていて進めなくなった作品を
手直ししてお送りします。ラーメン編はもうしばしお待ちくださいませ。

お送りするのは魔女鍋の掌編。「美緒式恋愛術」彼女がいかにしてヤザンの心を掴んだかです。

零時から投下いたしますねー。



38 :どこかの名無しさん:2011/11/08(火) 23:42:42 ID:b1Zk1H/2


下半身全裸待機




39 :どこかの名無しさん:2011/11/08(火) 23:44:39 ID:BXDl8nbw


右半身全裸待機




41 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/08(火) 23:59:27 ID:0epIkXxQ

      . : "´  ̄ ` : 、
      .,:::::::::::::::::::::::::::ヽ::、
     //:::,::::::,:::::::、:::::::、::ヾ:.
.    l,f:::i|_:::::|:::::::||:::::_|i::::i::|       機動戦艦魔女鍋物語 「美緒式恋愛術」
    |:|:::::|(●)  (●)|::::::|:|
    |:|::::_|    、    |_::::|::|
    |:|:´:|゙:、_ ‐‐ _,.ィ|:`::|::|
    |:|::::|:::::/ ヽ//ヽ:::1::::|::|
  ┌─────────┐
  { )             ( }
  │  は じ ま る よ  .|
  │             │
  └─────────┘
    _,ノ ,| |      ,| ヾ、_
    ` ̄ ̄ `  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄´

42 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:00:29 ID:C7WEuyJM

                         //__|`゙=- 、__  /{:::::}  _ィ   ,イ,ィ  i_!//  -―‐ァ
                         / /\`゙=-、 ̄ \ヽ\、/⌒/}7/":.//// /  <__∠_
                        /  / <´ ̄ ̄\   >、 \-////: :/' :〃/ -==  /
                     /  /    \     `Yヽ \}/{0}//´{:_/:// !__ --、__/
                     / /      `ー<ミ{_ / 〉ゞ+'ィ/{ `¨´ /::::::∧丁 '.
                   //     -== ___〉-〈//__〉:!_〈{∧  /《:::::/: :} |   .
                 //   -==   { ∨::::::/:::::::/}:::}::!:i//i/--, _}_ -‐ァ'_彡' ,
                /'" /         `/::::::/:::::〃/::/::〉:》!/-=ニ: : :/: /      .   '.
              /         -=    {i;:;:;i|i;:;:;:i:|:|_/::イ:/:/〉: : :./=ァ     ∨   '.
             /  /  -=ニ         冫::::::>-:/}}::i/7:_:_:_i:/_/ _     ∨   ',
           /  /      -= ___,..<::::>'"::::/::::〃:i:∧  )ノ: イヽ_/: : : :\    ∨   '.、
             /  /    -== __/::::;x=彡'⌒>:::::/::::/:}::::{{辷彡'⌒ヽ{: :.ト 、:_:_: :ト、      i
         -=/ /  /   __ У::::}::}::::/⌒Y:}:::}::i:|::::::::::厶イ:|:::::::{: : : :/⌒i|::}:.\}: \}   \ ト、
   -=ニ   _/   /   /  ,..<::::::::Y/:::::::::}::::∧{{::::〃: : :/∨ ̄ゝ-彳x- 、             _ .──────  --
´       /         ,..<:::::::::>'/::::::::://::::::::厂/{--{:::{    __\\   ___     / /         _  一 ´
   二=- /        ,..<:::::::::::>::/::::::::://::::::::://}∧ャ───≦-- 、 ヾ. レ ´::::::::::::::::ヾ`ヽj!/       -< ´ ̄
//    /      ,..<::::::::::::>'"::/::::::::://:::::::::///   /`ー 、.>:´: ̄:::::: , ::::::ヽ::\::ヽ:::::ヽ:Y゙ー‐=ニ二::´:::\
     〃   ,..<::::::::::::::>'":::/::::::::://::::::::::::"Y     /\ ./::::xァ:::一::::::::!:::ト!ヾ∠チヾlト、::::i!::_\     \::::::::\
/   //x-<:::::::::::::::::>'"::::::/::::::::://::::::::::// /!   - '’  /:::/./:/:::::::::i:::::ト、!゙ヽ仆zタ "゙i`l!::!::!ヾ! ヽ _____ \::::::::\
   /::::::::::::::::)}::::::>"::::::::/:::::::::://:::::::::::/ ∨∧__,イ    .// /:/!:::::/:::l:::::irf〉`     / .j/:::!/:!     \ヽヘ:::::::::::ヽ
  {::`ト-=彡'>'"::::::<>、::::::://:::::::::::/\   ̄/   |        ィ´!/ .!::/i:::::ト.:::!V 、  _    //:i::/   __ \ヾ::::::::::∧
 厂`ヽ:::::/{{:::::::/:::::::::::///:::::::::::/`{ / \/ /       厶-f¨´l::i .!::::{ ヾ!ヽ  `ー`   !/__ ム!==/ _   \ \:::::::::::∧
 ̄ ̄ヽ:::}:|:::::|i::::/ト、:::::::Y:://:::::::::::/  ∨ -彳 /           |i|  ヘ:! ヘ:::! l::ト.\     〈 r一._´/ - ―‐ - 、二ー、 、::::::::∧
:::::::::::::::Ⅵ!:::厂 ̄`ヽ:::::::〈::!::!::::::::::/    /// }//            リ    ゙  ヾ ヾ!  ` ー‐ ァ./∧ヽi/         ` ̄ ヾ.\:::::∧
::::::::::::::::::}i/:::::::::::::::::\:::|:|::|:::::/}    _/´/ / /                      \rr―一 ¨ .ィ≦ラ! /x── - 、      i  \::∧
:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::Ⅵ:::!::/:::/  //__/  {i ノヽ                   l_!―ォ /i/x ∨/ ̄ ̄ヾ::::\   /   V:∧


┌───────────────────────────────────────────────────────┐
│※高町なのは ウイングガンダムゼロカスタム。                                                        │
│ほぼ、なのは専用モビルスーツ。彼女以外に操縦できるものはいない。というのも膨大な魔力を必要とするからである。         │
│背中の羽は機械でなく生体。ゼロカスタム自体が科学と魔法の融合である。                                     │
│バイストン・ウェルは魔法の星として知られるが他にも魔法を発展させた星系は存在する。断絶時代に独自の発展を遂げた星は   │
│いくつもあり、例えばゾイドも元はそんな名残の生体兵器である。                                         │
│さて、ゼロカスタムの特徴は羽であるがオリジナルのウイングガンダムゼロと同じようにバスターライフルの高威力は圧倒的である。 │
│何せ、羽から周囲の魔力を集めて放つことができ、オリジナル以上の威力と精度を誇る。ただし、最大出力モードは放つまで相当の │
│時間がかかり、その無防備同然となるのが一番の欠点。                                                 │
│長距離狙撃型ではあるが近距離でも高い運動性と機動性で十分に対応できる。                                   │
└───────────────────────────────────────────────────────┘

44 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:02:24 ID:C7WEuyJM

    \.ヽ                           _,〈 /
.       \ ヽ                       , /  _)く`ヽ
          \ \ _         ィ lヽ {ヽ 〃  /    Vj                         . , : :γ⌒ヽ
.           > イ  ⌒ヽ ( { /: :二 ∧, //'  /     oハ                __. . <: : : { : : {{   }}
          ,′ ′    ヽ\、: :|ヘ ヽy/ { {、 j   o >===ト 、          . . <〃: : : : : : : 弋: : ゞ=="
    ___{  {      x=ミマ\ト∧__}!Y:i ` ´   /  .-──>   . . < : : : : : : {{: : : : : 斗  ´
    ヽ     ∨人   〃   }}:|.:| ヾfY{l|人ゝ0_ 斗<  ̄ミ < . . <: : : : : : : : : : : 斗 ゙ ´
      >、  乂o )  l!ゞ=彳: Ⅶ:.圦刈 : : 7三} ヾイ ヽ . <: : : : : : : : : 斗  ´
     /   ` <   o } ' T: : : :ⅦLHУ:/ニ>. : :´ : : :_:_ 斗 r≦_ ヽ
   /    ,   / (>ーイ__L_ミ=x: :斗r≦: : : : : 斗r≦ (ヽヾ ' \マヽ` }
   -─=、 ア丈> / / > ヒ Y: : : : : :斗_ァ、´_  V く xへ   >: : ソ
        (/ \ く r[]: : : : : : ゝ≦ュ :|: : : :リ: :_: 、ヽ \ヾイ彡"
     _r≦.:\   \弋ニ:_:((><LT:l、「: f:(_)、\} ___     -- 、
   rf_ z//_ - \ /! f ニ⊃ー //、_ヽ ──ト、Y /:.:\_>‐-`´     へ、\
      _// _/7<` 弋i{三}: :Y:/ゞ-ソ-──j´ }/: : : `ーイ  厂,   ,ヾ、 ヘ \__
.     / / / /_'∠.:>、__ヘ: : .:∧: :{ : r──}: :〈 : : : : :' イ   |イ |_vリVl斗≦ ヽ \ ̄二ニ ―-
    {_フー,.斗-r∨: : : : : : : /.:〉∧ ∨: : :ハ∧∨: : :レ' l イ| l l. kf刃 `以.ヘ 、 \\  ー- 、 ―-、>
        /! //∨: : : : : /.:/|: : :\∨/ ' ∧ __,,ン屮´lィヘ`´ '_ _ ,イ `ー、 `ー-、 、  \   \  >
.       / {___ヽ/∨: : : /.:/ l|: : : : :`r' , -‐'' ̄  , - 、_r‐`ー=-イ ヘ   \  \\  \   \   \
.     γ⌒ 、 \:.、 ∨: _ -=ニ二二 ̄__ フr‐-‐<      ` ヽ  `ー.、 ハ-- 、 \ル'  \  ,ィ=――――――‐‐、トヘ-=ト、/
 <ニ{二二二二二二}〕======= { { l | イ=`================二フ三三三三三三三} 〕ー==<-、
   /  { _/> イ  //          ` ┴-" ̄      \  ハ      ヽ`ー- 、 \<_r========'___└三
       // / //   _ -―  ̄ ̄ ̄  ___> ' ̄\ 乂        j    ハ>,ヽ ト、`――――――――――┴―
     // / //  , < _ 一 '_ ―  ̄   __    入  `    ノ 、  .人   > 、  ハ  |ヘ |
    /イ  /| / /  / / _, イ ̄  __  , <  __, / ,イ     ̄    厂|  `  <   >-. _⊥_|」___
    l' {ハ / .|/ ノ / / / / , < ,  < _> '/    ./丿       /l j     j / 丁テ<__,---一'
     } ハノ . |/ / イ / / /  /  >   / > ' /         ./ .j /    //  / /  | /  リ
     ソ   // / // /  / , イ  /    / /   /        , , /    //   j./  /
       / /  /'  / ./ / / /      / /    /     /     ' {        |'   {/
    ー=ニ イ  /  .// / / /       //     /     く      ハ           、
             _ム イ  ./"        ./      ,        ヽ  丿  ,


┌────────────────────────────────────────────────────┐
│※フェイト ガブスレイ。                                                              │
│フェイトだけは専用モビルスーツでなく既成品を使用している。最もガブスレイ自体の生産はほとんど無い。高い性能を      .│
│誇るが使いにくく整備性も低い。ただし、使いこなせればこれほど頼りになるのも少ないだろう。そしてフェイトは十二分に  .....│
│引き出している。                                                                  │
│ガブスレイは長距離でも近距離でも対応できる機体である。欠点としては変形機構を組み込んでいるため耐弾性が普通より. │
│劣るということだろう。しかし有り余る運動性能と変形時の加速性能をフェイトはさらに魔法で強化している。              │
│真っ黒に塗られたガブスレイが駆け抜けるとき死が撒き散らされる。                                        │
└────────────────────────────────────────────────────┘

46 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:04:27 ID:C7WEuyJM

                    ハ
                     j !                   />
      r 、                /7∧              //
        \\              {j_{! !}           _//
        \\_           |  |         <ヽ7/
           Yヘ \     /´ ̄`ヽ     /    /ノ  z=、
            〈  \\    /f´ ̄` 厶  ,く <7 /ィ < ///
      _      \  `ーケ < -─-' 、 У ィY/ <   イj'/
      ∨ > .   Vニ7:ヽryミy  _ >─<    ≪ > ´
       \`   `/ アYi \n/ク}ァ´/ , -z´_  ≪}, r ´仝=ー------
.         \ Yロ: :〈: :/ 代ヘイn |/ ̄  /、 ,< }〔==〕‐ _ 二 ̄
          .ィ//>': :}Y: :ケ 7: : : :/ \__彡へ ヽ} ト\ -‐_ァ ´
  r-‐=≦ -=[]{/ / 人└:'.:r=彡{: : : : :ノ \ イ_〈 lー \
≦_ -=__ r'マ: : f : : }ミL: :/〈斗<辷 彡'  イ 〈 ∧j  l\`ヽ
  `¨´ Y⌒Y,: :j.: : :/ 7} ゝ-ヘ (ニ ー_ク / | ∨/∧ l  ヘ ∧.       | :   i |   ´ ̄`´     `ヽ、
     弋__ソ/0/r_Y /--ヘマ__Y__/_/ヽ ー<: ̄ ∨/ へ\ ヘ .       | :   | |´ ./⌒     ⌒ヽ. \
       r‐く.: : :|ム彡ル : /´/ニ7  ∧  〉_ヾ ヽ)ソヽ   \ヽ/ r.        j   」  |、., '          \ ヽ.
     / '.:| : : |ゝ=ク.: :/ :! l |   xヘ〉´〔 ̄\`\   ` 、 ヘヽj.         |    |: ̄!:.i/  / ./ /i  } .!  ヽ∧
   r'/ /l! // /〈`T{三{ |fr ij /  ∨\ []ヽ[]ヽ     \, .         }    |:::.:.i: |  ,'  / / .|  |  |  |、ハ ハ
  ∠< /l!: :く. / /   ∧ | 「 l |l  厶 --ヘ   , 、  ト、 \     〈 ミ∧    |   |:::.:.i: | ,' /`メ、|  i  li、 !   !X !
   Yハ! /ァ'ニ二] / :l ||l ハ_/∨r-へ ∨、 ヽ∧\ ヽ   ` <}    |   |:::.:.i: | /! ,ィナ示ト |   jィ卞ト !   }X !
 r< ゝ少/ ∧ {Y〔   У | |/ ゚ ノ `{   Y  \ \\\\        |   |:::.:.i: |ノィi´!rしd゙ 八 ,'.イ示ト、!: /ヘ.!
/.: :/ // j ∧: 〉=ニ〔 L{/ |  |   Ⅳfニヘl∧:.  ヽ. ヽ\ ヽ\      |   |::::.:i: |、 . 匕:::ノ  ∨ !rし:i i. /  .|
ゞ ゙ ∠/  トl У/⌒l |    l  l    V マ少  :,:..  ハ.  ヽ\ ヽ\     }   |:::.:.i: |ハ. ` ̄   ,  弋::ノ''|/i  |
        ハ| / / l  l i}     l  !    {V     ヘヽ ∧   `¨  `¨    j     ー‐‐''i: |     ,..-、   `´/ リ!   j
         | :/ 〈 ト、/ j    ! |    マ-=彡  ', ヽ∧    .      i        ∧ !:    {ヽ/     /l ハ|  /
         ∧{   Vソ /     ー'    ∨   _ ,  ゞ!\  .      |    |   / ∧!:ト.、       . イ::リノ:::i  /
      /7∧ヽ    /           ∨ xく  | ,ヽ ヘ|\|  .      i   i: / / ∧ `¨7ト <´::::::!:::/::::ノ ./
.     //-へム 彡'.:.>               `{∧ ー' l ∧ヘヽ|        ',    / ,'| l ∧::::///::::::/ヽムイ/i/
     У /´.:>く:彡'                   代  _j」 \}|`l .       iト、  / /| | |:::::::| | |::::::::\
     ,.〈__,.ィ.:.:./                       Ⅵ´    Yヽj .        |!:::.∨ /::::| | |:::::::| | |::::::::::::::| ト.、
   〈∠> ´                         |::.  l ! . |:l.:.l .         乂.  /:::::::∨/::::::::! ! !::::::::::::///:::\
                             ∨ヘ ` _.ソ:l.:.:} .          ヽ,'::::::::::::::::::::::::<\!:::::::::///:::::::/ 〉、
                                   ゞr.:.:.:.:.:.:.`ソ          〈:::::::::::::::::::::::::/∧、>:::<./:::::::/ / i


┌──────────────────────────────────────────────────────┐
│※八神はやて プロヴィデンスガンダム。                                                        │
│なのはは長距離を得意とし、フェイトは近距離を得意する。では、はやては? 答えは中距離。いや、そんなに単純ではない。  .....│
│はやての特性は一歩離れてみることの出来る俯瞰性にある。当事者でありながら第三者の視点で見つめることが出来る。     │
│これはかなり貴重なものである。                                                            │
│プロヴィデンスのドラグーンシステムは単機で多数を相手にするために最適なものだ。また、各ドラクーンから送られる情報を   ..│
│分析把握処理をしていく。これははやてでなければ出来ない。                                           │
│もちろん、単機での性能は十分だがはやては各機との連携にこそ力を発揮する。                                   │
│そういった意味でプロヴィデンスは最適なのだろう。なお、一応、プロヴィデンスは少数生産はされている。ただ、使いこなせるのは..│
│本当に少ない。                                                                         │
└──────────────────────────────────────────────────────┘

48 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:05:47 ID:C7WEuyJM

            /     /     ノ      ',   \\
           //     /   イ       ',    \ヽ
.         〃 /     /   / .|     }     }     ヽ ',
       /' ,′   ハ  /| {    }     ト、 }     ', ,
          {      |/ {,厶L.八    八」__ ,ハ V     }.}     ……好きな人が居ます。
            リ  ,   |ィ"{ ̄ `  ',  / 'Tナァiミ、|      ハ}
          ハ {   | lV       } /  」ノ丿 `ト、   l/l│
.          {  |八  | _,zニ=ミ、 j/   ,.ニ ..,_  リ   ,小|│
           {  \ ヘ、          ̄`ヾ/  /ノリ |/
               { .::::.:    '     :.:::::.:ノ イ(__/ ノ
              ヽ     、        厶-‐┐
                  \       ̄     . イ \-‐'
.            , イ二ニ=ー- .._> _     _, イト、ノ   )〉
           // 「     /  |ヽ` ー 'ニ -‐1  \-‐==ニ== 、
.          /  │   /   /|  /Y^|    |    \     / \
          {l   |   く     / .|/ |l |   ノ     〉   /   ノ}



                                        __
                                      ,,.-´    ``ヽ
                                 _xュ、ヘ   /         \
                      xfミx、  _,.ィ≦ヾミニ= 、/      '⌒   '⌒ヽ
                    /∠..、ヾく: : : : : ///、 >: :\    ( ⌒) ( ⌒)      でも、その人には恋人がいます。
                 .   〈〈,.': : : : :ヾヽ: : :.///: : : :/ ∧∨     (__人__)./
                  .   Ⅵ: : : : :.i: 〉〉: :.f//!: :∨ |/ /r-|         /
                       八:..:.i :..:|//: : :.{//}: : i./r=</|/       /
                  .   / i:ヾ{:..:..|/: : : :.{//}:/∧|   ヽ⌒巛 、  γ、、
                          |:..:..\:|: : : : :f三/:i:| ヘ. ,-/   ∨∧ヘ  ||lヽ、
                        .|: : : : :.|: : : : :|三j//,、_ゝ'    ∨∧   /リ l
                       /: : : : : ;|、: : :.ノⅧ}从<|:::/    丿|〉::::::::ヘ彡| .|
\                  , - ' ´.: : : : :./xく    ̄リi /::/    / .∥:::::::::::::::::::::/Y
  \            , -<: :_><// l     i/Niiil./::/    γ ∥::::::::::::::::::::::::::::|
   >==ニ二><: : : :>- ' ´ /:.:.:.:/  i i   ∥:::||:/     /  ,《:::::::::::::::::::::::::::::::リ
      , -<ニ>- ' ´     /:.://   y'   ./´::::::ii    /≫゜/∧::::::::::::::::::::::://|
  ., -<>               /::/| /    /  ../ : : : :イ.i  ,rミ////////::::::::::::::::///|
//´            / / //    /   /: : : : //iリ  テ《/////:::::::::::::::////|
../           ,  ‐<>' ´   //   ,/  ./: : : : /  l/ / |///:::::::::::::::////////|
/      , -<>‐' ´      //   //  £    .∨   .|  ∨::::::::::::::::::::::::\////|
==ニ二 イ/          //   //〈    >< _∨  _κ, .|////////::::::::::∨//|
      /               // /.'// /><__  ̄ ̄ ` Y.:::::///////::::::::::∨/|
    /            ∥ _彡 //: : : : : : : : : : / ̄▽\__)/::::://///////////|
_ __/             ||   /: : : : : : : : : : : : i   ∨ ∨/::::::////////////)

49 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:06:24 ID:C7WEuyJM

                       , 〃´1
              ,.. .:'.:´:. :. : :</   !}
      ヾ==ミニテ‐‐:. :. :. :. :. :.、:. :. :.\ /
         ヽ / /:. i:. :. :. i;. :. 、:. :.ヽ;.ヽ:. 、Y
          X  /:. :.i:.i:. :. :ハ:. :.:ト_:_:. :.!:. ヾ',
         ゙y i:. : { L-,┼ヾ゙<__ヾ_`Y:. :. ト',     ──だから、
         /:ィ:. :.イ!、z.く     イz:c'〉j:. :. ハ
            iハ:. :. :.KUzソ    ゙ー' j:ノノノ
          i! V\:.\¨   ' __ w /_,,,,,
                ゙ヘ   {´ j  イ:ヽ´
               ` 、、`_ .イ;. ;!:. :〉
            __,.;:;ァ' 《 》 ヾ\:ト
           /´:::::::::::::::トzくく:>:>、/|::::`::...、      __
            /::::::::::::::::::::ト<、 〉::ヘ /l::::::::::::::`<⌒v‐Y:.<:>:‐ヘ
          i:::Y:::::::::::::::::l `<X:::::V>'l:::::::::::::::j::l‐'`ー'´`´   〉:.〉ヾ
            i::::{::::::::::::::::::j   XYV |:::::::::::::::j::ヘ         !:/
            /:::::!::::::::::::::::/ /  `´  |::::::::::::::/::::ヘ        ゙
        〈:::::::::X::::::::::/ /    ヽ !!:::::::::::/:::::::::ヘ
         /::::::::::::/:0//      ヽY:::::::{::::::::::::〈



      _____
    / ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○ )\       拉致監禁して自分色に染め上げようと思います。
 /    (__人__)    \
 |   ヽ |!!il|!|!l| /    |     どうでしょうか?
 \    |ェェェェ|    /
  {三三三三三三三三}
  {三三三三三三三三}
  {三三三三三三三三}
  ゞ三三三三三三三〃
   \   r    /
     ヽ  i  /
      〈___人___〉

50 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:07:01 ID:C7WEuyJM

  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /:.:/l:.:.:.lヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
./:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::/ //./.:.::/ |::.:.:.:.:.:.:ヽ:::..丶
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:./:/ ./  ./.:.:./  |.::.:.|:.:.:.:.:.i:.:.:.::ヽ
---ヘ:.:.:.:.γ二/:::/∠_\   /:://   |:.:/|.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.}
    .|:.:.:./匕 /:://ソ´ヽヾ\, /:://u,__|/-.l:.:.:.:.:.}::::/|::|       人人人人人人人人人人人人
    ||.:.l 弋/::/∥ {::乳::|  //  彳=ヾ |:.:.:./:.:/ .|/      <                  >
\/\|:.:.\ l/    ヽ;;;シ  ´   /イ;;::i Ⅵ::::/::;/|        < そんなのだめぇぇ!!     >
::::::::::::::::\.:.:.:.> u /////     弋;;;,ノ ソノ.:.:.:.:.:.:|        <                  >
:::::::::::::::::::::レ  \     ,.__   , ///// /:.:.:.:.:.:.:.:.:.|          Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`Y`
\:::::::::::::::::\   \  /  ` ー┐   ./ノ\|:.:.:|:.:.:|
\.\:::::::::::::::::\   \ヽ_  .丿   ノ   \|\|
  .\:\ヽ:::::::::::..ゝ /|\ _,..-- ´       ` `
ヽ  .\:\::::::::::::| /  |::::::´:.//┐
     \.\::::::.ゝ  |::::::::// /Z
│  /   \:\::} 二 |::::::// /  \
│ ./    ∧\ lヽ ./::::// /     \



          /: : : : : : : : : : : : : : ヽ:.\
         /∠: : : : : : : : : : : : : \: \:丶
        //_/ -/: : : : i: : : : : :._\ニ丶':,
         //: : /: : :/: : : : /!: : : : : : : : : :ヘ: : :.ヘ
       レ: : :/: : : i: : : ::./ i: : i: ト: :ヽ: : : : :',: : :ヘ
      , : : /: : : ::!: : /i:i  !: :.ヘ::!\: \: : :.ト : : :、     駄目だよリーネちゃん。幾ら好きだからといって、
       /: : : : : :‐A、:! ∥ |: : i ヾ、 \: _ :l:ヽ: : . 、
     ,: : ::::::i: : : / !:!`云ミ ヘ: : ! `≠キ'¨\: : ,::::\: :\   相手の気持ちを考えないで突き進むなんてさ。
   /:::::::::::.|.: :.∧ 斤ホら  ヽ::V ,.ホらト } : :|::::::::\.: : .、
 ,ィ::/ 7:/ レ::/{ヘ 代zソ   ヾ! 弋zソノ ∧: ト::!ヽ!<入:.\それじゃあストーカーだよ。迷惑なだけだよ。
        Ⅵヽzi/////   、  //////_人:!リ      ̄
      zイヽ : : : ヽ、   __    , : : : : :\
      /^\\ : : : へ、(  r<ヽト.< : : : ://へ
      i \ \\ : : : ト ̄f^ト ヽ 〉 }: :. :// ,ィ ┤
      |   \ ヘ\: : ヘ | | i } } /, /i  /   |
      |    ヽ ヾ\\: !/ ~  " //: :/ / /  ,
      ヽ   i   \:.>/    ∠: :://  /  /

51 :どこかの名無しさん:2011/11/09(水) 00:07:46 ID:EtaCYGYA


やる夫ロックお好みスレwww




52 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:07:54 ID:C7WEuyJM


  |!-‐== 、-‐: :  ̄ ¨__- 、   _____
   !  /: : : : : : : : : : : :.ヾく二 -‐‐ ¨フ
   ∨: : : ://:. ;〃: l: : : :i: : ∧    /
  .〃:/: :〃:.:/ /l: :|ヽ: : l: :|: :.∨ /
  //:/!: : lム⊥_{ W_ヾ:ト、l: : :.Yi
.   l/ |!: :.{ ∨‐    - `メ リ: i :}:リ     うーん、そうかな? 拉致監禁しての納屋でズブリはやる夫スレの常識だよ。
.   |! |\ir=ミ   ≠=ミ ノ:.从リ
       !::::::: ,   :::::::∠ノュ ノ.       ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1
        ヽ  ┌ ┐   ,.ィ:ァ<.         )無いから! そんな常識は絶対に無いから!
          > 、_ .,.ィ ⊥ォ: : :.Y     ‐=、´
        ____ ノT゙ ̄/::ヽ: : ム      )というかその常套句はいつから浸透してるの!
      〃:::/:::}从/:::::/:::::ヾ: : ゙Y    , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ
      〃-‐ヽノフ∠::_/¨::::;::-‐-Y: :{
    ,{:{::::::/ //:::::::>〃:::::::::::::}: : :)
    /::{::::/ //::::/:::〃 ::::::::::::::i : : ゙ヽ,



  /// : :/:     : /:   .:i    :i : :ヽ  : :\i
  {!/ : :/ , : / i: :ハ: .  :|ヽ . :ト、 : :i  : : :ヽ
  / / /  i i  Lリ_ | i  l 十i=|=|ト、 |  : : : :i    それにヤンデレならミクちゃんも負けてないよ。
  | イ i . : !ィキラ¨¨_.|/| ,'  ∨__リ ヾト i: : : ハ!
  |! | ! . :イ! ∨ィェz   !/  イろfi了ミ | |: : / リ    自分が読んだスレは大抵やる夫を拉致監禁してるよ。
    !j  i: : Y'´ろfi }     弋zソ  | ! /リ
    リ∧ト、 ヽ弋zソ        ¨   レ'//       ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1
       \ト     、       イ-'         )
         ヘ    、___,     /ミミ.>     ‐=、´  それはごく一部のスレだけーーー!!
         丶、         , ':\         )
            `ト __  , イi. : : :/         , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ
           /|\ _  / |\/: ̄:7
          /: :/  / { |    l: : : `V . .、
     r-‐ '´:/: : :/  | } |    !: : : ::i: : : : \

53 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:09:11 ID:C7WEuyJM


                              _.. -┐
                              .  " /,ハ }
                 , -‐ァ'" ̄~¨ミ/  /    }}
         . -‐…‐-ミ´  /  `丶、   `''<彡   i}
      __,/___//⌒  {       ヘ\       \ j.!
   :::::: 「 〃─--=≠        l   } lハヽ  \   V/   でも、実際問題、好きな人が振り向いてもらえない。
    :::::.∨   ミ/     /      | _」⊥L._',   ',  ',
     :::::.゙ 、  /     / ハ| {  リィ゙}厂__[__ハ | │ }    なら、恋する意味は無いんじゃないの?
     :::::::..\_,′ /    _」Lハ, // lノ ア゙ん心V| |ヽリ
        :::::::::│ i   レ'ィ「 _]} |/ ´  ″ゞ::::.:リ/ 八)}    愛する意義は存在しないよ。
         :::::::: |  i  '´{ |.ィfてu、      ¨´///_厶 ┐
        :::::::: |│i   l从{{弋::.:゚)      ゙゙゛´ ィ彡 __」
       ::::::::.ヽ|八  いtヘ` ゙´   、      人ヽ、
         ::::::::..ヽ:::\ト、\ハ、゙゛   ‐    イ  〉 )
           ::::::::::::::::::_,r‐-≧ー-  .. / | \_,厶-ヘ
              :::::::::::〈/ /厶イ \_    ト、 ∨   \
            .::::::::ノ∧_,ノ/ |  人_`ヽ/⌒7二.__\ノ} \



              . . -‐…・・・…‐- .
           ,.  ´            `丶、
          /                 \
        /   / .::   -‐=ニ二 __\_\
       / .:   .: .::/.: .::::::::}:::.、::::::::::\::::::::::::::::::::ヽ
     // .::::::/ .:: ::/ィ.::::::::::::ハ:::l\:::::::::::::\::::::::::::::::::::.     そんな事無いよ。扶桑では大和撫子七変化が尊ばれているの。
    / /.:::::::/.::::::: :::/ /.:::::::::::/ }:::|  \_::::::::::::::::::::::::::::::∧
   '   .::::::::/ ::::::/::/ /:l::::::::::/ '「:厂 ̄ハ`:::::::::ハ:::::::::::::::ハ    押し忍ぶ恋。耐え忍ぶ恋。それが美しいとされているよ。
  /    |::::.イ ::::::/::/⌒/!.:::::, '  l/ ィ爪「心',::::::::::{ト、:::::::::::\ゝ
.       l::/ !:::::::ハ/_,∠.」:/   /  rし:::::ハ》,:::::::ト、\:::::::::::.\  例え振り向いてもらえなくても相手をただ想う。
     八l/|:::::::{ 〃し心`       弋::シ  ∧::::ト }::::::ヽ::::::::::.
      /:::|:::::::ハ八弋::ツ      ::::::::.:.:   ∧::!/:::::::/ ヽハ::.  それもまた、一つの愛の形だと思う。
.     /.::八::::{人ヽ :::::.:   、         .ィV.::::::/    `ヽ
     /.::::. イヽ!  ',ハ        _       /:::::::::::/
.     厶 "     }人     ー'     イ::::::/イ
            八\> .        イ |从′
                ヽへト≧=┐´     V^:..、__
                       x-‐|    /.:::::::::::::::`丶、
                _/::::/  /.:::::::::::::::::::::::::::::::\
                 ┌<:::::::/  /.:::::::::::::::,   '"´ ̄ ̄`ヽ
             「|:::::::::::/二二'.::::::::::::::::/          }ハ

54 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:10:08 ID:C7WEuyJM


                  ,  -――- 、,z====-
               , ' /        `ヽ、
              /./   / / /   /    \
             / /.   / /イ // l i  i l  ヽ
                / /イ   レ-/‐レ=ナ'  l! l  i !  ヘ
            l l/ l   l. イてうヽ   l`ミレ、!. !  トハ    それ、本当なのー?
            l lr' !l  l  弋リ     fぅ.、ゝ! ./lハl
               ', { イハ、  !        、匕!ノ/イ /  .l    芳佳ちゃんは二人に言い寄られているからって
            ヽヽヽイ\l        ′  !//       適当をほざいてるだけじゃないの。
             ヽi ̄ヽ         rっ   イ'
           マ777ヘ ! ヽ        /
                ゛ア⌒ i`!   `     /
            ( イ !r-、   T  `´
           〃人//   `` ァトi
           (/ f  \   / ! ll:>‐、
        , ∠ / ハ   \/ / 〉'/ヽヽ、
        i    ヽ  ハ    Y r' イ ヽ `ヽ` ー、
        l   、 ヽ l 〉‐‐-! ーニつ ` l  l !
        l   .!/ \ .! r'_´-ァ  !  l l、
        r、    ヽ l  ,  .> l、    l'  !  .V l
        〉、    ヽ ニニ / ヽ  l  !ヽ/ / !



         / /.:::::::::/ ̄ 二/ニ=‐zノ i::::/.::::::、/  |::!  ヽ::::::::|::::::
.        / /.::::::ィ  / , ==、゙ヽ   |:/ l::::::/ ゝ‐-|:l. _   ';:::::::|::::::
       / .ィ.::::::/く} 〃 .イ__)..:ハ  | l:::;   ≫=lミ `゙'';::::::|ヽ::   いっ、今はそんなの関係ないでしょうー。
       //.:::::/ ヽ|  {  i::l゚:::::(_/    | 八{   ,ィ'゙⌒ヽ\ ';::`ト、|::
      /.::/.::/!   j     ヒ::ーrン′         ん_).....:ハ ヽ|:::;  |::
    .:::::::::;/..::::| {/ .:::::::::. ̄            i:::l゚:::::::(_,リ  }l|/   |::
    :::::_彡.:::::::人 .'         r′      `  、::rシ′〃   |:::
      /.:::/  l::!                .:::::::::.:..          /.::
.      /l/   |:::.      />-‐――‐‐- 、             //⌒ヽ
       {      |:::ヘ    l/          ヽ         /
              |∧:.ヽ  {            }          / }
              人 Vハ ヽ          丿           ,ノ

58 :どこかの名無しさん:2011/11/09(水) 00:14:34 ID:EtaCYGYA

>>54
リーネなら言うと思ったー!ww




55 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:11:27 ID:C7WEuyJM

.  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::'.,
 ,': : : : : : /: : : : : : : : : :||: : :|\: : : : :\ : : ∧
 |: : : : : / : : : : :/: : : / ||: : :| _|:-|:-:-: : : : : ハ
 |: : : : ::|: : : : : i::斗/- |: : ::|  |:: |/\::|: : :ヽ: !    うっ、嘘だと思うんなら同じ扶桑出身の坂本さんに聞いてみようよ。
 ',: : : : :|: : : :ィi: ::/    |: ::/  ,| -- 、ト、: ::! :!
  }: : : : |: :/ :/.|:/ -- 、 |::/   ん:心 i | y::|: : ',   坂本さんの恋人はヤザンさんだけど結ばれるまで色々と苦労していたと
  ,: : : ::_|: : :/ ./ ん:心 |/    弋r::ソ / |ハ:|: : : :、  思うの。
  : : : :|: |: :/ { 弋r::ソ           |::/|!\\:ヽ
  : : : 人|:/\         ,   :::::  |/:/  \\\
  : : // .|!─-ヘ  :::::     - 、    /::/       だって、ヤザンさんが前に所属していた部隊は男だけのエリート部隊。
  : //    \::::\     ,'    !  /|:/        それゆえに女性であることを押し殺していたはず。
  //     `ヽ:::| 丶. _丶  - '/人二ュ
          ヽ  \:;ム ̄     ヽソ::\     だから想いを伝えられず、そこにドラマはあったはずだよ。
.             /::::::ヘ     /::::::::::::::\



               ,.   -──- 、
             , '´  ,. -──-. 、`ヽ、
          /  ,. .:´: : : : : : : : .:`ヽ、 ',  ̄ `ヽ
         /  , .:´: : : : : : : : : : : : : : : :\
          { /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :\
         /V: : :.l: : :/{: : /:∧: :l: : :l: l: : : : : :ヽ
        ./: /: : : l: ./.::l: :/l/.:.:.:Vl: : :l: l: : : : :l ::|
        l: ∧: : : l:/-=='    `===r.:: : : lヽ|     でも、坂本少尉は大和撫子というより男前だからなー。
        l/: : ',.:.:.:l rt.:テ〒     r〒.テT.:.:.:.:.:l
        l:∧: :V: l 弋.:ソノ     弋.:ノノ: : /V       違和感無く溶け込んでいたんじゃないかなー。
          ',:( ( l u     ,       l/ /
          Vヽハ              ノノ
             丶   -‐   /
               l 、_,. イ
                  ノ      |
           _,  ´        `丶、
         , ´    ̄ ̄ `  ´  ̄   ̄`ヽ

56 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:12:42 ID:C7WEuyJM

   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘


                .  -----   .
               ´::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /:::::::::: /::::::::::::::::::i:::::::::::: i::::::::::V::::ヘ
.          /:::::::::: //:::i:::::::::::::ハ i::::::i::|、::i::::::∨:::ハ
          ':::::::::::: |:||::::|::::::::::: | |:|::::::|::|.|::| ::::::ハ:V :!
        |::::::::::::/|:||::::|::::::::::: | |:|::::::|::|'|::| ::::::: ||:Ⅵ    それでわたしの所に来たのか……。
        |:::::::::〃-‐====┘ー,―‐ >‐…‐ 、|: }:!
        l::::::: 〃 /'  /:::/  Y    .イテ〒'>/:/
          >―┤ {  /:::/   |     |i: d 'λi'
        { (. | ‘、./:::/   /    `¨´ ハV
           \ヽ.|)  /'‐--‐'      ,     !ノ.}
          T:|:ー〈.               / /
             | ::::::::i\       o     イ
             | ::::::::|   丶、
             | ::::::::| _.|   >-<
             | ::::::::||  \     ,!>
     x≦三三三三 ヽ.    ̄l /   |_____
    /  `、        > .  ∨ /ヘ三三三三ヽ
.    /    ',           くО           ハ
   /     i            ',         \ / !
 厂 ̄´   | /              ',         \|

57 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:13:46 ID:C7WEuyJM


          /::::::|  ` '/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧/ /
         |::::::::∧.  /::::::::::::::::::::/:::::::::/|::::::::|\:::::::::::ハ /
.        |:::::::::::::ヘ./::::::::::::::::::::/::::::/ |::::::::| .|:::::::::::::i/!
.         |:::::::::::::::/:/:::::::::::∠/:::∠_  |::::::::|  |:::::::::::::|::|    坂本さんが前にいた部隊は女であることを捨てろと
        /::::::::::///:::::::/_,,/イ-、 ` .|::::::/- ┼::|:::::::|:::|
.       /:::::::::::{ .//:::::::/ イf心リ    |:::/イ下ヘ::|::::::|::::|    言われていたと聞いてます。そこでヤザンさんの心を
       /::::::::::::人/|::::::/ ヽ弋:ソ     |/ {rjソ //|:::::|:::::|
.      /:::/|:/|:::::ヘ|:::八  ::::::::::       :::::: !:/::::ハ|::|   ゲットしたのには並大抵の苦労ではないと思うのですが。
     //    ヘ∧:|/:ヘ          ′   |人/  :|人
            八:|:::|\      | ̄ ̄/   /
            _Yi:  \    ` ─'  ,  '
.          /\.ノ     > , __  ィ::>-、
         /:::::::::::::\     / ヘ::::::::::::::::|:::|ヘ
.       /:::::::::::::::::::::::::\   .人  ∨::::::::::|:::| |ヘ
     /:::─::::、:::::::::::::::::::::ヘ _ / ∨:::::/::/|. | \
     i〆 ̄`ヽ、\::::::::::::::::::::ヘ _,...-:':|::::/::/::::|.ヘ  ∧



                   ,   '' ¨¨¨ ''   .
                / : :::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                 ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/!::ハ:ヽ
           ,..-一/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: //|:::::i::: ヘ
              /:::::::::/ヘ, :::::::::::::::::::::::::::: >'"//{ !::: |i::: }ヘ
          /:::::::::::{:::::ヘ,::::::::;r‐-、 : :/ `丶、i { |:::::|i!::::|i:ヘ
.         /:::::::::::/|::::::: ヘ,::/ ,ヘ ∨゙ /´ ̄へ,  ,.'}: :i:} ハ
        /:::::::::::/ V:::::::::ヘ! {. く ハ { /::::/}'´ ー/> .|     まあな。教導隊の一つであったから選りすぐりのMSパイロット達が
.       /:::::::::::/   ゙:::::::: λ ー,/}ヘ,:::/ ,ノ fiケ }. ''"     集められていた。元々は男達だけの部隊だから女性が所属することが
.         /:::::::::::/    \::: :/ ゙̄,. /   ` ̄   〈′        前提とされていない。ゆえに着替えとかも一緒に行ったさ。
        /:::::::::::/      ,ゞ/            冫
.       /:::::::::::/       ┌‐‐‐―--\   ` ー/
      /::::::: : /      /   ,.. -‐‐‐=ゝ、__, イ
.     /::::::: : /      /  ´       > .,三三ヽ._
   ,':::::::::: /      . '´        i   //      ハ
    |::::::::::/   /            |i. //,       }
    |::::: :/   i´                i! / {/       /
    ∨::::   |',             {/ :/       /\
.    \i    |.ヘ.              / :/       /  `:、
      \  |! V            i: :i      /:.    }
          i|  ∨、           !:.:|        {: : .   ./
           i !  Vヘ.        !:,'       ,イ: : : :/
.          i. i   ∨ヘ.       {i     //}: ;ィ´


59 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:14:39 ID:C7WEuyJM

    l.:/ .:.:.u::.:..:l/‐-/  l.:/ -',.:.:.:.:,
   V.:.>‐l .:.:>ちホ:::::u::::/ちホV.:.:.',                うわー、予想以上ですね。
  ,.:'.:.:.{.u |.:./{ ト-j:::::::::::::::ト‐j l∧.:.'、
. ∠イ',八__|/_u `´    u`´ ハ.∧.:.\
      )ハ::\ r‐=‐、   ノ    ̄
         Vl:::〕`ニニ´r≦
        ,x<:::::::<    ヽ:::`x
     / \ヽ:::\___}::://ヽ



                     ____
                   ,  ´         `  、
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
          ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
            i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::i
            |`、::::::::/:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::/::, '|
            |::::::::: /::://:::/ :i:: i:i::::::::ii::::::∨::∧ヘ:/ : ::::|    女であることを捨てる。すべてはそこからだ。
            | :::://::://:::/ ::||:: |:|::::::::||i:::::::∨::∧ヘ ゞ : ::;
.            ヘ:::/ !:: i:ii:::i::::::||:: |:|::::::::|||:::::::::|::::::::|:::lヾ::: /     からかい嘲りは日常茶飯事。
            |´ヘ:! |::::|:||:::|::::::||:: |:|::::::::|||:::::::::|::::::::|:::| }:::/,`!
            | ハ||',_,.ニニニト、,,,__ |:|::::::::| ,,...‐''"´ ̄ .〉!ハ j    直接襲われたりなどの行為こそ無いが
.            V ||ヘ  /:::/ ̄Y     ,,____,,,... /.||//
             `||ヽ'/:::/   ノ    ´ ゙゙゙゙̄´ `/ ||/     言葉のセクハラは毎日だったよ。
           |!ーヘー―‐ ´            /}ーi|
           |     、      i        /:::|  |      女ごときが──そういう意思は蔓延してた。
                    ゝ.     ___     .ィ :::::|
            ,..イ ∧ >      ` . <. ∧ヽ、
     _,,... ‐''"   l./ ∧  \≧ー≦/   / ヘ.| `    .,,_
     /∧ _,,... ‐''"     ∧  |    |   /   `   ...,,_ ∧ヘ,

60 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:15:56 ID:C7WEuyJM


    `、 \  \ \   `丶、.。  .......................
         ヽ       丶。   ´::::::::::::::::::::::::::: `丶
       ',  丶.   \  。/::::;i::i:::i::i ::ii::ii::::::::::::::::::::::\
         ヽ 丶   ゚ //::::/||:\!ハ:::||::|| ̄三二ニ==:、
            `、   ; ' //::::/_」LL」_ |::||::||∨::::::::::::::::::::::::::ヘ
               。//::: ´__    l::||::|| ヾ::::\ ::::::::::::::: ハ
         ',         _ノ ー==、   ll::ll ミ::i::::i:::= ニ二三|    だから、下手に恥ずかしがらず、堂々としたぞ。
            '  。゙ |    """       ゞ:|::::||:::::::::::i:::i:i: |
               ; |         ヽ  /'"´`V! :::::::::|:::|:l: |    例えばシャワーなども前を隠さずに
           . `、   ‐-      。/  /´ヘ. }|:::::::::::|:::|:l: !
             ',  λ      丶 { ー‐' ィ: |:::::::::::|:::|:l::|    上を向いて歩いた。──それこそ向こうが怖気つくほどな。
             ',   }    u. . . : : : :´|「「:::::|:: !: : ー= ニ:|
                    ̄ ̄ ̄|ヘ: : : : :.:.:.||:|::::::l:: |:::::::::::|:::|:|:|    凄いぞ。わたしが歩くとみんな股間を隠して引き下がるんだからな。
                  ゚     |::ハ : : : :.:.:||:l ̄三二ニ==-:!
             ',   ',   |::|、!:.:.  .ハハ::::==ニニ二三|
                   。. 」/|:   /:/ Ⅵ:: |:::::::::::|:::|:|:|
               ,.  ´   υ /:/   \:|:::::::::::|:::|:|:|
             ;     ゙/_,/       |: !     \ : :::|:::|:|:|
                ´            !/        ヽ :! :|:|:|
        "/            、′       i:|:::|:|:|
          /ι  /           ヽ        |:! :|:|:|



              _______
            '´       `ヽ
         /            \
         V     /i  ト、
       /  /__/ l  l \_  \',    じっ、自分には耐えれそうに無いや。そんな環境。
      /  /´i /` l  l ´ \`     ヽ
     /   /,r  ○      ○  x  \ \
    ー-‐イ ハ′///      ///`ト、  \_乙
        \|              i_ノ ̄ ̄ ′
         ゝ、   , ‐--‐、 _ ノ
           仄  ̄ ̄ ̄ ヽ
              /        ヽ
          /          ヽ
           /           ',
            /               ',

61 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:17:00 ID:C7WEuyJM


    ヽ/     /:/:./:.:.i:.:ヽ:.:\   ヽ/
  ヽ/ヽ      /ニ/= /i:=.!.=i.=キ.i   / \/
  ∧       ,':./i:.:.:.:{ L:.:」|:.:.:」:.」|:.|     /\ /
          i:.:| ¨ ニ≧ / -― l:.!      ∧     あっはっはっ。まあ、お勧めはしないぞ。
          |:.:ir'´// j  z==、!:|
          !ヘハ//__ノ  、    ハ}            もう色々と捨てて覚悟しないと無理だからな。
          ト jハ    F=┐   レリ
          | :.:.:へ  ゝ__ノ /             当時は自分を女性であることを本気で忘れたよ。
          | :.:.:| .`j -  イ
          } :.:i:|...,ノ    ' 、__
        , ‐i´  }一   ー{  `i‐-、
        ;   ヽ   }     ノ   j  i
       |  /i    } ,  {    j、   |
       | i j     j l  }     .}}   |
        | . 八`゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙   `゙゙゙゙゙゙゙゙゙ノ  |
        |   i    _ノ 、_  イi  |
       |   |             |i   |
       .i   j|           ハ   |
       j   /l           { ',  ',
       /   | j          ヽ |   '.
      ,'   |./           ',i    i
      ,    l'        i      i ,   l
      i   /     ___     ', ,  |

62 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:17:15 ID:C7WEuyJM


                          ,..‐ '' "  ̄ ̄ ̄     、
                        ,. '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                    ,  ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ.
                   /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                  /:::::/::::::::/::::::::::::::::::,..-‐:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ハ
                /: : /::::::::/::::::::,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::: |
                 /'./::::::::/:::::::/::::::::::::::::,..‐:::,.イ::::::::::::::/:::::::::::::: |
             /  / :://:::::///:::, イ´::::: / ./:::::::: / }::::::,..-‐|    もちろん、実力で黙らせたのもあるぞ。
              // / /!\´ '´ ./:::::/ ./:::::::/.‐''"´:::::::: : ,'
               /   / ´ ,| /\./ '゙´_,∠.-‐'´     }:::::::::::: /     なんやかんやで一番大切なのはそれだ。
                   /.|'::::/'ヘ‐'''"  .--‐‐‐‐‐…  ,ゞ:,.- 、/
                   /   |、/  ノ     '"~{乏汽`>  /:/ ヘ }:..、    百万遍の言葉より一回の行動こそが分りやすい。
                , '     ! ` ̄       弋ゞノ   / .i ん /、:::::::> .
                  /     ,. ヘ.   '         ´     / ,}-‐'´ ヘ::::::::::::: `ヽ.
           __,,,................,,,_  |   ヽ. ゝ  __      , /''゙|      .}::::) :::::::::::ハ
      ,. ' ´::::::::::::::::::::::::::::::::: `|   ./\      ,.<.../.イ|     /::::::::::::::::::::::/
..     / '"´´  ̄ ̄ ̄`゙"''‐ . : |   /  i¨ ー‐ ≦´ _,..‐'/  ,へ.-‐''´::::::::::::::::::::::/
   /                   `゙| /  ヘ |   /    ,'_,ノ /\::::::::::::: ;:. ' 馬鹿にした連中はみんな地に這い蹲らせたよ。
   {                 !/   ゝ! ./_,...‐'''"   \   \"゙´
                     /       }´ ̄            \.  \
                /       / ○              /\/ヘ.
                 /  /⌒',.   /     ___         /  i   }
               /   |   ∨../    /   !}       ,'ヘ,/   .|   |
              ,'     ヘ    ∨    {、_ ゙{        ' /    i   |
              ',: .    \.  `'<ニ∧  !_    | '        |
                 ヘ.: : . .    `i、,ィ───チ   〉、\   | '        |
                \: : : : : ...(           〉.ヘ \ |           |
                 > . : : ( ̄ ̄ ̄ ̄´ } .|   \ ̄>.._    |
                       ∨: : :.`,―――  }  l.     \   バ\  |
                   V: : :.‘ー------ ´   |          / !  \|
                     ∨: : : : \      /           /
                          ヽ=='_____,,...-‐''"´

63 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:18:05 ID:C7WEuyJM

        /   ′   │     /.|    |`ト、,,.,;;},,..リL.._}    ', |
          /   ,′  { │  /__′| {   | '{"´ヽ| 厂ヽ|     l |
.       .′/     | _,.|;;''"l゙~「  リハ   | ヽ _」Lノ,,、 │   l | |    それでヤザンさんとはどうやって知り合ったんです?
       l / ,{     f゙'"|ハ |_」、   \|  / fて(バヾ|   | リ 丿
       l / |/ |     |  , ィ7乙,`         {::::::、リ j!   リ/
        ′|l |   { l V/ {:::::、_j            `ー '゙ /  〃
         |l l {   いハ{, 弋ノり             ...../. イ\
              l八  ゙、 ヘ  .......      ,     ""゙ 八  〉
                \  Vハ  ""゛               '  `丶、__
             rく\| 丶        ‐  ´     /        i:i: \
           /  :i:i.   、`  .._          /   _,.    i:i:   ヽ



               . : :´:: ̄ ̄ ̄ ̄::`丶、
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              .:::::::: /;:::::;::;:::::::::::::::::::::::::∧::::::::ヘ
             /::::::::://:::/'/::::::::::λ:V∧:::∧:/:ハ
         |\:// :: ||:| ::::::::: | |:::lVハ:::::∧:/:|
         |ヽ/!:!::::: ||:| ::::::::: | |:::l:|::::|::::::::|ゞ: :|     ヤザンは教導隊の隊長だった。わたしに対しての接し方も
.            |ヘ::| |:|:::::::||:| ::::::::: | |:::l:|::::|::::::::|ヾ::l|
.            ∨:{ `≧ュ 、、‐─┘.斗ヒT二丁}::/      男か女ではなく、使えるか使えないかだった。
            冫| / /:/ Y´    '"i兀i}ア/-{
          {ヘ|.{/:/   ノ     弋ツ ,'|∨      あくまで部下として兵士としてだ。
           ヽ.| ヘー--‐ '          /!|/
              |. ∧     '      /‐'|       ただ、裸になったわたしを見たら股間はそそり立たせていたな。
              |   丶    ー 一    .イ|. |
                  >      イ::: l:|         全然隠さなかったぞ。〝生理現象だ、気にするな〟の一言で終わり。
                   ,⊥≧≦ ⊥! :: l:|
                  」   |/    |:::::l:|         一応女性扱いはされていたみたいだ。
          ,. -=≦/  ` 「O    ヘ≧ュ.、、 _
       r<> ' ´      |           ` ' <>┐
       |  |            /          /´ ,   |
       |  |  /        /         / /  .|
       | V/        /O.          //     |
       |ヘ ∨       ./         .:|'     /.|
       | V       /             /   ./  /

64 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:18:47 ID:C7WEuyJM

: : : : : : : : : : \::/   ∥⊥-'' "    c }/ヽ|ヽ||::: : : }|::::: : : : : :::: : : : |
::: : : : : : : : : : : :i   /´        /|   リ リ|::: : : /.|:::: : : : : ;::: : : ||
::::::: : : : : : : : : /┌-./  __,     /|:||」.    ヘ::::/| 」::::: : : : :::::: : :.||
::::::::::: : : : : : : :{ _| /  / (/   /二二_     ,.>'  ̄ ̄ ̄7/|;;>´    さて、わたしの強さの源というわけでないが
::::::::::::::: : : : :ィ´ v/..:::/  { /           ´       /
::::::::::::::::::::/`、 ヽ|:::c{  |彡==,,"""゙'      ..::===ヾ, /         当時は魔眼の力に頼りきっていた。
:::::::::::イ ` 、 丶 `ヾ,,{  |:::::::::ヾ `\       / 斤》ミ ||/
:::::::::::::ト 、 .\  ゞ.ソ/`  .|:::||::=|           |弋℃ ∥          何せ遠くのものが見える。相手の弱いところが見抜ける。
:::::::::::::} .\く`ヽ、ν   廴;;;ノ           ヽ='´  {、
::::::::::::{  ::::`:ゝ彡ソ    .}.........          、  :::::::: |ヘ          今はもう無理だが、やる夫のように予測射撃もできた。
:::::::::::::|   ::::::::::::{     }::::::::          ヽ     .| ヽ
:::::::::::::|     :::::{     !             ′    ノ          まあ、あれだ。今のやる夫とリネットを足して二で割らない
:::::::::::::|      ::.    ノ       ___ ,.     ./
:::::::::::::|     ..:::   /、       ` ̄´     ./            活躍をしていたぞ。
:::::::::::::ゝ   ...:::::...../:::::::::ゝ、           /
` ̄7 丶__,ノ:::::::::/|::::::::::::::::::::::>- .,     ,/
   !     .: ://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::7>-



               ,.   -──- 、
             , '´  ,. -──-. 、`ヽ、
          /  ,. .:´: : : : : : : : .:`ヽ、 ',  ̄ `ヽ
         /  , .:´: : : : : : : : : : : : : : : :\
          { /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :\
         /V: : :.l: : :/{: : /:∧: :l: : :l: l: : : : : :ヽ
        ./: /: : : l: ./.::l: :/l/.:.:.:Vl: : :l: l: : : : :l ::|    わたしとやる夫さんの能力……化け物というかチートすぎですね。
        l: ∧: : : l:/-=='    `===r.:: : : lヽ|
        l/: : ',.:.:.:l rt.:テ〒     r〒.テT.:.:.:.:.:l
        l:∧: :V: l 弋.:ソノ     弋.:ノノ: : /V
          ',:( ( l u     ,       l/ /
          Vヽハ              ノノ
             丶   -‐   /
               l 、_,. イ
                  ノ      |
           _,  ´        `丶、
         , ´    ̄ ̄ `  ´  ̄   ̄`ヽ
          /                     i

65 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:19:45 ID:C7WEuyJM

                     .  -‐―‐‐-  .
                 , '´:::::::::::/:::::::::::::::::::::`丶、
                 /::::::::: : :/::::::/:::::/:::i:::::::i:: :ヘ:\
             , '::::::::::::::://: : :/ : :/: : |!::: :|i:::: :i : `、
            ___/::::::::::::::::/ .//: :/ : :/!: : :||::::::||:::: :|:::::: ヘ.
          ,イ ::::i::::::::::::: :〃//、,_:i:::::::i |:::: :||::::::||:::::::|::::::i: ハ
            i:::::::::{:::::::::::::/ Y´ ゙゙̄'> 、!_,...-‐゙||:::::::|::::::|:::i:|
            |:::::::::|:>‐<:i.  |  /::/ }   -―‐‐-|::: :|:/!|     だから使いすぎたのだろう。魔眼の力は年を取るにつれ
            |:::::::::|{ ,ヘ..||  ,><::/  /    イう}''ァ/≧//'
            |:::::::::|ヘ ( ||/   `''''''"     弋ソ '/>'"´      衰えてきた。今、こうやって眼帯をしているのも使わないように
            |:::::::::| \,゙|!             ,!    /
            |:::::::::|.  ヘ|:、      _      ∧          するためだ。いざという時のために溜めているわけだ。
            |:::::::::|  /Vヽ.         `   ,.イ }
            |:::::::::|. /   !.  丶.       .  ´  /          それでも遠くを見るのと、弾道の見切りしか使えないがな。
            |:::::::::|   /´≧x、、 >-<
            |:::::::::|_,.く      `} トr 、
.         _,..x≦三才´ `    .,__|,,|/ /
       /   ヘ              | 0  `i=-、_
.      /    ヘ.           ',     `゙'<ゝ、
     /      .i. ./            ,       iヘ.
      |.       |. /            ',      \|
      |.       |/               ' 0.      \



                 .  ----
               ,  ´ :::::::::::::::::::::::::: `丶
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              / : :::/::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::ヘ/`、
.            /:::::::/:// :i ::::: i :::: |::ii:i::::::i::::ハ:::::::i
            i:::::::/|::|:| :::|::::::::|i:::: |::||:|:::: |::::: i:::::::!
            |:::::/ |::|:| :::|::::::::||:::: |::||:|:::: |::::: |ヘ:::|
             | :::{ ,,|;;|;;___|::::::::||:::: |::||:|:::: |:::::::! ゞ:!
            }-、!r――‐`ミ /   ,.斗‐┴< ミ:::}    はっきり言おう。魔眼の力が衰えたときは絶望したよ。
           { ヘ||   /:::/}    イ示}゙゙ア j!ヘ
              ヽ. ||!/:::/ ,ノ     弋;;ソ ′/|!. }    もう駄目だ。本気で信じた。実際に衰えと同時に戦績も
              |::゙|!'!`ー一 '"          / .lレ′
.           |:: | ヘ      '       /- '|      落ちたからな。このまま除隊もありえる。そう恐怖した。
              |:: |::: |ゝ    (  )   . イ  |
              |:::::::: |   i 、     .<
              |:::::::: lr<l  `¨´ |i
              |::::::::ノ  `ー┐ r'´|
            ,.<.   ヽ、  ∨ / `ヘ≧z 、
       ,.< >'゙´      くо      |
     /二二´           `、       / !
      |´     `ヽ i            、     Ⅵ
      |     ヘ ∨         `、    \
      |       、 !: .             `、      、
      |        |: :.           ' о   }
      |:.        | : : .           }     /
      |:.    ::. | : : : : : .           /  /

66 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:20:47 ID:C7WEuyJM


              . . -‐…・・・…‐- .
           ,.  ´            `丶、
          /                 \
        /   / .::   -‐=ニ二 __\_\
       / .:   .: .::/.: .::::::::}:::.、::::::::::\::::::::::::::::::::ヽ
     // .::::::/ .:: ::/ィ.::::::::::::ハ:::l\:::::::::::::\::::::::::::::::::::.
    / /.:::::::/.::::::: :::/ /.:::::::::::/ }:::|  \_::::::::::::::::::::::::::::::∧    でも、そうはならなかったのは──
   '   .::::::::/ ::::::/::/ /:l::::::::::/ '「:厂 ̄ハ`:::::::::ハ:::::::::::::::ハ
  /    |::::.イ ::::::/::/⌒/!.:::::, '  l/ ィ爪「心',::::::::::{ト、:::::::::::\ゝ
.       l::/ !:::::::ハ/_,∠.」:/   /  rし:::::ハ》,:::::::ト、\:::::::::::.\
     八l/|:::::::{ 〃し心`       弋::シ  ∧::::ト }::::::ヽ::::::::::.
      /:::|:::::::ハ八弋::ツ      ::::::::.:.:   ∧::!/:::::::/ ヽハ::.
.     /.::八::::{人ヽ :::::.:   、         .ィV.::::::/    `ヽ
     /.::::. イヽ!  ',ハ        _       /:::::::::::/
.     厶 "     }人     ー'     イ::::::/イ
            八\> .        イ |从′
                ヽへト≧=┐´     V^:..、__
                       x-‐|    /.:::::::::::::::`丶、
                _/::::/  /.:::::::::::::::::::::::::::::::\
                 ┌<:::::::/  /.:::::::::::::::,   '"´ ̄ ̄`ヽ
             「|:::::::::::/二二'.::::::::::::::::/          }ハ



               _____
              .  ´::::::::::::::::::::::::`丶.
         / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
.         /:::::/'/:::::iiλ :::: i、 : i::i:、ヘ/゙,
        |::: /'/:::::::||| |::::::::|.|::::|::|||:::| ::: |
        |::::||:|:::::::::||| |::::::::|.|::::|::|||:::|V:::|
        |::::||:|:::::::::||| |::::::::|'|::::|::|||:::| i:: |    その通り。ヤザンのおかげだ。彼はわたしに言ったよ。
        i::」r――‐ 、/   -‐‐…‐ .|:/
         { ||  /:::/ }   イ乞"ア ,l|`!    「魔眼の力が衰えている? だったらその分腕を磨けば良いだろ」
         Ⅵ、/:::/_,ノ    弋ソ ' ' |/
         |::|゙ヘ.     ,       /'"|     わたしを部隊から外すという声もあったが彼は周囲を説得してくれたらしい。
         |::l:::;ヘ.    、  _     /==j、_
         |:/! 丶       イ`゙''<| ヘ   はっきりと聞いたわけでないけどな。
       /゙\ヘ. \ >:< / !   } |
      / //. \ \__ / /    / |
.     ,く //     \ |.|/   | ∧
    /  `''          `'┼'      / ' / 〉
    |    \           ‘、O.    ∨:/ ∧
    |      i         `       V   ∧
    |      |           ,       ',    ∧

67 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:21:24 ID:C7WEuyJM

             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.ヽヽ
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ヘ 、/:.:.:.:.:.:.:.:.:∧ハ
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ' ヘ:.:.:.:.:.:.:.:ノ:.:.ハ:.}
           ′:.:.:.   ......:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:ヘ  ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ハ:
          ,′   :.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.>   ヽ:.:.:.:.:./:.:.|:    何故かははっきりしない。しかし、いつしかわたしの心に
           {:.:.:.;.:.:.:.:.:.:,:,ィ:.:.:.:.:.:,ィ:.:.:_jィL =ニ二  ヽr ‐ 、:.:.
          |:.:.:.|:.:.:.:.:.:.|:ハ:.:.:.:.:.:ハ-ニz ,-{:::ハ. |   l!(、 }:.:.    ヤザンの割合がだんだん増えてきた。
             {: : l!: :-ソニー、´     弋:リ '   |! > )/:.:.:
          レ -ヽ<´ //  ヽ      ´`    ! ゝノ|:.:.:.    気がつけば彼のことを考えるようになったのだ。
              ヽ//  ノ    /////  .ノ「/ |:.:.:.
               ハ__..イ 〈         / |  |:.:.:.
               |!ヘ       ノ    ノ  {__ |:.:.:.
                   !  ゝ、   `     /  / ヘ|:.:.:
                   i    `> 、  ィ´  イ   ヘ__
                       ` /) ィ'´    ノ/
                        |ヘ/    _ ィ ノ
                     _,, <ヽj __,, イ  ´
                _ ,, ィ´   r ´
                /        } 0
                 /        ノ
                 /          /



  |!-‐== 、-‐: :  ̄ ¨__- 、   _____
   !  /: : : : : : : : : : : :.ヾく二 -‐‐ ¨フ
   ∨: : : ://:. ;〃: l: : : :i: : ∧    /
  .〃:/: :〃:.:/ /l: :|ヽ: : l: :|: :.∨ /
  //:/!: : lム⊥_{ W_ヾ:ト、l: : :.Yi       完全に恋する乙女ですね。
.   l/ |!: :.{ ∨‐    - `メ リ: i :}:リ
.   |! |\ir=ミ   ≠=ミ ノ:.从リ
       !::::::: ,   :::::::∠ノュ ノ.
        ヽ  ┌ ┐   ,.ィ:ァ<.
          > 、_ .,.ィ ⊥ォ: : :.Y
        ____ ノT゙ ̄/::ヽ: : ム
      〃:::/:::}从/:::::/:::::ヾ: : ゙Y
      〃-‐ヽノフ∠::_/¨::::;::-‐-Y: :{
    ,{:{::::::/ //:::::::>〃:::::::::::::}: : :)
    /::{::::/ //::::/:::〃 ::::::::::::::i : : ゙ヽ,

68 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:22:15 ID:C7WEuyJM

                   . -――-  .
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
             ,.:::/::/::::::;i::::i:ii V∧ ::::::: ヘ.
.             /: /::/::::::/:|::::|:||: :V∧::::::::::ハ
            |::::|:|:|::::::::||:|::::|:||:::::|:::::|ゞニ=-|
            L::|:|:|::::::::||:|::::|:||:::::|:::::| }-=ニ:!     もちろん、普段は表に出さなかった。ごく普通に接していた。
.             Y/ X´   -―― };;;;:/
              λ/ }   ー==='' /ハ }|     公私は弁えていたし、心のゆるみが許される状況ではない。
            | |ー‐ ' ,         |(_ノ:i|
            |人   _     .イ ::::: ||     ただ……訓練と称してヤザンと二人きりになるのは多くした。
                   .  `   i .|:::::::::||
                 ><――i.|:::::::::||    もちろん甘い雰囲気とかは無いぞ。衰えた魔眼の力を補うべく
                __.入 ∨/  / ̄ ̄ ̄`ヽ
          /i ̄ ̄   Y´ ´     /   ∧ 必死で鍛えていただけだ。
.         /  l /     |.o       /:   ∧
.          |   |′    /       | |    |
            / ./     /         ヽ.| |    |、
        /Y: .      /o       . :∨|    |ハ
          / |: : : : : : : :| : : : : : : : : : : : :∧|    |.∧
.         / :∧: : : : : :.:.| : : : : : : : : : :.:./ ∨    !/∧
        /  . :ヘ: : : : :.:.:|o : : : : : : : :.:./   ≧=一   \
      ノ  : : : :|    |       .: :/  / ̄ ̄`      〉
     / `ヽ._/ ニ=-r'一      :く>'         >'´ ̄ ̄ ̄ ̄
.    |     \ー=ニ二>、__    ∧     >



              ............._................
           ,...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、
         ,..::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::、::::、::.,
        /::::::/:::::/:::::/:;::::::::!::,:::::、:::::::ヾ::::::,::.,
        ,:::::::/:::::/:::::/!::ハ::::::i!::ト;:::::、:::::::,:::::ヾ!
.       i::::::/:::::/:::::/ !:! ';:::::! ';! ';::::、:::::::::,::::::::!
       i::/:!:::::::/:/i!_-i!- ';::::! '!ー-iト!::::::::!::::::i      これこそ押し忍ぶ恋! ですね。
       レ::!:::::::/i:i i!_-  ';:::i  -__i! ヾ::::::!::::::!
.       !::::!::::::ィ イ!:::oト     イ!::::o!ヽ !:::::!:::::::!
      /:::::!i!::/ヘ ゙ 弋::リ     弋::シ ∧::リ:::::::::!
      /::::イ! iヘ、ー ///   、   /// レイ! ヾヘ::!
     //  ! ヾヘ:.、   ┌─┐   /:イ/
           丶,:::....  ゝ ノ  ...イ:/ /
             丶ヾ`l   _ イ/レ
              ィ::ヲ    ゝト、
          _, 、:::::::::::,      /::::::::::::..- 、
         ,-ヘ::::.. 、:::::::, ̄`  ´7:::::::::::/.ィ⌒ヽ
        /    \:::...、::::, ̄ ̄/:::: ..イ/    _!

69 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:24:06 ID:C7WEuyJM

            ,..‐ ''' ""~~~"" '' ‐ .
            ,.'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       /: , '::::::::::::::::::::',::::::ヘ:::::::::::::::::::::::::_,..,
      ,.'/:::/ ::::::::,'/::i::::::: i:::::::::',:::::::::,.. ''"::::::::ハ:、
       //:::/,':::::: ,'/ i::|::::: i:|:i::::::::i-''":::::::::::::::::::::::::',ヘ.
.     //:::,'::ii:: : ,'::i |::|: :: |:|:|::::::::|ヾ:::::::::::::::::::::::::::::i:::i    だが、蜜月の時間は短い。所属していた部隊がベルセルクの攻勢で
     i::i:::::i:::||:::: |:::| |::|: :: |:|:|::::::::| ゞ::::::::::::::::::::::::::} :|
     |::!::: i: ||:::: |:::|'´-:|‐=i::|‐‐::|  ヘ:::::::::::::::::::::::::! :|    ほぼ壊滅状態に陥った。通常、三割の損失があれば部隊は壊滅と
        Vハ'´   /{弐}゙゙゙ア    〉-‐-、 : :::::/ ::|
          | }.    弋,ソ      .//ヘヽ } :::::/ :::::|    言われる。この時は八割近くの損傷を出した。昨夜まで苦楽を共にしたものが
          |ノ              ,' )ノ ./ : :/ : :::::|
         iヽ           i 二.'::/ : ::::::::|    みんな居なくなってしまったよ。
.           ヽ.             j./|::::,.' | ::::::::::::|
          \ ` `       ,.'  |/    | ::::::::::::|    ──部隊だけではない。基地すらも崩壊して何とか撤退するのに成功した。
.              \    ..<    ,.i>:  | ::::::::::::|
       ι     `¨´|ヘ. ┌ ''"´    i   | ::::::::::::|    しかし、あの時は死神の鎌が確かに見えたな。




        ,. '' "  ̄ " '' .
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::',
.    //::::::,'::/:::::::i:::::::::', ::::::ト、:::::i
    i::l!::::::il:::|::::::::|!:::::::::|i::::::| V |
    |:il:::::::|i::i!::::::::i!:::::::::}|:::::|  i:::|     生き残ったわずかな人員は再編成される。つまりヤザンとの別れを意味する。
     〈、Y'´/::/Y __,,... .-‐ ヘ`l
     人,i /::/,ノ  =-‐‐' 夂,/     広い宇宙だ。ここで別れたらいつ会えるか分らない。
.     (  ヘ ̄   ,   ""  /|:::::|
   ι  ,===ヽ、 ,  、  .イ====、     耐えられなくなったわたしはヤザンに自分の気持ちを全てぶつけて吐露した。
     i ヘ ̄ヽ`'ⅴ'' ´ / ̄ ̄ ゙i
     |   V   「o  ´   ∨   |
     |  /   /      |   |
     |.ヘ{    i o      }/  .|
     | ∧  ',         |   |
.      |  ∧   io      /   |
       |   |  |       i    |

70 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:24:51 ID:C7WEuyJM

          /: : :./: : : :/: : :/ : ハ: : :.|ヽ: : :i: : :ヽ i
         /: : :/: : : :/: ://:/  }: : ,'  ',: :|: : : Ⅵ
         ノi⌒ヽ : : //__\   /: , '  , '|:∧ : : : |
       /:.ハ  ,: :/ ィら汀 ヽ // /_   |: : : :|     そしてヤザン隊長は受け入れてくれた!
      / .:.:.:ヘ  ∨_ 〈弋_ソ      r=ミ、 }: : : :|
     ∠ イ:/ ,}ィ´⌒ヽ           ` ∧: : ∧     ということですかー。
         {    _〉、      '      //∧∧:.' ,
          〉 `¨´   」   「  フ    , 'イ:/    \!
          〈  ー―‐'´}ヽ、 ⌒    /
       _/ ヘ       ノ  ` -‐ ァ7 ´
     / /  「ハ  ー '´}    |_
    j/ /   ヘ ヽ    イ |i  , ヽ_ ̄ヽ、
    | /     ヾ `<   /∧'´  -‐ミ|   \
    |         \二二// ヽ'´    |   ∧
    ハ          /\   \   |   /ハ
     ヽ\     /    \   \ / // |




         ,.: ' ""~~"" ' .
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::i\:::::::ヘ.
      ,'::::i::::::::::i::::::::::i:::::::::ハ/',:::::ハ
       i:|:::| :::;;;;;|!:::::::::l :::::::i::|  |:::::::}
       |;l::lY´ /:/`Y´ 二二二 i:::::::|、
         { 」. /:/ /  乂ジ '´ )r‐、i     ────まあ、そうなるかな。次も彼の配慮で同じ部隊──白鳳に所属できたしな。
        ,ヘ_|'メ--‐' ,   ,,,.   i∂j:::|
        ! _/フ      __ υ/┬´::::|
       i´,.'ヘ;、 「 ̄ 丿 / .| : ::::|
       |   ,〕_>┬┬''" ト--、!;;;; ::|
      ,.へ,  |'"-‐''へii_,.-'"ヽ、_/\
.     ∧  `゙7 /   i'o      /  ∧
     i    ∨/    /         i/   ∧
     |    i {    ,'ο        }',.  ∧
     |    |.ハ.   ',       ハ    ∧
.      \__,.>'´|   i.o       | ∨    i

71 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:25:39 ID:C7WEuyJM

           /.:.:.:.:. 、:.:.:/:.:.:,イ/|:.:.:.:.|!:.:.:.:.:.:.ヽ
            ,'.:/.:./:.:.:.:7x∠_/_, !:.:.:/|ハ:.:.:.:.:.:.:.',
         j:/.:.:,':.:.:./,ィチ:て`  j:.:/、_斗:.:.:.:.:.ハ}     ……見た、リーネちゃん。これが扶桑式恋愛だよ。
        〃.:.:.{:.:.:イ ' 弋zノ  / チ圷Z}:.:/
          /.:, イ:∧ハ{ :.:.:.:.:.:.    弋ノ//Ⅵ      自分だけの都合をぶつけずに心に秘める。
       // |:.\ゝ           ' .:.: ハ.:.ヘ
             レヘ:.:` フ    - 、   ノ ヾ '、    押すだけではない一歩引くことも大切なんだよ。
       ,∠三 ̄ヽト{   ヽ     , イ     \
       /    `ヽ  ヽ   /`zチ…-x、
        /   ヽ   ヘ. ハ 、 , -|   j| ハ
     /.!    \  !   !、__.ノ|   〃/ !
      /.::|       ヽ|\ |`…ソ /,イ  |



            ,.  ´ ̄ ̄`   、
.         /::::::;イ:i:::::i:::::ヘヽ::::ヽ
.      /:::/: : i | |:: :|i::::::ハ:::}ゞ: ',           ∧
      {:::/!: : :| !i|:: :||: :: ::|::| ヘ:::}   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      i:::{ '"三`' /  "´`゙ヽ }::i   l 相手を拉致監禁して想いを一方的に押し付けるなんて最低だよ。
        ヘ;:i'´ /:::/ .}   z==ミ .}/   ヽ、_______________
        { ヘ./:::/ ノ 、     ,゙~}
        ヽ,ハ ̄      "" i,X     ……あはははは。なんか耳が痛いというか身が縮こまるな。
       {`ヘ.u ⊂ニつ   イ }
             > .____,. イ::::|
              | ≧ ≦ |.|:::::|
         , <ヽ. ∨ <> i
.      ,<>'゙´  i´o.  `゙''<>、
     /  ヘ.     |       /  ',
      |   /      | o.      ∨  .!
      |  {       |.         }  .!

72 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:26:16 ID:C7WEuyJM

                , ,
     |┃      , , ,-'   ~ ゝ_
 ガラッ. |┃     //,'        ⌒ ~ ,
     |┃  ノ//  |.i.i   r'  ,,,_     ヽ
     |┃三   |!|!|i、  |i ,',-==- 、    ヽ
     |┃       )ゞヾ、 (_(' _-=- 、ヾ    |     よう、何の話をしてるんだ?
     |┃    γ `./        |    !
     |┃三   .| /    , '     |     ゝ
     |┃三  .. ゝi, ___  / __,,, ,,_  ゝ     !
     |┃       !'' -`')  ` ―`` γヽゞ ノ
     |┃       i、 ノ_     _ノ iλ ! i
     |┃三      } ヾ'、ゝ   i'   ν/ ソ
     |┃三      | ,-―---    し /
     |┃       |  ''''      / | ゝ
     |┃        !、     __--''' レ彡
     |┃三       `┐ー''''  ノ  レ
     |┃三       λ、,,,,,,、、---'''⌒!i
               ノ>πiiiiiii!!!!!



        o             ,.''" ̄ ̄ ̄`ヽ、
    。             , -'"/´::::/:::/:::i::::i:::丶`、
         o     ‘ ./:::::::/:::://::/ //!∧:: ',
                ̄ヘ/冖トVL」ノj::zj |:::: i
              i|      i./r ー./` '⌒ ̄ヽi::::::i     あー、いや、なんでもない! なんでもないぞ。
           i.i      Y ! 〃||  ´|貮|`).|::::/
           | ',       セ|〃ノ 、  .凹/./.へ  o
 ∠\ィ. / ̄ ̄丶`丶._   ..‘、 ,.‐-‐、 ""〃ノ  ゚
⊂ヌ ,〉 i |/ ̄``丶、:::::::::::`≧=‐ゝ、‐ ‐'  .イ||''
/,.'丈 ヽi       `"''''''‐‐‐'''"´ J=-‐=厶 |.||
 |卜ヽ、i           _. : ´「Y⌒ ̄7`、‘、
 ∧__  ヽヘ       /‐‐‐' /ο ̄ `ヽ、≧=‐-、
    \  ] `\     / / /       ノ   ハ
    ∧::/ `ヽ\  ,.'/  /ο       i丶  ヽヘ\
    |:::/     \/ .i  |         ∧\   `ヽ、
    レ       `ヽヽ,  ', o        , ' `、      ヽ
     `丶、     i | i   |       /    ヽ、     ヘ

73 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:27:00 ID:C7WEuyJM

              ............._................
           ,...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、
         ,..::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::、::::、::.,
        /::::::/:::::/:::::/:;::::::::!::,:::::、:::::::ヾ::::::,::.,
        ,:::::::/:::::/:::::/!::ハ::::::i!::ト;:::::、:::::::,:::::ヾ!
.       i::::::/:::::/:::::/ !:! ';:::::! ';! ';::::、:::::::::,::::::::!
       i::/:!:::::::/:/i!_-i!- ';::::! '!ー-iト!::::::::!::::::i     坂本さんが押し忍ぶ恋、耐え忍ぶ恋の体現者という話です。
       レ::!:::::::/i:i i!_-  ';:::i  -__i! ヾ::::::!::::::!
.       !::::!::::::ィ イ!:::oト     イ!::::o!ヽ !:::::!:::::::!    つまり奥ゆかしい乙女という事なんです。
      /:::::!i!::/ヘ ゙ 弋::リ     弋::シ ∧::リ:::::::::!
      /::::イ! iヘ、ー ///   、   /// レイ! ヾヘ::!
     //  ! ヾヘ:.、   ┌─┐   /:イ/
           丶,:::....  ゝ ノ  ...イ:/ /
             丶ヾ`l   _ イ/レ
              ィ::ヲ    ゝト、
          _, 、:::::::::::,      /::::::::::::..- 、
         ,-ヘ::::.. 、:::::::, ̄`  ´7:::::::::::/.ィ⌒ヽ
        /    \:::...、::::, ̄ ̄/:::: ..イ/    _!
       /   !  ' ;::::、:::-ヽ. /...:::-..::::/  i ! / .i



              ,.'''""~~""'''‐--‐・,''´
          /:::,'::/::::i::::',:::::ヽ::::"::':ヽ.    人
          ,.' :::::::i:/ii:::::|::i::l!::',::iヘ:::\:::i\   て
       /:::::/ |!、|!::::|::|::i!:::iナヘ;::::::ヽ、     〈
        |::::彡,..-‐>丈ソ .∠__,,,,,,ト- '"´
       |:::::| !  /::/ i '"´   |-、      やっ、こっ、こらまてっ、芳佳!
       /l⌒} ゝ_/::/_,.ノ 、 -‐'''"~ トi }
.      /:::{δ|/ 「`丶、__,,.イ  |メ、
     /::: /`‐K /       | /   ',
      /::: /  j へ._       _|,.'    j
.    /::: /      ._i' ‐┬‐'i_
   /:/i/    ,.:<.  i''‐'7‐‐'i_  `丶、
   |//   ./ ゝ,./ ̄  ',.o   ̄ ̄ ´\
   | i   /   /       '.,      i   \
     /    /         ',.o     V.   \
   / ヽ, _,.イ         i       }\_. \
   | ´ ̄ヘi.  ヽ.       /o    /  7`ヽ  |
   |     |   ',       i      i´    | \ |
   |     |    |     |.o    |    |    |
   |/ ̄`ヽ、   <      .|     |     |_,,.....,,_|
   /ヽ、\へゝ /       .| o     |   /,-、 、 、\
   ヽ/ ̄   /       |、    |.  ヘ/  |,リリリ

74 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:27:30 ID:C7WEuyJM

     ィ / 7"´'´ ´ `ー'ー'´ ̄` ヽ、
    / / /              \
   / l l    /             ヽ
    1 ヽ   l   /            i
   ヽヽ.,,r' i | r(      _,,,_      }
   _7'  ヽ lヽ ヽヽ   ,.ィr- ヽ      !'
  l´   ィ,.=‐` ー`ー '"´   ̄`ヾ    ヾ
  !    f              !     ヽ     あー、美緒が奥ゆかしい乙女?
  1    l      _       {    }       !
  ヽーr  !    _  ヽ_  _,_ィ_   l    ,イ     おいおい、何言ってんだ?
   ヽ7 l -‐_''o_ゝ  r'ヽ┴'‐`  }ヽ-、_ノl
    ゝ-!       |  ヽ      !r  l /      俺 を 監 禁 し て 押 し 倒 し た の に よ 。
    l -l、ヽ    r'_ ヽ   r'  ,l、l  !'
      ! ヽl  !     __,    |ン イ-,
     ヽ !   rー'´― '"´    l/ /
      `!ヽ  ''      ,ィ ノ 7
      ヽ ヽ         / !- 'ノ
        ヽl\      / r'  !/
            ! ヽー― '´  ノ  ,.!、
        l'ゝ、_ `' __,.. -‐_,ニ- l
        ノ- 、 7'',´ r ''"´,.-‐i二!
       ヾ--/././ ヽ'、 ヾ‐≡ン'ヽ




           __               / : : i: : : : : : : :∧: : : :|: : : :i : :ヽ
      .:.'.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 、           ,: : : : |: : : /|: / ヘ: : ∧: : :|: : : : :,
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\        |: : : : :|:ム{=|:/   从/=ヽ l : : : : l
   ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ |:.:.||:.|:.:.:ヽ:.: 、: 、       l: : : : :レ  二      二  ヽ : : : :|    ええっー!!
  /.:.:./:.:.:/:.:.:/:/ |:.:.||:.|ヽ:.:.:|:.:.:.、: 、       ,: : : : :| /f:::::r`    'f::::rハ l: : : : :,
  ,:.:.:.,:.:.:.:,:.:.:.A:/-‐l:.:.:||:.|‐-!:ハ:.:.:.:,:.:.:',      ヽヽ: ::l ! 辷ソ     辷ソl j: :/:./
 ,:.:.:.:i:.:.:.i:./_二 ノハ:ル _二、!:ハ:.:i:.:.:.:,       {ヘ: ! ///   、 /// rfヽイ
 |:.:.:.|:.:.ハ{ /f::::r      f:::rハ |:∧:.:.:.:、      V77i    , ‐-‐ 、    } 〉 〉
./:.: /|:.:.:∧  辷ソ     辷ソ  レl:ト 、:.ヽ      <ヽヽヽ、 {    }  /  /
:./ |:./{, ヘ ///  、  ////ノ:j  \:.: 、    ノ\   ヽ、 ー‐ ,イ  ∠_
   レ ト ヘ   , ―-― 、  /:/リ     ̄    (: :_ヽ   }-><-{ー― {∧/ヽ
     Nヽ\ {     } /V          「 7 >、「 ̄ ̄| |T| |    |7  ヘ
        ヾ!丶 二 イ∧/  _       / - \7ー―‐|7::ヽ├―― } /  |
     「Tー―z|    |7 ̄: :| |⌒ヽ     |     { ヽ   L:::ノ j >   |/   |
    /\\: : : |-   ┤: : : / /  ∧     |     j      〉::::i {      、  |
   ∧   \\: |二ニ二|: :// | / |   |   ノ      {::::::l |     ヘ  |
   | ヘ|    |ヾ \   /〃:::|  Ⅳ  ,     }   /      ∧:::∧!      ヘ |
            七_    七_  l l  二  ナ ゝ        i  ヽ |! |!
          (乂 )    (乂 )  ノ /し  cト   ̄ ̄ ̄   ヽ   ・ ・

75 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:28:23 ID:C7WEuyJM

                   ∩
               ∩    ∩
.
                 ,   ''""""''  、
.       {ヘ.       /、::::::::::::::::::::::::::::: \
       _ゝヽ __   /::::::::\::::::::::::::::::::::::::::: ヽ
{ヘ.   {ミ   `´ノ  ::::::::::::::/iヘ:::::::::::::::::::::::::::::::',
  }.彡 ヽ___/  {:::::::::: /::|! ヘ:::::::::::::::::::::::/: :|
/´\彡...|   |   ,::::::::/:::/::::::ヘ:::::::::::::::::: !:::|:|    いや、アレはだな──
\   彡|   |   ヘ:::/:::/ ::::::::::ヘ::::::::::/´ノ
  \   | 、...|.   /:::/ : ::::::::::::::>ー一ヘ
    \.. |  ゝl、 /: :/ゞ==‐<.   ,.ィ′ }
      \ /::::/=/二二ニ=く ̄            _
        /:::::: / /´       ≧==、       /ノ__
.        {::/{:::{、./          /゙∧     | ´//ヘ
         ヘ!.|ヘ{/          ,/   ∧   __|   i/
           ヽ /         .< ハ     ∧,/ \/ヾ
            ,'         /  / _>、   ヽ   /ヾ、
            ,'    __./  / ̄´  \__,.> ´ヾ__ _/ノ
        /     二ニニ /                |  ヽ____
          / l       i   ',           ―!、_ 三彡'
.         /  !         |.  ',
        「`ヾ.三三三三>ー-.」
       |   `气才"´    |
       |       ハ        |



          }                 }.:}:.:. (
        ノ        ィ彡"⌒ヽ    !:.|:.:.  )
        /         {     ヾ、_ ノノ:.:.  j
.    ,イ/!        イ          `V:.:  イ
    | リ        彡'          ∨彡′
    l       __ ミ   、__   ヘ,    ∨
    ゝ、    /てハ j    ヽ _゚ ゝ  ノ,__ }    凄かったぜ。いきなりドアを閉めて鍵をかけて……押し倒してキスしてきたんだ。
      ゞ     いくi 八           \゚イ/
     彡    ヘ ヘ!|  `ヽ       、ー.,,/ j     抵抗しようにも体は固められて動けなかった。ジュージュツの応用と後で聞いたな。
        `ヽ    トイi   ;   、 ____ /
       ノ ノ ミ彡 :|    !   ` ー‐' ,'      確かにこいつは白兵では俺も敵わないほど成績優秀だったし。
       彡イイ  ヾ;         `"´ i
          ノム、、..._\>....        !
        l: : : : : :_: : :`: :...<`_ー― ′
         l: : : :.:/。_。_。 7: : : : X〕
_____,,l: : : :.′. . . ._/: : : : :小!
圭圭圭圭圭圭≧;、、: : : : : : : : : :/小!
圭圭圭圭圭圭圭圭≧;、、: : : : :// |:i|、
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭k、〈/ ::j:||圭≧;、、

76 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:29:27 ID:C7WEuyJM


         ___,,、-ー── ─ 、、
       /´            `ヽ
        {                ヽ、
        j                     `ヽ
     {       ヾ ノ             ヘ
      ヾ、ミ彡"´ ̄`ヾ彡           i l
...          /      ミ              ! l     呆然としてるうちに息子を立たせられて扱かれながら
        / 、__,    ヾγュ           リ    「好きだ好きだ」と念仏のように耳元でささやかれたかな。
          〉`‘ ノ     リγj }       ノヽ
        /      /   6) }         ノ    正直、こいつを女として見てはいたが恋愛対象として意識は
        〈__,       j     イ        >     していなかった。背中を任せられる数少ない相手。その程度さ。
        ヽ=ー ′    jリ      γ
           ゝ      /ノノ彡、    ゝ
            /     ∠     ヽ、__彡"
            ヽ‐ _コ=──ー====¬-、
          i´:.:「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|



         ,. ' ""~~~"" ' .
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
.       ,'::::::/i::::i:::::::::i:::::::::ii:::::::i::::i::::',
      |::::::/ |::::| :::::::|::::::::||::::: l!::l!::::|
      |:::::i __i;;;;| :::::::|:::::: i.!__,,.l!!.|:::;}    くぅー、
        ',::'Y´ /:/`Y´  ノ_____ iヘ,
       < ,ヘ._/:/_,ノ ι lililililil /X
       ヽソ、 ̄ι 、    υ/ .|
        |:::\  ____  /   j
        |:::: |/>、..___,,.イ
    _,..-'''"_,.ゝi  \/´ |`"'''' - .._
    i\_,.-''"  `ヽ || / ̄"'''- ./i
    |  \        |o       /  |
    |   ,.'  /`ン^ヽ..|      ヘ.   |
    |.   { ,.イ    ',|.o       ',  |
    |  /  ',    /|         }   |
    |/    Ⅶ ̄  |.o       /  |

77 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:30:56 ID:C7WEuyJM


                             ___,,、-ー── ─ 、、
                           /´            `ヽ
                              {                ヽ、
                              j                     `ヽ
                         {       ヾ ノ             ヘ
                          ヾ、ミ彡"´ ̄`ヾ彡           i l   もっとも、
                                /      ミ              ! l
                            /    __,   ヾγュ        リ
                                〉`<’´   リγj }       ノヽ
                            /      /   6) }         ノ
                              〈__,       j     イ        >
                            ヽ=ー ′    jリ      γ
                               ゝ      /ノノ彡、    ゝ
                                  /     ∠     ヽ、__彡"
                                  ヽ‐ _コ=──ー====¬-、
                                i´:.:「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|























   /i:::::::::::::::::::::::::::/ |:i::i:::::::|!:i:::::::::::::::::::|:::::::::::::::|i:::::::::::::i:|::::::::::ヘ:::ハ
.  /: |::::::::::::::::::::::::〃 |:|゙|:::::::|i゙|:::::::::::::: i::|:i:::::::::::::||!::i::::::::|:|:::::::: :i:| : :|
  i:::::|::::::::::::::::::::: :/ .|:|゙|:::::::||:|:::::::::::::: | |:|:::::::::: :|||::|:::::: |:|:::::::: :|:| : :|
  |:::::|:::::::::::::::: : :/   |:|゙|:::::::||:|:::::::::::::: | |:|:::::::::: :||.!:|:::::: |:|:::::::: :|:|:::: |
  |:::::|::::::::::::::::::::〃 ,__|;!゙|:::: :||:|:::::::::::::: | |:|:::::::::: :||゙|:!::: : |:|:::::::: :|:|::::::|
  |:::::|::::::,.― 、:::/  .|:|`゙"''-.:;,__::::::: | |:|:::::::::: :||::|_,.‐''"~:: : :|:|::::::}    わたしはお前のことが好きだー!
  |:::::|:::/ ,ヘ  Ⅵ  Y´ ̄ ̄´/::::>/     __,,ィ'=;==ァ /
  |:::::ヘ{ ( ヘ ヘ!  l.    /::::/  Y´    '´{i::il!O} / ∧
  |:::: : ヘ. {゙ :( ヘ. |  /::::/   ,       辷汐とっ′!
  |::::::::::: \   ) ヘ.ゝ' ::::/     /          '゚oⅳ/
  |:::::::::::::::::|ヘ   )Ⅹ`'く.,____,..'     i        i!'∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |:::::::::::::::::| `ー‐く ヘ i!          /      υ }  | あんな顔を見てしまうと胸が急に詰まったね。
  |:::::::::::::::::|    ∧ }d       _____       /  /   \_________________
  |:::::::::::::::::|    { |ヽ、. ゜    /´ ̄ ̄マ     / ゚
  |:::::::::::::::::|.   .r┤       (_  _,.ノ   . ´   0
  |:::::::::::::::::|.     ! \   > .       ,. ´
  |:::::::::::::::::|    |   > ._  ≧ー-‐'´
  |:::::::::::::::::|  /´|      `丶、 r' |
  |:::::::::::::::::|. / \          | | !

78 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:32:42 ID:C7WEuyJM

                    ____
                 /´    `ヽ
                    /       彡、__
                /             ̄`ヽ
                 ,'  /               `ヽ
               {  {{  //               ト、
               }   ∨{{  ノ _____         }
              ノ    乂、彡"´     `!     イ
             从  /          ヽ    彡    結局、俺は美緒に撃墜されたわけよ。
             ∨ /      }  __    ミ     (_
              ヘ 〉 ____ゝ:::ム"´ ̄`    !     丿   今まで撃墜したことはあってもされたことが無い俺がだ。
               7´ ̄く          l /こヽ  イ
                  {   ______    ノ j/イ} }  j
               `ト に二ニニニ`ヽ j    丿/ _丿
                  ', ∨      /     イ  ム
                 ', j/  ̄ /    ノ  |  ノ
                 ', `ー‐'′    /    !ミ彡
                    !       / /   ト、 ___
                ___,,,,,,`コ=<´   __,,,、r┴──‐ヽ
              ト、二二≧≦二ニ≦ :::::::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.|
              |:::::::::|::::::::::l:::::|:::::::____::::i:.:.:.:.:.:.:.:.|_     ,、r:.:=:¬:=ー-..、
   _,、r───ュ、_,,,,,,、イzj::::::|::::::::::l:::::|:::::::|<><><>|:::|:.:.:>:.:´:.:.>ー:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.://::::/:.:.:.!::::::::::|::::::::::l:::::|:::::::: ̄:::::::::><:.:.:.:.:.:.:/::::/::::::l:__.,、r───:.、:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ





               ___
             ∠´   `ヽ、、
              /          ̄ `ヽ
         /                  }
          〃    i            `ヽ_
         リ    ¦               \
         ト    ∨      ノノ、       `ヽ
        ヽ    ソ    /   `ヽ       ヽ
          ヾ、 /"\.,ノ        ∨       }    だが後悔はしてないぜ。何せ公私ともども最高の〝相棒〟だ。
           ノ /            ミ       ノ
            {   i             }    {      生まれた日は違えど死すときは同じ日に。そう思える相手こそ
          ヾ .l      }    _,   彡ヘ    }
           ミ、 ー。-、 {、<゚ イ   l K }  ノ     貴重なもんだろう?
             `i ` イ      ノ  jオノ 〃
              ヽ  j_     j   イ  ヾ
               ', 、_`´_ イ     ノソ ソ
               ', `ー ´    /  "ト彡
                ヽ  `    /    レ `> 、
              ,、r<ゝー‐‐<   , ‐ イ⌒ .>イi
             /ゝ、_⌒⌒〃´  ̄_`__ >-ー:.´:.:.:.:.:.|
               |_::::_:::::|´ ̄`l:::|´:::::::::::::::::::::::::!:.:.:.:.:.:.j、__     _.,、.:r:.:─‐:.:..、
  ,、.r.:.:─:.ュ、,,,,,,.、.<|><>j:::|:::::::::::l:::|:::「<><><>」:::|:.:.:.:/:.:.: /`:::::7/´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ

79 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:33:24 ID:C7WEuyJM


        __
     , ´      ` 、     のろけかなー。
   /.   |   ノハ  ヽ\
  / /  / ,|   //ト ヽ ∧ ヽ           _____
  ,' ,'  /|/_|ヽノイ |iハ ,  ハ |        ,.....´::::::::::::::::::>..、
  |イ /´,!ュヾ丶  |jニ|ハ  | | |        /:,::::::::::::::::::::、::::::、::\
  !ハ |ィ'ヒハ  Vヾ/ ヒハヾ| ハ| |.        /:/::::/:>i:,::::::i::ハ::::::ヽ::::::ヽ
 ̄ ̄`-`゙'――ュ、゙ニ'___|ノrイ ,'       //::::/:/ ,'ハ:::::ハ:| Vi:::ハ::::::|    のろけだねー。
 ``彡´ ̄ `;;;;;ソー、:::::>―,,、   ,'::!:::/|イニ,|!|::|-|!-ハ',::::::|:::::',
                    `ーV:::|/ ,イバ ! ヾ、|´斤ハ ',:::::|i:::::|
                ::::::::::    `゙ー゙ ゞソ     辷リヾ|:::ハト:::',
            ミ    :::::::::::::::::::ヾ   `>--,,、::::::  |/ハ|ト、\
                 彡´               ̄ ̄`<リ、_`ト丶



          }                 }.:}:.:. (
        ノ        ィ彡"⌒ヽ    !:.|:.:.  )
        /         {     ヾ、_ ノノ:.:.  j
.    ,イ/!        イ          `V:.:  イ
    | リ        彡'          ∨彡′
    l       __ ミ   、__   ヘ,    ∨
    ゝ、    /てハ j    ヽ _゚ ゝ  ノ,__ }      愛とか恋とか俺にはどうも言葉に出来ん。
      ゞ     いくi 八           \゚イ/
     彡    ヘ ヘ!|  `ヽ       、ー.,,/ j       ただ、一番大切な相手。全てをさらけ出せる相手。
        `ヽ    トイi   ;   、 ____ /
       ノ ノ ミ彡 :|    !   ` ー‐' ,'        そういう奴を見つけるべきだろうな。まだ、若いお前さんたちには
       彡イイ  ヾ;         `"´ i
          ノム、、..._\>....        !        ピンと来ないかな。
        l: : : : : :_: : :`: :...<`_ー― ′
         l: : : :.:/。_。_。 7: : : : X〕          俺は見つけた。いや、気づかせてくれたということか。なら幸せさ。
_____,,l: : : :.′. . . ._/: : : : :小!
圭圭圭圭圭圭≧;、、: : : : : : : : : :/小!          これから何があろうとな。そうだろ?
圭圭圭圭圭圭圭圭≧;、、: : : : :// |:i|、
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭k、〈/ ::j:||圭≧;、、

80 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:34:20 ID:C7WEuyJM


             _,..-‐'''''""""'''''‐ .
           , :'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"':..
          /::::::::/:::::::::::::i :::::::::::::i:::::::::::',::::\
.           /::::::::/:/::::::::::::,イ ::::::::::::::|::::::::::::',:::::::`、
          ,':::/:::/:/:::::::::::::::|| :::::::::::::::|i:::}:::::i::',::__,,.. .
          ,':::/:::/:/i:::::::::::::::|.|:::::::::::::::::||:::|:::::|:::|ヽ:::::::i
       i:::/:::i::/ .|::::::_;.-'" ''' /-、:!.!::!:::::|:::| ヽ:::::|   人
       !/ハ::i ッ‐'''~/冫、./   -.~''‐...,,__ ヽ:::::i     て    ううっ、
         ',:::i   /./  |.    '''7乞i!ヽ、_ ./:::::i       〈
         i´!,//   /      |。iii0 ./'../-、/
.         `/ヽ<___,,./      `¬〇..../i`i.i
            |ヽヘ.       `    """"..//| /
           |.   ',                / ,ィ|´
          j.   \.  ⊂ニ⊃   ./`i´ .!
                ヽ、    ,..;'i :::::::::|
                     | ` ‐ ''"  | |::::::::::|
              i ̄ ̄i  / ̄ ̄`i:::::::|
              |   | /      | :::::|
     __,,.. .-‐ '''""~',   /     /~""''' ‐- ...,,__
    /ヽ、__,,.. .-‐'''""~   i Ο    ~""'''‐- ...,,__/',
    /  ヽ          |             /  i
   /    ',         ,'           ', /   |
   /    /          ,'            '/     |




             ,. '' "  ̄ " '' .
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::/:::i::::l!:::::::::::l!::::::::ト、:::ヘ
             /,イ::i:::::|::::l!:;ノ:::/|:::::::;;|/i::::i
.           /' |:i :| 二ニ´_,..-'''"´  ヽ:::|
.            {:|::i'´ /:/ i   ⊂ニ⊃ i,-}、       ヤザン~、
           /タX/:/_丿 ,     ∪" ハヽ}
             | \i ""         L|/、
             |   ヘ   厂  ̄ヽ   / |ヽ::\
              j   丶、,,_   .丿イ  |  \:\
                 「~〒~个         ヽ;\
             ,..‐'''".i  |  /`"'''‐ .._    ヽ;ヘ
           /|,...‐'''´ /o  "'''‐ . _/ヘ    `'|
          /  冫     |       ヽ/ ∧
        /   /    /ο __    ∨  ∧
       /     /{     i   /´ ̄\‐-ヘ  ∧
     /   / ヘ.    ',.o ヽ、__r_ |  `ヽ ∧
    /`ヽ、/    ',   i    \/__,,,,... -‐'´
    彡イ_,ノ        |    |        |

81 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:35:27 ID:C7WEuyJM


          /: : : : : : : : : : : : : : ヽ:.\
         /∠: : : : : : : : : : : : : \: \:丶
        //_/ -/: : : : i: : : : : :._\ニ丶':,
         //: : /: : :/: : : : /!: : : : : : : : : :ヘ: : :.ヘ             ∧
       レ: : :/: : : i: : : ::./ i: : i: ト: :ヽ: : : : :',: : :ヘ     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      , : : /: : : ::!: : /i:i  !: :.ヘ::!\: \: : :.ト : : :、   l おー、よしよし。やっぱり美緒は可愛いなー。
       /: : : : : :‐A、:! ∥ |: : i ヾ、 \: _ :l:ヽ: : . 、  ヽ、_______________
     ,: : ::::::i: : : / !:!`云ミ ヘ: : ! `≠キ'¨\: : ,::::\: :\
   /:::::::::::.|.: :.∧ 斤ホら  ヽ::V ,.ホらト } : :|::::::::\.: : .、
 ,ィ::/ 7:/ レ::/{ヘ 代zソ   ヾ! 弋zソノ ∧: ト::!ヽ!<入:.\   うわー、目の前でいちゃつき始めたよ。
        Ⅵヽzi/////   、  //////_人:!リ      ̄
      zイヽ : : : ヽ、   __    , : : : : :\         坂本さんも普段の威厳がどっかに吹っ飛んでるー。
      /^\\ : : : へ、(  r<ヽト.< : : : ://へ
      i \ \\ : : : ト ̄f^ト ヽ 〉 }: :. :// ,ィ ┤
      |   \ ヘ\: : ヘ | | i } } /, /i  /   |
      |    ヽ ヾ\\: !/ ~  " //: :/ / /  ,
      ヽ   i   \:.>/    ∠: :://  /  /



        /   ′   │     /.|    |`ト、,,.,;;},,..リL.._}    ', |
          /   ,′  { │  /__′| {   | '{"´ヽ| 厂ヽ|     l |
.       .′/     | _,.|;;''"l゙~「  リハ   | ヽ _」Lノ,,、 │   l | |    うーん、やっぱり恋は押し忍ぶものでなくて
       l / ,{     f゙'"|ハ |_」、   \|  / fて(バヾ|   | リ 丿
       l / |/ |     |  , ィ7乙,`         {::::::、リ j!   リ/      押し倒す! ということよね。
        ′|l |   { l V/ {:::::、_j            `ー '゙ /  〃
         |l l {   いハ{, 弋ノり             ...../. イ\
              l八  ゙、 ヘ  .......      ,     ""゙ 八  〉
                \  Vハ  ""゛               '  `丶、__
             rく\| 丶        ‐  ´     /        i:i: \
           /  :i:i.   、`  .._          /   _,.    i:i:   ヽ
          〃    i:i:.    ` ‐- `ニ._ー-  ‐ ´ _,.:‐'´     .:i:i   │
          {     i:i.         `    ´        .:i:j     |

82 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:36:02 ID:C7WEuyJM



  |!-‐== 、-‐: :  ̄ ¨__- 、   _____
   !  /: : : : : : : : : : : :.ヾく二 -‐‐ ¨フ
   ∨: : : ://:. ;〃: l: : : :i: : ∧    /
  .〃:/: :〃:.:/ /l: :|ヽ: : l: :|: :.∨ /
  //:/!: : lム⊥_{ W_ヾ:ト、l: : :.Yi     では、これからやる夫さんを押し倒しに行きマース。
.   l/ |!: :.{ ∨‐    - `メ リ: i :}:リ
.   |! |\ir=ミ   ≠=ミ ノ:.从リ
       !::::::: ,   :::::::∠ノュ ノ.
        ヽ  ┌ ┐   ,.ィ:ァ<.
          > 、_ .,.ィ ⊥ォ: : :.Y
        ____ ノT゙ ̄/::ヽ: : ム
      〃:::/:::}从/:::::/:::::ヾ: : ゙Y
      〃-‐ヽノフ∠::_/¨::::;::-‐-Y: :{
    ,{:{::::::/ //:::::::>〃:::::::::::::}: : :)
    /::{::::/ //::::/:::〃 ::::::::::::::i : : ゙ヽ,




  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /:.:/l:.:.:.lヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
./:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::/ //./.:.::/ |::.:.:.:.:.:.:ヽ:::..丶
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:./:/ ./  ./.:.:./  |.::.:.|:.:.:.:.:.i:.:.:.::ヽ
---ヘ:.:.:.:.γ二/:::/∠_\   /:://   |:.:/|.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.}
    .|:.:.:./匕 /:://ソ´ヽヾ\, /:://u,__|/-.l:.:.:.:.:.}::::/|::|
    ||.:.l 弋/::/∥ {::乳::|  //  彳=ヾ |:.:.:./:.:/ .|/     |\     /\     / |   //  /
\/\|:.:.\ l/    ヽ;;;シ  ´   /イ;;::i Ⅵ::::/::;/|     _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
::::::::::::::::\.:.:.:.> u /////     弋;;;,ノ ソノ.:.:.:.:.:.:|     \                     /
:::::::::::::::::::::レ  \     ,.__   , ///// /:.:.:.:.:.:.:.:.:.|     ∠ だから、それは駄目ー!!    >
\:::::::::::::::::\   \  /  ` ー┐   ./ノ\|:.:.:|:.:.:|     /_                 _ \
\.\:::::::::::::::::\   \ヽ_  .丿   ノ   \|\|      ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
  .\:\ヽ:::::::::::..ゝ /|\ _,..-- ´       ` `       //   |/     \/     \|
ヽ  .\:\::::::::::::| /  |::::::´:.//┐
     \.\::::::.ゝ  |::::::::// /Z
│  /   \:\::} 二 |::::::// /  \
┌────────────────┐
││ ./    ∧\ lヽ ./::::// /     \  │
│※おわります。                   │
└────────────────┘

83 :どこかの名無しさん:2011/11/09(水) 00:37:57 ID:EtaCYGYA


乙でした。

なんか、ヤザンにキスしたときを想像すると、「ズギュゥゥゥゥゥゥゥン!!!」って擬音が
聞こえてきそうだw




84 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/11/09(水) 00:39:14 ID:C7WEuyJM


以上です。これのように書きかけで途中放置はいくつかあります。
すでに投下したものから未投下も合わせて……。

何とか完成できたら良いんだけどねー。たまにというかよく書けなくなることがあるものでして。

次回は恐らくラーメン編? その前に片付けないといけない宿題はありますが。とにかく次回もよろしくですー。



85 :どこかの名無しさん:2011/11/09(水) 01:11:10 ID:sB6Dzegw



しかし宮藤、いつの間にかシンパチ式ツッコミを身につけたのねw




87 :どこかの名無しさん:2011/11/09(水) 01:41:30 ID:NEthEJx2


乙でした。
まぁ、結局心情の吐露が無いとダメということですかw




92 :どこかの名無しさん:2011/12/01(木) 22:58:05 ID:YqxfiGQ6



リーネが肉食過ぎwwwもっさんも実は肉食だった。
しかし照れずに堂々とノロケるヤザンさんは素敵だな。

芳佳は原作じゃ善意で命令違反やらかすから常時の軍人には向いてない。
退役してどこかの軍人の嫁にさっさとなった方がいいのだが、
今のできない夫ではドズル閣下が恋敵では勝負の分が悪すぎる。
遠坂時臣と違ってドズルは性格のいい優秀な軍人だし、雁夜さんみたいな逆恨みはできない夫には無理。




99 : ◆GrmH9VCDpQ:2011/12/14(水) 17:23:17 ID:3q2C/HY2
機体名鑑。
                |         j      ∩|
                |  ____   i|  _ _  ∪|
                レ'´    `ー┴一……ーマ!:::::::
                  /             _____  ヽ:::::::
              ,'         .ィ升三二‰{=】  i:::::::
           ...::::::::|       ィ升oア´'゚  `Yヨ  |:::::::
           :::::::::::|     ィ升t【【=}i  __i_ 目ト、 |:::::::
           :::::::::::|   ,ィ升=〔_〕口|´ ̄。 ̄}' 厂}:: リ:::::::
               / ̄ ̄ ̄\ :::::::::::: 【弍 0  ノ ノ{ニ}「ト、
_________/     \\:::::::::::{ニ}「≧zz≦彡{ニ}::::...ヽ    「 ̄|
           ̄\      \\ ;; {ニ};; ゚̄{巴}゚ ̄{ニ};;::::;;;;}i___ [ 0]
        '   \      \\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |「 ̄  ̄∪ ∪ ̄
___________\       | 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.||
___________ 、        | |  r━━━━─  ||
【{{r㌍===─━━ー≒}}}i`】i|      | |  r━━━──  ||\___
ア´      AMX-003  `゙'く| |      | |  r━━───  ||  》___
′     _______   ゙i|      | |              i|  「≡≡
   ,ィ升¨   ̄ ̄ ̄`ミ\ ∧      | i              i|  |i≡
  〃  / ̄ ̄ `ヽ ::::::: ヽ '.      | i              ||  |j≡
 ,'   /f⌒ヽ::::::::::..  '.      i i     | i              ||
 |   風   j}}::::::::::: i| .。゚゚゚゚ | |     | |             !
 | ─モ髟多'.‐┼─╂─‐ ::| |     | |
 |  ▽ 弋 ○,ノ   |   :::::::| '    | i________i|
  、  弋o__` ̄_彡ノ   , /,∧_____/ 厂【_≡_}___【_≡_Ⅳ
  \  ゚ ーo─=彳___彡/   ̄ ̄ ̄|::::【_≡_}  ̄ 【_≡_}::::
     ┬────┬一 ´         :::::【_≡_}:::::::::【_≡_}
     |        |           i ノ_≡ノ:::::::::::∨≡}


┌───────────────────────────────────────────────────────┐
│※ベルセルクとの戦争においてもっとも不足したのはモビルスーツを初めとする機動兵器のパイロットだった。育成には時間と手間と.│
│お金がかかる。なんだかんだ言いつつも特殊スキルなのだ。                                                 │
│せっかく育てても初陣で散るパイロットは多い。そのためソフト面(パイロット教育など)ではなくハード面で改良を試みた。          │
│地球連邦のジムは前述したように操縦しやすい機体であった。武装も威力より命中と弾数を重視したビームスプレーガン。       │
│ただ、射程も犠牲になっておりどうしても近距離から中距離対応となっている。まだ慣れていないパイロットに格闘戦は不向きと    │
│長距離砲撃戦のモビルスーツが求められた。敵が近づく前に打ち落とす。初心者でも扱いやすい機体。命中率の高い武装。     .│
│ガザCはそんな要望に応えるために開発された。フレームは作業用のガザA、Bの流用。これで開発費を抑えられた。            │
│武装はジェネレーター直結式のナックルバスター、速射性能を重視した二連ビームガン。そしてビームサーベルである。           │
│ナックルバスターは威力、射程は申し分なく、さらに左胸のセンサーで命中精度が向上している。                      │
│二連ビームガンは弾幕防御や曳光弾代わりの測距用として。特に変形時の力を発揮した。                            │
│このように集団砲撃戦として開発されたガザCだが意外と生産数は少ない。                                        │
│理由としては生産コストが予想よりかかった事。また、機動性が思いのほか低かったことが挙げられる。さらに機体の脆弱性が   ...│
│指摘されている。初期は三回ほど出撃して変形すれば空中分解すると言われたほどだ。                             │
│とはいうもののその砲撃能力はいまだ一線級であり、基地の防衛、迎撃用に配備されている。                        │
│イゼルローンでも移動砲台として使用されている。                                                   │
└───────────────────────────────────────────────────────┘






                  魔女鍋予告 やる夫トップ 機動戦艦魔女鍋物語 第一話その1


聖・逆レイプ学園~俺の精液を根こそぎ絞り尽くすオンナたち~(オトナ文庫14) (おとな文庫 14)

|

« 魔女鍋予告 | トップページ | ダディと真紅の洋食屋 第三話「頑固なラーメン屋」その7 »

やる夫 コトコト煮の短編をあなたに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587408/63268747

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦艦魔女鍋物語 「美緒式恋愛術」:

« 魔女鍋予告 | トップページ | ダディと真紅の洋食屋 第三話「頑固なラーメン屋」その7 »